• 月〜金7:00〜21:00
  • 土日祝7:00〜20:00

0120-268-967

LPガス料金都道府県別ランキング大公開

LPガス料金都道府県別ランキング大公開

プロパンガス(LPガス)料金を都道府県別ランキング形式でご紹介します。これであなたのエリアのガス料金が全国で高いのか安いのかが判明します。さらに LPガスの「平均価格」と「適正価格」の違いを理解して最適なLPガス販売店探しに役立てましょう。

一戸建ての方専用

ガス代を節約したい方は、まずはガス料金自動診断を!

 
 

LPガス料金って本当に高いのか?

LPガス料金って本当に高いのか?

LPガスを使っていて「ウチのガス料金って高いの、安いの?」と疑問に思ったことはありませんか?

多くの方がLPガスは都市ガスよりも高いという感覚があっても、自宅のガス料金が適正かどうかを知っている方は少ないと思います。それもそのはず、LPガス業界はガス料金を比較するための情報を開示していないからです。

今やウェブサイト上に、あらゆるものがランキング形式で紹介される時代です。ところが、LPガス料金はというと、エリア別「LPガス料金」、「平均価格」を掲載するサイトはあっても、都道府県別のLPガス料金ランキングは見たことがありません。

そこで、プロパンガス料金消費者協会が「LPガス料金の都道府県別ランキング」(沖縄県を除く)を公開します。併せてLPガス料金を安くする極意を徹底解説します。

業界初!LPガス料金の都道府県別ランキング

LPガス料金がお得な販売店を探してみたいと思っている方は多いかもしれません。ところが、個別の情報はあっても全国規模の確かな料金情報を見つけることは困難です。

唯一、全国を対象にLPガス料金の情報を開示しているのが『一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 石油情報センター』(以下「エネ研・石油情報センター」)です。一般消費者、石油関連事業者向けに石油に関する情報をさまざまな形で提供しています。

LPガスに関しては、価格の市況調査を実施し、その結果を公表しています。市町村名を入れるとエリアのLPガスの価格を知ることができる貴重な情報です。

しかし、気になるのはその価格です。経済産業省資源エネルギー庁では2017年2月に、LPガスの料金透明化に向けてLPガスの法律の一部を改正しガイドラインを制定しました。

そこでLPガス料金について料金の内訳および算定方法、料金制の考え方を書面に記載することが義務づけていますが、料金公開については推進するにとどめており、いまだ義務化はされていません。

そもそもLPガス業界は数十年前からプロパンガスは自由料金であることから、LPガスの価格はおのずと高くなっています。

つまり、エネ研・石油情報センターで公開されている価格は平均的に『高い』ということです。このことを知らない一般消費者は「平均価格」を基準に、自宅のガス代が高いか安いかを判断してしまいます。「平均価格」よりも安ければ安心してしまうのです。

LPガス販売店の中には、それをいいことに『ウチは石油情報センターの「平均価格」よりも安いですよ』と勧誘トークに利用することもありますから注意しましょう。

「プロパンガス料金消費者協会」が集計した「LPガス料金の都道府県別ランキング」(沖縄県を除く)を見ていきます。あなたがお住まいのエリアではガス料金が高いのか安いのか、早速チェックしてみましょう。

LPガスの料金構成は「基本料金+従量料金」

まず、はじめにLPガスの料金構成について簡単に説明します。LPガスは、ガス販売事業者がそれぞれの料金計算の方法によって料金を設定する方式(自由料金)になっています。

料金制には、二部料金制、三部料金制、最低責任使用料金制などがあります。今回は、全国の95%以上のLPガス販売店に採用されている二部料金制で説明していきます。

その名の通り「基本料金」と「従量料金」の二つの要素で構成されます。計算式は以下のとおりです。

LPガス料金 = 基本料金 + 従量料金(従量単価 × 使用量)

基本料金は、主にガスを供給するために使う設備の維持管理費です。ガス使用量にかかわらず、毎月固定で支払う金額です。

従量料金は、ガスの使用量に応じてかかる料金です。1m3あたり●●●円と設定された従量単価が決められています。使用量が多くなるほど従量料金は高くなります。

基本料金 1.ボンベやメーターなど、LPガス供給の設備にかかる費用
2.保安や検針にかかる費用
従量料金 ガス使用量に応じてかかる費用(1m3あたり〇〇円と設定されている)
計算方法 ガス料金=基本料金+ガスの使用量×従量単価

