0120-268-967

  • 月〜金7:00〜21:00
  • 土日祝7:00〜20:00
プロパンガス会社変更の条件

プロパンガス会社変更の条件

プロパンガス会社を変更してみたいけど、何から始めたらいい?そんな漠然とした疑問を解決するために、ガス会社変更の条件と注意点について説明します。安心してガス会社変更を進めましょう。

プロパンガス会社変更の住まい別条件

プロパンガス会社変更の住まい別条件

プロパンガス会社変更の条件で知っておきたいことは、お住まいの種別によって難易度が異なる点です。

自己所有の一戸建て、賃貸の一戸建て(借家)、そのほかに集合住宅(アパート・マンション)、分譲マンションなどがありますが、それぞれガス会社変更に伴う難易度に差があります。

該当項目の変更条件と注意点を事前に確認しておきましょう。

●住まい別ガス会社変更難易度早見表

住まいの種別 変更難易度
①自己所有の一戸建て
②賃貸の一戸建て(借家)
③賃貸アパート・マンション
④分譲マンション

◎かなり容易、〇容易、△難しい、▲非常に難しい

LPガス会社変更条件①自己所有の一戸建て

変更条件として、自己所有の一戸建てであればガス会社の変更は可能です。ガス料金が平均30%削減できます。


ただし、注意しなければならないのは築年数です。プロパンガス利用のお住まいの場合、新築時のガス配管工事費用をプロパンガス会社が負担し、無償貸与契約を交わしていると、解約時に違約金が発生します。

築年数が浅ければ浅いほど支払額が大きくなります。事前に「供給設備貸与契約書」を確認しておきましょう。これについては、LPガス会社変更前確認②の項目で、後ほど詳しく説明します。

LPガス会社変更条件②賃貸の一戸建て(借家)

同じ一戸建てでも、借家の場合は物件オーナーにプロパンガス会社変更の許可を取ることが条件になります。


ただし、ここでも自己所有の一戸建てと同じように、オーナーとガス会社の間で無償貸与契約を取り交わしているなら、ガス会社変更時にはオーナーが違約金を精算する必要があります。


賃貸の一戸建て(借家)では、配管工事費用以外に給湯器が貸与されているケースも多いため、オーナーからすると、違約金という予定外の出費は大きな痛手です。

そのため、ガス会社変更を許可してくれないケースが少なくありません。

とはいえ、アパート・マンションなどの集合住宅と比べるとオーナーの承諾が得られやすいので、問い合わせをしてみると良いでしょう。依頼の際は仲介会社経由で趣旨を伝えてもらうのが一般的です。

LPガス会社変更条件③賃貸アパート・マンション

一戸建てに比べるとガス料金が割高になっているのが賃貸アパートですが、物件オーナーが契約した1社のガス会社が、まとめて全世帯にガスを供給しています。

残念ながら、個人でガス会社を変更することはできません。

賃貸アパート・マンションの場合、ガス配管工事費用のほかに、給湯器、エアコンなど多くの設備をガス会社負担で導入していることが多く、多額の違約金を精算してまで入居者のガス料金値下げに協力してくれるオーナーは少数派でしょう。


ただし、発起人がガス会社変更における入居者全員の賛同を書面で集めて、オーナーへ嘆願する方法もあります。

築年数やオーナーの考えによっては快諾を得られるケースもあるので、プロパンガス会社変更の熱意があって手間を惜しまないという方は、是非トライしてみるのもよいかもしれません。

LPガス会社変更条件④分譲マンション

分譲マンションであっても、事情は賃貸アパート・マンションとほぼ変わりません。異なる点は、物件の持ち主が個人オーナーではないということです。

分譲マンションには維持管理を進める「理事会」があり、「総会」で決議が行われます。

ガス会社変更についても、この総会で賛同が得られた場合には実施することは可能ですが、賃貸アパートと同様に、発起人はかなりの手間と時間を要します。

また、総会の回数は通常、年に1回。特別な案件に対しては臨時総会を実施し決議を行いますが、それでも変更工事が完了するまでには、短くても半年から1年は必要になることも心得ておいてください。

LPガス会社変更前にガス料金の確認から始めましょう

LPガス会社変更前にガス料金の確認から始めましょう

「プロパンガス料金が何だか高い」そう感じていても、現在のガス料金を正確に把握していない方がほとんどです。


ガス会社変更を検討しているなら、まずは現状を把握することから始めてください。請求書や検針票で確認してみましょう。

LPガス会社変更前確認①「ガス料金自動診断」で簡単チェック

現状把握に役立つのが、プロパンガス料金消費者協会の「ガス料金自動診断」です。

検針票にある使用量と税込み請求額を入力するだけで簡単に現在のガス料金が適正か、それとも割高かを診断する機能です。

「ガス料金自動診断」のここがすごい!

