新築時のLPガス設置にかかる工事費用 :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
プロパンガス 設備

新築時のLPガス設置にかかる工事費用


         
新築時のLPガス設置にかかる工事費用が「初期工事費無料」というガス会社もありますが、タダになる訳ではなく「無償賃貸契約」という初期費用を肩代わりする業界特有の契約です。後々困らないように、このカラクリを理解しておきましょう。
        


様々な対応が必要な初期工事

新築戸建でプロパンガス(LPガス)を利用するためには、選んだガス会社に初期工事を依頼する必要があります。詳しくは以下です。

  • ・プロパンガスの配管工事
  • ・ガスコンロ、給湯器などプロパンガスを使用するための機器の設置
  • ・プロパンガスのボンベ設置 など

プロパンガスは自由料金ですから、ガス会社によって価格差が発生します。安くて安心できるガス会社を自分で選びたいなら、新築時の施工が始まるタイミングで決定することが大事です。

上記のプロパンガスの初期工事は、契約するガス会社の工事担当者が建築工程に合わせて着工します。施主のあなたがガス会社の指定をしなければ、建設会社の勝手な判断で付き合いのあるガス会社を選定されてしまうことがあるので注意が必要です。まずは、建設会社にプロパンガスを自分で選びたい旨をはっきり伝えましょう。

新築時に気になるのは、やはり初期工事費用ではないでしょうか。プロパンガス業界には慣習として「無償貸与契約」という契約があります。今回は、この契約を中心に、新築時のLPガス設置にかかる費用について解説します。




正しく理解しよう「無償貸与契約」

新築時のLPガス設置に伴う「無償貸与契約」とは、古くからプロパンガス業界にある慣習です。「お宅のガス配管工事をタダで請け負うので、当社のガスを15年間使ってください」という、約束のようなものです。無料サービスではないので、正しく理解してください。

ガス会社にとっては、他社に変更しにくくするための"縛り"の意味合いが強いもので、ひと昔前までは覚書や契約書もない曖昧なものでした。今でこそ「無償貸与契約」という書面を利用しますが、法律・制度に基づいた契約とは性質が異なるので、建築が始まる前にガス会社に内容確認することをおすすめします。

●一般的なLPガスの無償貸与契約の概要

・契約書名:供給設備貸与契約書 ※ガス会社により若干異なります
・ガス配管工事にかかる費用:15万円前後
・契約期間:15年(ガス機器に関しては10年)

「無償貸与契約」をした場合、契約者は費用を払い終わるまで、そのガス会社との契約を続けることが義務付けられます。契約途中でガス会社を変更する際には、残金を解約違約金として支払うことが必要です。

「無償貸与契約」を結ぶ際には、以下の点に注意しましょう。


事前に初期導入費用を確認する

「無償貸与契約」で問題になるのは、契約時にガス会社が契約者に対して正確な説明をしないことです。「こちらでガスの配管工事をしておきます」程度の話で済ませていることが多いため、契約していることすら知らない消費者が、解約することになって初めて気づきトラブルになることが多いです。

一般的にガス配管工事費用は7~15万円前後です。新築時にプロパンガスの配管工事をする際には、ガス配管工事費が適正かどうか、事前にガス会社に確認することが大事です。図面があれば工事費の算出が算出できますから、複数のガス会社から見積もりを取るとよいでしょう。


支払い方法を確認する

ガス配管工事費の請求は、月々のプロパンガスの従量単価に上乗せされます。しかし、毎月のガス料金の請求書や検針票には上乗せ分の記載欄がないことが多いので、必ず確認しましょう。

●月々のガス配管工事費の割り出し方(概算)

例えば、ガス配管工事費を15万円/15年契約とすると、
150,000円÷15年=10,000円/年
10,000円÷12カ月=約833円/月
833円÷15m3(月平均ガス使用量)=約55円/m3

よって、通常の従量単価が300円だとすると、月々のガス配管工事費を加算した従量単価の合計は355円(300円+55円)となるわけです。この計算式は大事な目安になるので、覚えておくと役立ちます。

「無償貸与契約」は15年の長期ローンのようなものですが、悪質なガス会社だと15年を経過しても完済とせずに、上乗せされた単価のまま請求し続けるようなケースもあります。何も知らないでいると、無償貸与契約分の完済後も、余分にガス料金を支払い続けるということになってしまいます。完済時期がきたら、必ずガス会社に確認をとりましょう。




ガス会社の選び方

新築の初期費用を安く抑えられ、抑えた額をほかに回せることが「無償貸与契約」のメリットといえます。都市ガスは月々のガス料金は安いですが、設置・工事費用が高額の上、100%自己負担であるのが難点です。

新築時のLPガス設置においてメリットを得るには、優良なガス会社を選ぶことが重要です。それができれば、適正価格のガス料金に適正な支払額を上乗せされるので安心です。ガス配管工事費や給湯器費用が償却された段階になれば、上乗せ額のないガス料金に戻してくれます。

以下の優良ガス社選びのポイントを抑えてメリットのある「無償貸与契約」を結びましょう。


(1)毎月のガス料金に透明性があること

プロパンガス(LPガス)料金は自由料金です。契約時には、基本料金と使用量に応じて請求される従量料金を必ず確認しましょう。ウェブサイトなどでガス料金を公表しているガス会社ならば、さらに信頼度が高いといえます。LPガスは適正価格で使用することが重要です。各地域の適正価格は、プロパンガス料金消費者協会サイトで確認できるので、基準にしてください。


(2)値上げや値下げの事前通告があること

契約時だけ安くても、後々ガス料金を値上げしてくるガス会社が後を絶ちません。LPガスは輸入商品のため、原油価格の高騰や為替レートの変動に影響されます。値上げなどガス料金の変動の際には、原則として2カ月前に利用者に通告が入ります。どのタイミングで、どのような手段で通告があるのかを契約前に確認しましょう。


(3)「無償貸与契約」について分かりやすい説明があること

「無償貸与契約」は、契約時の説明不足が原因で解約時のトラブルになるケースが多発しています。ガス配管工事費、ガス機器の費用額が明記された契約書(供給設備貸与契約書)をもとに、純粋な従量単価と支払額がいくらであるかを確認しましょう。ガス会社から詳しい説明があれば安心してよいでしょう。


(4)サポート体制が整っていること

LPガスは料金だけがクローズアップされがちですが、生活に欠かせないライフラインですから、保安などの安心・安全が第一です。給湯器などのガス設備に不具合が起きた際、24時間体制でサポートをしてくれるのかどうかも、ガス会社選びのポイントです。




まとめ

「新築時のLPガス設置にかかる工事費用」について解説しましたが、いかがでしたか?プロパンガスを新設する方には大変重要な内容です。

知識がなければガス会社の思うままになって、結局はガス配管工事費を割高に支払うことになりかねません。建設会社の担当者も、プロパンガスの「無償貸与契約」の正しい知識を持っていない場合が多いですから、家の新築時には、施主であるあなたが主体になってガス設置を進めましょう。

プロパンガスに関する無料相談を行っていますので、お気軽にお問い合わせください。



(H)









一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
賢い大家さん ガス料金見守り保証 エリア別に見るプロパンガス料金

ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパートの方からのご相談は受付けておりません。
電話受付時間
平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
| トップページへ戻る » |