それでは「エネ研・石油情報センター」の「平均価格」と「プロパンガス料金消費者協会」が「適正価格」とするLPガス料金との差について見ていきます。※以下、全て税込み表示です。

LPガス「平均価格」都道府県別ランキング <安い順>

「エネ研・石油情報センター」によるLPガスの都道府県別「平均価格」を安い順にランキングしたものです(2022年8月時点)。

※2022年8月現在・税込
順位 都道府県 基本料金(円) 従量単価(円) ガス料金(円)
(10m3使用)
1位東京都1,757円602円7,777円
2位埼玉県1,791円608円7,871円
3位千葉県1,790円616円7,950円
4位大阪府1,812円620円8,012円
5位群馬県1,793円625円8,043円
6位奈良県1,875円618円8,055円
7位茨城県1,743円633円8,073円
8位栃木県1,720円636円8,080円
9位神奈川県1,833円629円8,123円
10位愛知県1,843円644円8,283円
11位三重県1,876円642円8,296円
12位高知県1,921円640円8,321円
13位山梨県1,764円656円8,324円
14位和歌山県1,967円641円8,377円
15位静岡県1,867円656円8,427円
16位岐阜県1,891円658円8,471円
17位大分県1,882円663円8,512円
18位熊本県1,777円678円8,557円
19位徳島県1,965円661円8,575円
20位滋賀県1,904円669円8,594円
21位京都府1,959円671円8,669円
22位愛媛県1,940円673円8,670円
23位鹿児島県1,654円710円8,754円
24位宮城県1,823円700円8,823円
25位福岡県2,022円683円8,852円
26位長野県1,874円699円8,864円
27位長崎県1,845円704円8,885円
28位広島県1,938円697円8,908円
29位佐賀県1,920円702円8,940円
30位新潟県1,971円698円8,951円
31位兵庫県2,036円698円9,016円
32位香川県1,911円715円9,061円
33位岡山県2,001円710円9,101円
34位福井県1,865円732円9,185円
35位福島県1,840円735円9,190円
36位宮崎県1,780円747円9,250円
37位山口県2,069円735円9,419円
38位石川県1,911円754円9,451円
39位鳥取県2,008円751円9,518円
40位島根県2,111円757円9,681円
41位秋田県1,926円776円9,686円
42位富山県2,089円762円9,709円
43位山形県1,939円800円9,939円
44位岩手県2,011円799円10,001円
45位青森県1,948円845円10,398円
46位北海道2,152円874円10,892円
全国平均 1,901円 696円 8,861円

全国平均すると基本料金は1,901円、従量料金は696円で、10m3使用時のガス料金は8,861円です。

ランキング第1位は東京都。基本料金は1,757円、従量料金は602円で、10m3使用時のガス料金は7,777円です。

ガス料金が安いエリアには共通点があります。それは、関東1都6県がすべて上位10位以内にランキングしていることです。全国的に見ても、関東エリアはLPガス販売店の激戦区です。事業者間での価格競争が起こっている結果といえそうです。

逆にワースト1位(46位)は北海道。基本料金は2,152円、従量料金は874円で、10m3使用時のガス料金は10,892円です。ワースト2位(45位)の青森県とは大きな価格差があります。

北海道は広いので配達料(人件費)が高くなることに加え、灯油を使う習慣が根強く、LPガスの用途はコンロだけという家庭が多くなっています。その結果、各家庭の平均使用量が非常に少ないこともあり、従量単価が割高に設定されている傾向があります。

次に高いのが東北エリアです。こちらも北海道と同様の理由が考えられます。さらに、全国のLPガス事業者の中でも非常に閉鎖的な慣習が根強く残っているエリアであることから、高値での供給が恒常的になっていると推測できます。

<参考ページ>:プロパンガス料金の平均や相場ってどれくらい?安くならないの?