  • 適正価格のガス会社に変更することで、ガス料金がいくら節約できるか明示されます。
  • 地域によってプロパンガス料金はバラバラのため、都道府県別に診断できます。

診断はたったの1分で終了します。無料ですから気軽に試してみましょう。

一戸建ての方専用

ガス代を節約したい方は、まずはガス料金自動診断を!

 
 

LPガス会社変更前確認②違約金(残存)の有無

次に、プロパンガス会社変更で確認しておくべきことが違約金の有無です。

意外に多いのが、「無償貸与契約」の存在に気付かず、ガス会社変更の手続きの途中で初めて知るというケースです。その結果、予定外の出費を理由にガス会社変更を断念する方が少なくありません。

一戸建てを新築した時に、ガス会社と「無償貸与契約」を結んでいないかどうかを確認してください。まだ契約期間中であれば、途中解約するには違約金が発生します。

新築時だけではなく、リフォームした際、給湯器を新調したなどガス器具についても同様の契約を交わしている場合もあります。

違約金があることが分かったら、残存金がいくらなのかまで調べておくと安心です。

違約金をすべて精算して新しいガス会社と契約するのが一番シンプルな方法ですが、実費を出してまでガス会社を変更したくないと思うのが本音ではないでしょうか。

でも、諦めるのはまだ早い!解決の方法が1つあります。

違約金を支払わずにLPガス会社を変更する方法

違約金を支払わずにLPガス会社を変更する方法

ガス会社変更を前提として、新しいガス会社が消費者に代わって精算処理をしてくれることがあります。

一般的に違約金が10万円未満と条件付きではありますが、この方法を使えば残存金を支払わずにガス会社の変更が可能になります。

ただし、違約金額に対して新しいガス会社との間で、改めて貸与契約を結ぶ必要があります。

無償貸与契約の内容をみると、配管工事費15万円に対して償却期間を15年に設定していることが多いので、築5年以上であれば違約金の残存が10万円くらいまでに償却していることになります。

「築5年」というのが自己負担なしでガス会社変更ができる一つの目安になりそうです。

この方法は一般的にほとんど知られていません。専門的な知識も必要になるので、自分で判断せずに、プロパンガス会社変更の専門家に相談することをおすすめします。

ガス会社探しをお手伝い

プロパンガス会社変更の条件まとめ

プロパンガス会社変更の条件は?

自己所有の一戸建て、賃貸の一戸建て(借家)、賃貸アパート・マンションなど、住まいの種別によって、プロパンガス変更に伴う難易度は異なるので、建物別の変更条件と注意点を事前に知ることが大事です。で、使用量と税込み請求額を入力するだけで簡単に現在のガス料金が適正か、それとも割高なのかを無料で診断できます。詳細はこちら

プロパンガス会社変更前にまず始めることは?

ガス会社変更を検討しているなら、まずは現在のガス料金を把握しましょう。プロパンガス料金消費者協会の「ガス料金自動診断」詳細はこちら

違約金(残存)の有無を確認する方法は?

プロパンガス会社変更で気になるのが違約金の有無です。新築やリフォームした際、ガス会社と「無償貸与契約」を結んでいないかどうかを確認し、残存金がいくらなのかを調べておくと安心です。詳細はこちら

違約金を支払わずにLPガス会社を変更できる?

ガス会社変更を前提として、新しいガス会社が消費者に代わって精算処理をしてくれることがあります。一般的に違約金が10万円未満と条件付きではありますが、この方法を使えば、残存金を支払わずにガス会社の変更が可能になります。詳細はこちら

(H)


一戸建ての方専用

ガス代を節約したい方は、まずはガス料金自動診断を!

 
 

ガス会社探しをお手伝い

プロパンガス料金消費者協会からのお知らせ

ガス料金削減コンサルタント、Webデザイナー・コーダー募集中!

一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会では、当協会の活動に必要なスタッフを募集しています。

詳細はこちらのURLをご覧ください。
https://www.propane-npo.com/recruit/