fb
適正価格の提唱・推進:ガス料金相談センター

適正価格の提唱・推進

シャドー

2.適正価格の提唱・推進

プロパンガス業界では長い間、利用者に対して適正価格の判断基準が提示されてきませんでした。一般的にプロパンガスが公共料金と誤解している方は未だに多く、"プロパンガスは高いもの" という感覚が定着している状態です。これでは利用者のためにならないだけではなく、プロパンガス業界の衰退にもつながりかねません。そこで当協会は、都市ガスに着目してプロパンガスの適正価格を設定し、"都市ガス並の価格をもって適正価格とする"ことにしました。

プロパンガスと都市ガスとほぼ同じ機能なのに、価格だけが大きく違ったらこれは当然おかしいことです。プロパンガスは都市ガスと比較して、カロリーが約2.2倍あります(プロパン=24,000Kcal、都市ガス=11,000Kcal)。そこで都市ガスの価格を2.2倍した数値を「適正価格」として採用することにしたのです。

しかし、杓子定規な対応ではなく、当然ガス会社が現実に提供できる価格範囲に収めています。ガス会社と消費者の双方が納得できる価格になることを重視しました。
当協会が提唱する適正価格は独りよがりに決めたのではなく、都市ガスを参考に、

  • ガス会社にとって、経営を維持する最低限の利益が得られる価格
  • 消費者が都市ガスやオール電化に切り替えなくてもよいと感じられる値頃感
 

この2点のバランスがとれる範囲で設定しています。

<当協会では相談に乗れないこと>
  • 現在ご利用中のガス会社への代理交渉
  • 対応エリア外におけるガス会社の紹介
  • 移動販売業の方やレジャー用途の方へのガス会社の紹介
  • ガス料金の返金交渉
  • 名前を名乗っていただけない方へや非通知でお電話いただく方への対応
  • 現在契約しているガス会社名を教えていただけない方への対応
  • 諸事情により対処できない場合があることを、ご理解いただけない方への対応


spacer



spacer
一戸建ての方集合住宅の方
ガス料金見守り保証 プロパンガス料金談実績No.1 激安サイトにご注意! プロパンガス料金の変遷 一戸建てにお住まいの方 プロパンと電気セット割 プロパンガスと電気セット割 適正料金について知りたい プロパンガスの適正価格 適正料金早見表 プロパンガスの基本料金 料金の平均と相場 料金の計算方法 ガス会社を変更したい ガス会社変更の流れ ガス会社変更のメリット ガス会社変更の3つの条件 ガス会社選びの3つのポイント 格安セールスが不安 格安セールスの実態 格安料金が生まれた背景 プロパンガスを初めて利用 新築住宅を建てる方 中古住宅を購入する方 集合住宅にお住まいの方 大家さんの方 店舗・業務用でご利用の方 お役立ち情報 プロパンガス業界 用語集
利用者の声
spacer

ページの先頭へ戻る

spacer