LPガス「適正価格」都道府県別ランキング <安い順>

プロパンガス料金消費者協会がまとめたLPガスの都道府県別「適正価格」を安い順にランキングしたものです。これは協会に協力する会員ガス販売店130社(2022年8月現在)が提示するガス料金を基にランキングしたものです。

意外なことに都道府県の順位もかなり入れ替わっています。しかし、共通していえることは「適正価格」においても北海道が一番高いということです。

※2022年8月現在・税込
順位 都道府県 基本料金(円) 従量単価(円) ガス料金(円)
(10m3使用)
1位東京都1,650円308円4,730円
1位神奈川県1,650円308円4,730円
1位埼玉県1,650円308円4,730円
1位千葉県1,650円308円4,730円
1位茨城県1,650円308円4,730円
1位栃木県1,650円308円4,730円
1位群馬県1,650円308円4,730円
8位愛知県1,650円330円4,950円
8位静岡県1,650円330円4,950円
8位岐阜県1,650円330円4,950円
8位三重県1,650円330円4,950円
12位山梨県1,650円363円5,280円
13位宮城県1,650円385円5,500円
13位福島県1,650円385円5,500円
15位長野県1,650円396円5,610円
16位徳島県1,760円396円5,720円
17位富山県1,760円440円6,160円
17位石川県1,760円440円6,160円
17位新潟県1,650円451円6,160円
20位香川県1,760円451円6,270円
20位福岡県1,760円451円6,270円
20位佐賀県1,760円451円6,270円
20位熊本県1,760円451円6,270円
20位岡山県1,760円451円6,270円
20位広島県1,760円451円6,270円
20位山口県1,760円451円6,270円
20位鳥取県1,760円451円6,270円
20位島根県1,760円451円6,270円
20位高知県1,760円451円6,270円
20位愛媛県1,760円451円6,270円
31位青森県1,760円462円6,380円
31位岩手県1,760円462円6,380円
31位秋田県1,760円462円6,380円
31位山形県1,760円462円6,380円
35位大分県1,760円484円6,600円
35位大阪府1,760円484円6,600円
35位京都府1,760円484円6,600円
35位滋賀県1,760円484円6,600円
35位奈良県1,760円484円6,600円
35位兵庫県1,760円484円6,600円
35位和歌山県1,760円484円6,600円
35位長崎県1,760円484円6,600円
35位宮崎県1,760円484円6,600円
35位鹿児島県1,760円484円6,600円
45位福井県1,760円495円6,710円
46位北海道1,760円528円7,040円
全国平均 1,722円 422円 5,940円

「従量単価」に着目してみると、「エネ研・石油情報センター」と「プロパンガス料金消費者協会」とでは、大きな差があることがわかります。不思議に思いませんか?

その理由を理解するために、「エネ研・石油情報センター」と「プロパンガス料金消費者協会」の調査対象について、もう一度整理してみましょう。

「エネ研・石油情報センター」の調査対象

一般財団法人日本エネルギー経済研究所の附置機関である「エネ研・石油情報センター」は、偶数月ごとに日本全国のプロパンガス料金を調査し公表しています。この団体は、一般消費者、石油関連事業者向けに各種情報提供をしていています。

家庭用LPガスの小売価格に関する調査対象は、全国約3,000店のLPガス小売業者を、268のブロックに分割して各都道府県別に集計しています。一般的に「平均価格」と呼ばれる数値です。

LPガス事業者は自由料金制のもと、それぞれ独自に価格設定しています。どの販売店も高い料金でガスを販売して利益を得たいわけですから、その平均値はおのずと高くなってしまいます。

ここで知っておくべき点は「エネ研・石油情報センター」の「平均価格」は、実際に供給されているガス料金の平均値であり、LPガスの適正な価格ではないということです。


「プロパンガス料金消費者協会」の調査対象

「プロパンガス料金消費者協会」は、一般消費者に対して適正な価格でLPガスを供給すべきであるという考え方に基づき、2009年から活動を始め、2010年に一般社団法人として設立されました。

LPガス料金は、都市ガス料金と比較すると平均1.5倍から2倍程度高くなっています。同じガスエネルギーでありながら、都市ガスとLPガス料金との価格差が大きいことに疑問を呈し、協会独自にLPガスの適正な価格を設定しました。

