fb
プロパンガス会社の契約期間中の変更:ガス料金相談センター

プロパンガス会社の契約期間中の変更

プロパンガスの契約会社を契約期間中に変更することは可能です。ただし、新築時に配管工事費用をプロパンガス会社に負担してもらっている場合は、新プロパンガス会社への引き継ぎ契約が必要です。

契約期間中でも変更はできます

「現在のプロパンガス会社との間で契約が残っているから、変更はできない」と誤解している方は意外に多いです。プロパンガス会社を選択する権利は100%利用者にあるので、変更することについては全く問題ありませんが、変更に当たっては下記の点をご注意ください。

まず、契約書を確認して残存金額がいくらなのかを知る

建て売り住宅でも注文住宅でも、家を新築した場合はプロパンガスの配管工事が必須ですが、ほとんどの場合で配管工事費用をプロパンガス会社が負担し、これを契約書の形で施主に貸し付けています。これを配管工事代の無償貸与といいます。

多くの地方では、無償貸与の契約期間は15年ですが中には10年や13年のケースもあり、ごくまれには20年ということもあります。金額は配管工事 だけなら15万円前後が多く、中にはお風呂の給湯器まで無償貸与にしているひどいケースもあります。要はこれらの契約を結ぶことで、簡単にプロパンガス会 社を変更できないように縛っているのです。

でも、あきらめないでください。

残存は新しいガス会社が引き継いでくれます

15万円の配管工事代を15年契約で償却する場合、築8年経った段階でプロパンガス会社を変更しようとすれば7年分で7万円の残存を現在のプロパンガス会社から違約金(残存金)として請求されます。しかし、7万円程度であれば新しいプロパンガス会社が引き継いでくれ、7万円は毎月のガス料金に数十円上乗せすることで少しずつ精算していくことになります。

標準的なファミリーなら1ケ月の平均使用量が20m3くらいは使用するので、ベースの従量単価に40円程度上乗せすれば問題ないでしょう。関東地方での試算ですが、変更前の従量単価が480円とすると、新プロパンガス会社ベースが330円、ここに40円上乗せして370円になります。これでまったく利用者の負担はなしで、従量単価が110円下がります。

利用者の負担ゼロで、何と年間26,400円の節約になります。

新しい優良ガス会社は当協会がご紹介します

優良なプロパンガスを探すのは一般の利用者にはかなり難しいです。なぜなら;

  • ほとんどのプロパンガス会社が料金を開示していないので、残存を負担してくれた場合、いくらでプロパンガスを供給してくれるのか不透明。
  • 仮に「基本料金=1,500円/従量単価=330円」と営業に来たとしてもその料金がいつまで維持されるのかわからない。
  • 契約後に「原油等の値上げに伴い単価を値上げします」と報告があった場合、それが正当なものなのかどうか判断できない。

ガス業界の裏の裏まで知り尽くしている当協会であれば、残存を気持ちよく引き継いでくれて、なおかつ適正料金でプロパンガスを供給できる優良ガス会社を紹介することができます。



コラム記事

人気記事ランキング人気記事ランキング



spacer


spacer
一戸建ての方集合住宅の方
ガス料金見守り保証 プロパンガス料金談実績No.1 激安サイトにご注意! プロパンガス料金の変遷 一戸建てにお住まいの方 プロパンと電気セット割 プロパンガスと電気セット割 適正料金について知りたい プロパンガスの適正価格 適正料金早見表 プロパンガスの基本料金 料金の平均と相場 料金の計算方法 ガス会社を変更したい ガス会社変更の流れ ガス会社変更のメリット ガス会社変更の3つの条件 ガス会社選びの3つのポイント 格安セールスが不安 格安セールスの実態 格安料金が生まれた背景 プロパンガスを初めて利用 新築住宅を建てる方 中古住宅を購入する方 集合住宅にお住まいの方 大家さんの方 店舗・業務用でご利用の方 お役立ち情報 プロパンガス業界 用語集
利用者の声 プロパンガス料金消費者協会「コラム記事」 一般社団法人プロパンガス料金消費者協会 引越し達人
spacer

ページの先頭へ戻る

spacer