プロパンガス代値上げの理由とは? :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
プロパンガス 料金

プロパンガス代値上げの理由とは?


         
プロパンガス代値上げには理由があります。プロパンガス(LPガス)は自由料金であるがゆえに、勝手な都合で値上げを行う悪質なガス会社も存在します。ここで、LPガス料金の値上げがどのように起こるのかをしっかり理解しておきましょう。

プロパンガス代値上げの理由

買い物をする時に値段を見ないで購入する人はほとんどいないと思います。値札を見て、高いか安いかを判断したり、他の店との比較をしたりして購入するでしょう。

しかし、プロパンガス(LPガス)の場合は違います。大抵のお宅は、LPガス料金が高いか安いかを判断して決めていません。親の代から使っているガス会社を継続している、また、新築の際に工務店から紹介されたガス会社を使い続けているケースが多いです。



そもそも、プロパンガスの料金は公表義務がないため、消費者は他社と比較してガス会社を決めることができません。

LPガス料金は、自由料金なのでガス会社が自由に値上げを行います。大抵のガス会社は毎年値上げをするので、長年同じガス会社を利用しているとガス料金は高くなる一方です。



消費者としては、ガス会社の勝手な理由で一方的に値上げされるなんて絶対に許せませんよね。

では、ガス料金が不透明に値上げされてしまうのはなぜでしょうか。主な理由を3つに分けて説明していきます。

理由1:原油価格高騰に紛れた不当な値上げ

ガソリンスタンドではレギュラー・ハイオク・軽油の料金が表示されているので、消費者が自由に選択して購入することができますが、先ほど説明した通り、LPガスは公表義務がないことから、消費者からすると、どのガス会社がいくらでLPガスを販売しているのか判断ができません。

検針票や請求書にも従量料金が載っていないのがほとんどです。

プロパンガス(LPガス)は輸入品目です。ガス会社としては、原油価格が大幅に高騰すると赤字になってしまうので値上げを行います。適正な範囲内であれば消費者も理解しなければいけません。



しかし、プロパンガス業界には、自由料金であることをいいことに原油価格が大して高騰していない時期でもどさくさに紛れて値上げするようなガス会社が存在します。

自社の設備調達費、施設建設費がかさんだことを理由にLPガス単価の値上げを行うような悪質な企業もあるほどです。そんな時にも、検針票の隅に「原油価格高騰のため値上げ○○円値上げします」と平然と記載するのですから驚くばかりです。

さらに問題なのは、原油高騰時にはここぞとばかり値上げをして、低落時には値下げをしない点です。当然、原油価格は上がったり下がったりと変動しますが、上がったままということはあり得ません。

それにも関わらず"値上げをしても値下げなし"これが続けば、あっという間に契約時の2倍以上のガス料金になってしまうのです。



皆さん、LPガス料金は不透明な値上げがあることを覚えておきましょう。

下記のページでは、毎月のLPガスの輸入価格の推移と考察を加えています。適正な値上げかどうか不安がある方は、当協会の「CP速報」にて確認することをお勧めします。

<参考記事> CP速報


「プロパンガス料金消費者協会」にお尋ねいただければ、現在のガス料金が高いか安いかのアドバイスもいたします。


理由2:「売り込み価格」は必ず値上がる

「売り込み価格」とは、プロパンガス(LPガス)会社が営業手法として使う格安料金のことです。「安い料金のガス販売店を紹介します」「ガス料金を調査します」などと言って、突然の訪問や電話をしてくるケースが多いです。

しかし、格安料金にひかれて契約すればその後のガス料金は必ず上がります。半年、1年経つ頃には値上げが始まり数年で元の価格に戻ってしまいます。



「売り込み価格」の相場は200円台前半です。ガス会社からすると一般家庭の供給単価を200円台前半に設定すれば利益はでません。



それでも新規契約を取るために一時的に赤字覚悟の格安料金で供給し、時期が来たら値上げをして採算を合わせるのが、悪質なガス会社の常套手段になっています。

大手のガス会社であれば、ガス会社変更を目的とした勧誘を外部の業者に委託しています。勧誘専門のいわゆるブローカーです。

<参考記事> ブローカー


当然、手数料を払って雇うので1件獲得するために経費が掛かります。それを回収するためにも契約後の値上げは必須です。どう考えても格安料金が維持されるわけはありません。



必ず値上げされると言いましたが、契約後すぐには行われません。ガス会社は消費者に気づかれないように、契約から半年~1年経過したころから値上げを始めるのです。

契約当初は消費者もガス料金を気にしますが、半年もすると検針票の確認もおろそかになるのを知っているので、このタイミングを待つのです。

「売り込み価格」には、値上げが起こる確たる事情があることを知っておくとよいでしょう。 うまい話には裏がある!ガス会社選びには細心の注意が必要です。

理由3:無償貸与契約で起こる不透明な料金設定

「無償貸与契約」は、プロパンガス(LPガス)業界の特有な仕組みで、新築時などにガス配管の工事費やガス設備をガス会社が無償で貸与する契約です。

初期投資費がかからないことからお得なサービスとも言えますが、"タダ"というわけではなく、約15年間契約することを前提に、分割を組むリース契約のような形になっています。

<参考記事> 無償貸与契約


ここでの問題点は、毎月の支払額が請求書にも明細書にも記載されることがなく非常に曖昧なことです。 本来ならば[従量単価○○〇円+月々支払い○〇円][残金〇〇万円]と明示されるべきですが、LPガス業界では、従量単価に上乗せして請求するだけです。

<参考記事> 配管工事費用
<参考記事> 配管設備


そもそもこの「無料貸与契約」は、LPガス自体が差別化できない商品のためLPガス会社がサービスの一環で始めたものです。カードローンのように法律や規約があるわけではないので非常に不透明といえます。

おそらく「設備貸与契約書」という簡単な書類に「ガス配管工事一式〇〇万円」「15年契約」と記載があるくらいでしょう。

中には、どさくさ紛れに支払いを余分に請求する、15年の契約が終わっても上乗せ分を戻さない、このようなガス会社もあるようです。毎年、原油価格高騰による値上げも発生するとなおさら適正な料金なのかどうか判断がつかなくなるはずです。

「無償貸与契約」をすることで、ガス料金がさらに複雑になるというデメリットがあることを覚えておきましょう。「無償貸与契約」をしている人は、従量単価と毎月の支払額をしっかり確認することをお勧めします。




優良ガス会社を探す方法は?