地下を通るガス導管から各家庭まで直接供給される都市ガスと異なり、LPガスはボンベの配送、機器の点検など人的労力を要するため人件費がかさむことが、LPガス料金を高くしている大きな要因ですが、そのほかに業界の談合気質が最たる原因となっています。

本来、問屋業をしている大手ガス会社であれば、小売店よりも安く供給できるはずですが、この業界では小売店の商売が成り立つよう、互いに売値をすり合わせて販売してきました。いわゆる談合です。

そこで協会は、都市ガス料金の1割増し程度を「適正価格」に定めました。そして、この「適正価格」でガスを供給してくれるガス販売店を1から開拓しました。現在、その数は全国130社(沖縄県除く)にまで広がっています。

「平均価格」と「適正価格」の価格差の意味を知ろう

「エネ研・石油情報センター」と「プロパンガス料金消費者」の調査対象の違いはお分かりになりましたか?これがわかると「平均価格」と「適正価格」について理解が深まるはずです。

<参考ページ>:プロパンガス料金の適正価格 2022



一戸建ての方専用

ガス代を節約したい方は、まずはガス料金自動診断を!

 
 

戸建用ガス会社探しをお手伝い

月~金7:00~21:00
土日祝7:00~20:00
24時間メール受付
  1. 今のガス料金が高いか知りたい
  2. 信用できるガス会社を紹介してほしい
  3. 新築のガス会社選びがわからない
例えばこんなご相談 ▼

LPガス「平均価格と適正価格の価格差」都道府県別ランキング <価格差が大きい順>

では、エネ研・石油情報センターの「平均価格」と協会の「適正価格」の価格差が大きい順にランキングしたものを、見ていきましょう(2022年8月時点)。

※2022年8月現在・税込
順位 都道府県 平均価格(円) 適正価格(円) 価格差(円)
(10m3使用)
1位青森県10,398円6,380円4,018円
2位北海道10,892円7,040円3,852円
3位福島県9,190円5,500円3,690円
4位岩手県10,001円6,380円3,621円
5位山形県9,939円6,380円3,559円
6位富山県9,709円6,160円3,549円
7位岐阜県8,471円4,950円3,521円
8位静岡県8,427円4,950円3,477円
9位島根県9,681円6,270円3,411円
10位神奈川県8,123円4,730円3,393円
11位栃木県8,080円4,730円3,350円
12位三重県8,296円4,950円3,346円
13位茨城県8,073円4,730円3,343円
14位愛知県8,283円4,950円3,333円
15位宮城県8,823円5,500円3,323円
16位群馬県8,043円4,730円3,313円
17位秋田県9,686円6,380円3,306円
18位石川県9,451円6,160円3,291円
19位長野県8,864円5,610円3,254円
20位鳥取県9,518円6,270円3,248円
21位千葉県7,950円4,730円3,220円
22位山口県9,419円6,270円3,149円
23位埼玉県7,871円4,730円3,141円
24位東京都7,777円4,730円3,047円
25位山梨県8,324円5,280円3,044円
26位徳島県8,575円5,720円2,855円
27位岡山県9,101円6,270円2,831円
28位新潟県8,951円6,160円2,791円
28位香川県9,061円6,270円2,791円
30位佐賀県8,940円6,270円2,670円
31位宮崎県9,250円6,600円2,650円
32位広島県8,908円6,270円2,638円
33位福岡県8,852円6,270円2,582円
34位福井県9,185円6,710円2,475円
35位兵庫県9,016円6,600円2,416円
36位愛媛県8,670円6,270円2,400円
37位熊本県8,557円6,270円2,287円
38位長崎県8,885円6,600円2,285円
39位鹿児島県8,754円6,600円2,154円
40位京都府8,669円6,600円2,069円
41位高知県8,321円6,270円2,051円
42位滋賀県8,594円6,600円1,994円
43位大分県8,512円6,600円1,912円
44位和歌山県8,377円6,600円1,777円
45位奈良県8,055円6,600円1,455円
46位大阪府8,012円6,600円1,412円
全国平均 8,838円 5,940円 2,898円
平均価格:エネ研・石油情報センター調べ
適正価格:プロパンガス料金消費者協会調べ
LPガス10m3使用のLPガス料金で比較

