エコキュートやエネファームは本当にお得なの? :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
プロパンガス 設備

エコキュートやエネファームは本当にお得なの?

         
エコキュートやエネファームなど新しい省エネ機器が増えていて、どんな特徴があるのかわからないという人も増えています。今回は、エコキュートやエネファームにかかる初期費用やランニングコストをまとめましたので、判断材料にしてください。
        

エコキュートとは

給湯器の種類として知られるエコキュートの特徴やコストについて見ていきます。

エコキュートの特徴

エコキュートは、電気エネルギーを使って汲み上げた空気をヒートポンプユニット内で圧縮し高温化、その熱を利用してお湯を沸かす給湯器の愛称です。

お湯を沸かすヒートポンプユニットと、お湯を貯めておく貯湯ユニットの2つのユニットが必要です。

電気のエネルギーだけでお湯を沸かす場合と比較して、消費電力を3分の1に抑えることができるエコな給湯器です。

エコキュートの種類は、主に給湯専用タイプ、自動お湯張り機能付きのオートタイプ、さらに追い焚き機能がついたフルオートタイプの3つがあります。

さらに、日頃使用するお湯の量でタンクの大きさを選択可能です。給湯だけでなく床暖房機能が付いたものもありますが、この場合は別途床の工事が必要となります。

エコキュートにかかるコスト

まず、エコキュートを設置する際のコスト(本体価格+工事費)ですが、給湯専用タイプなら25万円~50万円程度、オートタイプなら30万円~50万円程度、フルオートタイプなら30万円~75万円程度かかります。

床暖房機能を付ける場合は、6畳の部屋で65万円程度追加費用がかかります。

ただし、補助金を設けている自治体もあるため、購入を考えている人は事前に調べてみることをおすすめします。

つぎに、エコキュートのランニングコストはどうでしょう。エコキュートは、深夜など電気の安い時間帯にお湯を沸かして貯めておく仕組みなので、給湯にかかる電気代を大幅に節約できます。

例えば、東京電力エナジーパートナーエリアの場合、月平均で約2千円と言われています。

エコキュートのメリット

エコキュート最大のメリットは、光熱費(電気代)が安いという点です。その他の給湯器と比較しても、ランニングコストは安いです。

エコキュートのデメリット

ランニングコストは安くても、設置費用が高いのが最大のデメリットです。

特に現在ガスを使っているご家庭だと、この先使用する年数によっては元が取れなくなってしまいます。合わせて、エコキュート本体が大型なので、場所を取るというデメリットもあります。

タンクに貯まっていたお湯を使い切ってしまった場合には、沸かすのに時間がかかるため、すぐにお湯を使うことができません。停電などの災害時にお湯を沸かすことができなくなるのも欠点です。

また、お湯を沸かす際に出る低周波騒音は、健康被害があると報じられることがあり、防音対策も必要になってくることがあります。

エネファームとは

エネファームとは、エコキュートが停電時に使用できないというデメリットをむしろメリットに変えた画期的なエコ発電兼給湯システムです。早速詳しく見ていきましょう。

エネファームの特徴

エネファームでお湯を沸かすのに使用するのは電気ではなく都市ガスやプロパンガスです。

ガスから水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させて発電する機能と、その発電時に出た熱でお湯をつくります。

1日に発電できる電気の量は最大約700Wで、この電気では足りない場合だけ通常の電気を使うことになるため、電気代は大変安くなります。

エネファームにかかるコスト

エネファームの設置費用を見ていきます。まず本体価格が100万円を超え、工事費も高いため、新築時の導入費用は200万円以上を見ておいた方が良いです。

ランニングコストは、日常で電気をどれくらい使うかにもよりますし、エネファームの場合は給湯以外の光熱費もかかわってくるため、比較するのは難しいです。

ただ、4人家族ならエネファーム使用前と比較して、大体年間で10万円程度、ガス代+電気代の光熱費を節約できると言われています。

エネファームのメリット

エネファーム最大のメリットは、ガス代と電気代を合わせた光熱費が安くなることです。特に電気代は発電した分を無料で使用できるため、かなりの節約になります。それ以外に、ガス代もエネファーム用の割引料金プランなどを利用できることがあります。

エコキュートが電気だけを使用しているのに対し、エネファームはガスを使用してお湯を沸かしているため、停電時でもお湯を使えます。また、発電した電気を使用することもできるので、災害に強いと言えます。

エネファームのデメリット

エネファームの本体価格は150万円程度ですし、工事費用も入れると総額で200万円以上になってしまうため、初期費用が高額というのがデメリットです。

補助金がある自治体もありますが、補助額が5万円というところが多いため、もしもらうことができても、総額が高額なことに変わりません。

エネファームも燃料電池ユニットと貯湯ユニットが大型な機器となるため、設置場所に注意が必要です。発電時の低周波騒音も問題となっていることもあり、ゆとりを持って設置スペースが確保できる土地がおすすめです。