「プロパンガス料金消費者協会」へのお問い合わせ数は、毎年増加傾向にあります。その大半は「ガス代が年々高くなるのでガス会社を信用できない、乗り換え先を選んでほしい」という相談です。

近年、ますますプロパンガス(LPガス)会社間の価格競争は激しくなっています。顧客の奪い合いは関東から地方へと少しずつ浸透していっている状況です。

一昔前は、地域のガス会社同士が談合して、顧客の奪い合いをしないよう取り決めていましたが、今では状況が変わってきています。



しかし、どんなに競争が激しくなったといっても、あなたが乗り換えたいガス会社があっても100%移行できるとは限りません。なぜならば、LPガスの卸と販売店というガス会社同士の取引関係があるからです。

つまり、卸先からすれば販売店はお客様。お客様の顧客を奪ってしまうのはご法度というわけです。

このようなケースに当たってしまえば、「対応できません」と断られてしまうのです。

こうなると個人でガス会社を探すのは至難の業です。全国約2万のガス会社から条件を満たす業者を選び契約することは容易ではありません。

利用中のガス会社に解約の旨を伝えても引き留められてしまうかもしれません。変更ができたとしても、その後のガス料金が安定するのかという保証はどこにもありません。

ガス会社の乗り換えを迅速にスムーズに進めるには、ガス会社変更の専門家に手続きの仲介を頼むことが得策です。プロパンガス料金消費者協会には「ガス料金見守り保証」があるので勝手な値上げが発生しないので長期的に安心して利用することができます。

<参考記事> ガス料金見守り保証


当協会の会員ガス会社は、以下の2点を順守する優良ガス会社です。

  • ・当協会の理念である「LPガス料金を適正価格で継続的に供給する」に賛同すること
  • ・原油仕入れ価格の高騰および為替レートの大幅な変動以外の理由で値上げを行わないこと

ガス会社をスムーズに解約・変更したい、ガス料金を安くしたい、また、契約後も適正価格でガスを利用したいという方は「プロパンガス料金消費者協会」までお気軽にご相談ください。




ガス会社変更の流れ

①料金自動診断
当協会の「料金自動診断」であなたの現在のガス料金をご確認ください。

 
 

②プロパンガス会社変更依頼
「料金自動診断」結果が"高い"と出た方は「専用フリーダイヤル」または「メールで無料相談」から当協会へお問い合わせください。

③プロパンガス会社の紹介
お名前、ご住所、現在ご利用のガス会社名をヒアリングします。ガス会社からの請求書から現在のガス料金(基本料金と従量単価)をより正確に診断します。これらをもとに会員ガス会社の中から一番条件にマッチしたガス会社を1社選択し紹介します。

④お申込み
ガス会社変更をご希望の場合、新ガス会社の担当者から直接電話連絡が入ります。その際にご自宅への訪問日をお決めください。訪問当日には料金プラン・お手続き等のご案内をいたします。ご納得いただけた場合は、申込書(委任状)に署名・捺印をしてください。※現在利用中のガス会社への解約手続きは新ガス会社が行います。

⑤ガス会社変更工事
お申込み日から約10日後にガス会社変更工事を行います。工事内容は、ボンベとガスメーター、調整器を無料で交換します。※地域によっては方法が若干異なる場合があります。




まとめ

今回は「プロパンガス代値上げの理由とは」をテーマに解説してきましたが、いかがでしたか?プロパンガス(LPガス)料金の値上げには、原油高騰のやむを得ない理由のほかにも、明らかにガス会社都合の勝手な値上げが混在しているのが実情です。

一般消費者は、LPガス料金には適正な価格がいくらなのか、適正な値上げなのかを判断する術がないので、ガス会社の値上げを受け入れるしかありません。



このような不透明なガス料金を心配しながら利用するのはストレスが溜まりますよね。根本解決をしたければガス会社を乗り換えるのが良いでしょう。やはり「適正価格」でガスを供給できるガス会社であることが重要です。



「プロパンガス料金消費者協会」では、都道府県ごとに設定した「適正価格」をもとにご自宅のガス料金が妥当かどうかを判断し、高い料金設定の場合には、協会会員ガス会社115社(2019年10月現在)の中から適切なガス会社を無料でご紹介することが可能です。

ガス料金見守り保証

当協会が紹介したガス会社は契約後に勝手な値上げを行いません。万一、不透明なガス料金の値上げが行われた際には、当協会が消費者に代わって料金交渉し元の料金に戻すことをお約束します。これが「ガス料金見守り保証」制度です。

このように長期的に安心してご利用いただける仕組みを整えています。








一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
賢い大家さん ガス料金見守り保証 エリア別に見るプロパンガス料金
0120-268-967

ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパートの方からのご相談は受付けておりません。
電話受付時間
平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
| トップページへ戻る » |