最も「平均価格」と「適正価格」の価格差があったエリアは、4,018円の青森県です。このランキングから見えてきたことは、次の3点です。

①価格差が大きいトップ5は北海道・東北エリア

1つ目は、上位にランキングされた県が北海道・東北エリアに集中しているという点です。山間部が多く、冬には雪深い地域があるなど配送費がかかる、給湯器や暖房に灯油を使う習慣があり、一般家庭の平均使用量が少ないなどの理由から高値になりがちです。

もう一つの傾向としては、LPガス業界の中でも最も保守的で談合気質が根強く残るエリアだといえます。


②都市ガス普及率が高いエリアが価格差が大きい

2つ目は、例外はあるものの、価格差の大きいエリアの中に、都市ガスの普及率が高いエリアが目立つという点です。※下表「全国LPガス販売事業者数」都道府県別ランキング内の赤字の県

理由としては、都市ガス会社は同時にLPガスの供給もする大手が多いことから、比較的価格を抑えた料金設定をしていることや、LPガス料金制度として「原料費調整制度」を採用しているケースが多いということが考えられます。

「原料費調整制度」は、原油価格と為替に連動して価格が決められているので、比較的透明性が高いといえます。


③価格競争が盛んな関東の「平均価格」と「適正価格」の差が大きい?

3つ目は、全国で最も価格競争が激しいといわれる関東1都6県が、意外にも10位~24位にランクインしている点です。

本来、価格競争が盛んであれば、LPガス実態価格の平均値である「平均価格」が全国で最も安くなり、「適正価格」との価格差は小さくなるはずですから、関東エリアの都県は、価格差が最も低い順位にランクインされるのが当然と予想できますが、結果はそうではありません。なぜでしょう?

「全国LPガス販売事業者数」都道府県別ランキング

そこで、全国のLPガス事業者数ランキングを調べてみました。経済産業省のガス安全室は、毎年、LPガス販売事業者数、保安機関数などをまとめて公表しています。

このデータによると、2019年のLPガス販売事業者数は一年前と比べて202社減り、17,603社になっています。

順位 都道府県名 販売事業者数
1位 北海道 1,061
2位 埼玉県 817
3位 茨城県 775
4位 福岡県 656
5位 千葉県 599
6位 神奈川県 567
7位 静岡県 556
8位 愛知県 545
9位 福島県 539
10位 栃木県 533
11位 東京都 504
12位 大阪府 470
13位 宮城県 454
14位 群馬県 447
15位 兵庫県 421
16位 新潟県 408
17位 熊本県 388
18位 長野県 378
19位 青森県 370
20位 岐阜県 369
21位 鹿児島県 354
22位 和歌山県 348
23位 広島県 339
24位 三重県 329
25位 愛媛県 316
26位 岡山県 306
27位 山形県 303
28位 岩手県 298
29位 奈良県 274
30位 福井県 266
31位 長崎県 266
32位 富山県 256
33位 徳島県 256
34位 山梨県 227
35位 石川県 225
36位 京都府 219
37位 宮崎県 219
38位 大分県 215
39位 香川県 211
40位 山口県 208
41位 高知県 194
42位 秋田県 185
43位 滋賀県 178
44位 佐賀県 143
45位 島根県 96
46位 鳥取県 93
経済産業省:2019年12月末時点の全国LPガス販売事業者数・保安機関数等参照

予想通り、関東の1都6県がすべて上位にランクインしています。

家庭向けのガスの販売量のトップ10が、東京都、神奈川県、愛知県、静岡県、埼玉県、福岡県、千葉県、兵庫県、広島県、大阪府ということから、やはり関東は「販売事業者数」が多いということが証明されました。

しかし、LPガス販売事業者数が多い関東の1都6県は、「平均価格と適正価格の価格差」ランキングでは46位中10~24位と、どちらかといえば価格差が小さいことがわかります。

この事実からいえることは、LPガス会社の激戦区だからといって、LPガス料金が平均的に安いわけではないということです。

近年のインターネットの普及で、安いLPガス会社を自分で選ぶ消費者は「最安値」で利用している反面、何十年も同一販売店と契約し続け、ガス料金に無頓着な消費者は「割高」で利用していることが想像できます。