どちらかというと災害でガスが止まりやすい都市ガスを使っている場合は、ガスがストップしてしまうとエネファームでの発電ができません。

エコキュート、エネファーム以外の省エネ機器

今回はメインでエコキュートとエネファームを詳しく見てきましたが、その他の新たな省エネ製品も気になっている人が多いので、簡単にご紹介します。

エコジョーズ

エコジョーズは、ガスを使用した潜熱回収型給湯器の総称です。従来のガス給湯器よりも熱効率がアップしているため、ガス代が安く済みます。

プロパンガスでエコジョーズを使う場合について詳しく書いた記事もありますので、参考にしてください。

エコワン

エコワンは、ガスと電気のいいとこ取りを行うハイブリッド給湯器で、リンナイが製造販売しています。発電機能は付きません。エコワンについては、こちらに詳しい記事がありますので、合わせて参考にしてください。

エコウィル

エコウィルは、エネファーム同様にガスによる発電機能を持った機器の総称です。エネファームと異なる点は、エネファームが発電メインなのに対し、エコウィルは給湯メインで発電機能も付属するという点です。

また、エネファームの本体価格に対し、エコウィルは3分の1程度の70万円が相場となっています。

プロパンガスならエコキュートよりもエネファームでさらに節約できる!

プロパンガスを使用している、またはこれから使用する予定のご家庭なら、エコキュートは深夜電力を有効利用する給湯器なので、ガス給湯器からの付け替え費用などがかさみますし、おすすめしません。

ただ、エネファームも本体価格が高額なので、買い替えても元が取れないということがあります。

そこで、考えたいのがプロパンガスの会社を変更してガス代を安くするという方法です。ガス代を安くすることなんてできないと思っている人が多いのですが、実はできます!

プロパンガスの料金は法律で価格が規制されること無く、ガス会社それぞれが自由に料金を決められることになっています。

そのため、高い会社もあれば安い会社もあるのです。適正価格のガス会社に変更することで、最大30%ガス代を安くすることができます。

もし30%ガス代が安くなるなら、エネファームでも元が取れるという場合はもちろん、現在利用のガス給湯器をそのまま使用する場合もお得になります。給湯以外の料理などコンロで使用するガス代も節約できます。

プロパンガス料金消費者協会では、適正価格のプロパンガス会社を無料でご紹介しています。ぜひエネファームをあきらめる前に、お住まいの地域のプロパンガスの適正価格をチェックしてみてください。


 
 

優良ガス会社のご紹介はお気軽に!

エコキュートやエネファームは本当にお得なの? - まとめ -

エコキュートとは?

エコキュートは、電気を使ってお湯を沸かすヒートポンプ式給湯器です。深夜電力など電気が安い時間にお湯を沸かして貯めておきます。詳細はこちら

エネファームとは?

エネファームは、ガスを使う発電機兼給湯器です。発電時に出る熱を利用してお湯を沸かすので、省エネ効果は高く、停電時も使うことができます。詳細はこちら

エコキュートやエネファーム以外の省エネ機器は?

エコジョーズは、排熱を利用したガス給湯器です。エコワンは、リンナイが発売しているハイブリッド給湯器で、ガスと電気を効率よく使っています。どちらも発電機能は付いていません。エコウィルは、発電機能の付いたガス給湯器です。エネファームより本体価格が安いです。詳細はこちら

プロパンガスならエコキュートとエネファームどっち?

給湯にガスを使う前提なら、エネファーム一択です。というのも、エコキュートを使うためには、現在使用しているガス給湯器を撤去し、入れ替えする工事が必要となるからです。プロパンガスのエネファームなら、専用の料金プランが用意されていることも多く、ガス会社を変更することでさらに節約も可能です。詳細はこちら


 
 

優良ガス会社のご紹介はお気軽に!

この記事の執筆者

パソコン教室講師/WEBライター

Tanaka

3人の子を持ち、日頃から節約意識も高いことから、ガス代がお得になる仕組みにどっぷりとはまっています。多くの人に役立つ記事を心がけています。

 




 
 

優良ガス会社のご紹介はお気軽に!



優良ガス会社のご紹介はこちらからお気軽にどうぞ

0120-268-967

  • 月~金 7:00~21:00
  • 土日祝 7:00~20:00
一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
賢い大家さん ガス料金見守り保証LPガス料金都道府県別ランキング大公開クチコミを見るエリア別に見るプロパンガス料金

ページの先頭へ戻る

戸建相談無料