情報に敏感な消費者がいるのも事実ですが、大多数の方は『昔のよしみ』で販売店を利用し、LPガス料金を他人と比較することなどありません。

そんな好都合の顧客に対し、販売店は「安いプランができましたよ」などと声をかけることは皆無といえるでしょう。

「平均価格」と「適正価格」の価格差は、全国平均で10m3あたり2,898円、最も価格差が少ない大阪府(46位)でも1,412円もの価格差が生じています。

それを考えると、全国どこにお住まいであっても、LPガス販売店の見直しをすべきなのは明白です。

今すぐ優良ガス会社を見つけよう!

今すぐ優良ガス会社を見つけよう!

では、優良なLPガス販売店を見つけるには、どうしたらいいのでしょうか?全国に1万8千件ほどあるガス事業者の中からあなたに最適な販売店を探すのは至難の業です。

そこで設立10年、豊富な紹介実績がある「プロパンガス料金消費者協会」に販売店の切り替え依頼することをお勧めします。

<参考ページ>:ガス会社の変更でガス代30%削減!

都市ガスとLPガス料金との価格差が大きいことに疑問を呈し、「適正価格」を独自に設定しました。この価格でLPガスを供給してくれる販売店を開拓し、現在その数は全国130社(沖縄県除く)にも及んでいます。

販売店の切り替え手順は簡単です。電話または問い合わせメールで以下の情報を提示すると、あなたに最適な販売店を無料で紹介できます。

  1. 住所
  2. 現在ご利用のLPガス販売店名
  3. ガス料金(合計の請求額と使用量)
  4. ご自宅の築年数

現在ご利用の販売店への解約手続きは、すべて新しい契約先となるガス販売店が代行するので、面倒な手間が一切省けるのも嬉しいサービスになっています。新築時でも対応可能です。

これを機に適正価格でガスを使えるガス販売店に切り替えましょう。

戸建用ガス会社探しをお手伝い

月~金7:00~21:00
土日祝7:00~20:00
24時間メール受付
  1. 今のガス料金が高いか知りたい
  2. 信用できるガス会社を紹介してほしい
  3. 新築のガス会社選びがわからない
例えばこんなご相談 ▼
よくある質問
A.{{ item.num }}

LPガス料金都道府県別ランキング大公開まとめ

LPガス料金って本当に高いのか?

多くの方がLPガスは都市ガスよりも高いという感覚があっても、自宅のガス料金が適正かどうかを知っている方は少ないと思います。それもそのはず、LPガス業界はガス料金を比較するための情報を開示していないからです。そこで、プロパンガス料金消費者協会が「LPガス料金の都道府県別ランキング」(沖縄県を除く)を公開します。ランキングはこちら

LPガス「平均価格」都道府県別ランキングは?

「エネ研・石油情報センター」によるLPガスの都道府県別「平均価格」を安い順にランキングしたものです。ランキング表はこちら

LPガス「適正価格」都道府県別ランキングは?

プロパンガス料金消費者協会がまとめたLPガスの都道府県別「適正価格」を安い順にランキングしたものです。これは協会に協力する会員ガス販売店(130社)が提示するガス料金を基にランキングしたものです(2022年8月時点)。ランキング表はこちら

LPガス「平均価格と適正価格の価格差」都道府県別ランキングは?

エネ研・石油情報センターの「平均価格」と協会の「適正価格」の価格差が大きい順にランキングしたものはこちら

(H)


一戸建ての方専用

ガス代を節約したい方は、まずはガス料金自動診断を!

 
 

戸建用ガス会社探しをお手伝い

月~金7:00~21:00
土日祝7:00~20:00
24時間メール受付
  1. 今のガス料金が高いか知りたい
  2. 信用できるガス会社を紹介してほしい
  3. 新築のガス会社選びがわからない
例えばこんなご相談 ▼

プロパンガス料金消費者協会からのお知らせ

ガス料金削減コンサルタント、Webデザイナー・コーダー募集中!

一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会では、当協会の活動に必要なスタッフを募集しています。

詳細はこちらのURLをご覧ください。
https://www.propane-npo.com/recruit/