一戸建の光熱費はプロパンガスが安い! :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
プロパンガス 料金

一戸建の光熱費はプロパンガスが安い!


         
一戸建ての光熱費、中でもプロパンガス代が突出して高いという利用者からの問い合わせが急増しています。しかし光熱費の中でいちばん料金を削減できるのも実はこのプロパンガスなのです。その極意はズバリ、ガス会社の変更です。


一戸建ての光熱費で高いガス代は安くなる

消費税は10%になり、年金もままならない昨今、自己防衛策として確実にできることは、家計の節約です。中でも光熱費はできるだけ節約したいという方は少なくありません。

光熱費の節約方法でいちばんポピュラーな方法は、使用量を極力減らすことです。でも家計の節約に熱心な人ほど、使用量には敏感。これ以上、量を減らす余地はないという方がほとんどではないでしょうか。

そもそも、節約をするために使用量を減らすというのは、自己犠牲を強いられているようなもの。それが高いプロパンガス会社のせいだとしたら、これはまったく理不尽極まりない話です。

そう、あなたの家の光熱費がいつまでたっても節約できない原因は、プロパンガス会社にあるのかもしれません。実際、当協会に相談された方のほとんどが、プロパンガス会社を適正価格の会社に乗り換えたことで、ガス代を20~30%も安くすることに成功しているのですから。



では、なぜ光熱費の中でプロパンガスだけがこんなに大幅に節約できるのか、3つの理由に絞って説明してみましょう。


理由1.プロパンガスは設置コストが安く済む

そもそも、一戸建ての光熱費を節約するには、自宅がオール電化なのか、都市ガスなのか、はたまたプロパンガスなのかで大きく違ってきます。

この中で、設置コストやメンテナンスがいちばん安いと言われるのがプロパンガスです。



なぜなら、オール電化のメンテナンスや都市ガスの引き込み工事には、どちらも多額の出費が必要となるからです。

エコキュートは寿命も短く修繕費も高い

一戸建てでオール電化を希望する場合、IHクッキングヒーターとエコキュートを設置するのが一般的ですが、この工事費用は約80~100万円が相場と言われています。

特にエコキュートは、故障した時の修理代が高額になることで知られています。主に故障しやすいのがヒートポンプユニットですが、この寿命はだいたい5年程度です。

例えば、エコキュートの修理代は、部品交換で数万円、それ以上だと約10~15万円、修理できず買い替えになれば、本体価格は約15~30万円もかかります。

交換のたびに給湯器を買い替え、工事費もそれに追加されれば、戸建てのオール電化は数年ごとに平均30万円前後もコストがかかることになります。いくら使用量を節約してもこれではメンテナンス倒れになってしまいます。

ちなみに、プロパンガスの給湯器の寿命は約10年、大切に使えば12~15年は壊れずに使えます。また本体価格も安いので、エコキュートに比べて料金のメリットはプロパンガスの方が大きいと言えます。



都市ガスの引き込み工事は50万円以上になることも

次に都市ガスですが、都市ガスの問題点は、戸建て住宅へ引き込む都市ガスの配管工事費が非常に高いということです。



都市ガスはプロパンガスに比べて20~30%ほど安いと言われますが、それは地中に張りめぐらせた導管網のおかげで、配達コストが一切かからないことに一因があります。

けれどもこの都市ガスの配管、東京や大阪など都市部では80%に近い割合で整備されていますが、地方の田舎ではまったく敷設されていないエリアもたくさんあります。

敷設されていてもわずか数%どまりというところも多いので、ガスの導管網が不十分なエリアで都市ガスを利用するには、自腹で引き込み工事をするしかありません。

戸建ての場合、都市ガスの引き込み工事費は、一般的に10~20万円が相場と言われますが、これは配管が短く済んだ場合の平均相場に過ぎません。

都市ガス事業者へ正式に見積もりをとってみたら、自宅の立地条件が悪いために、工事費用が50万円を超えてしまったという家庭もザラにあります。

都市ガスを利用したくても、高額な工事費用が問題となって、あきらめている家庭も多いのが実情。配管工事をしてまで都市ガスを引き込んでも、節約メリットはないと考えるのが妥当です。



プロパンガスは設置もメンテナンスも安い

その点、プロパンガスは、震災後、いちばん早く普及したことからもわかるように、ボンベとメーターを設置すればすぐに使えるほどシンプルなインフラです。

都市ガスのように、地中を掘り返したりする大がかりな工事は必要ないので、配管工事は速くて安いのが普通です。

<参考記事> 配管工事費用


また、プロパンガスには、この配管工事費用をガス会社に負担してもらう「無償貸与契約」という業界特有の契約方法もあります。



この「無償貸与契約」は、初期投資を抑えてプロパンガスの利用を開始しつつ、月々のガス代にその工事費を上乗せしながら約15年で支払っていくシステムなので、何かと出費がかさむ新築時には大変ありがたい契約と言えます。

当協会にご相談いただければ、利用者が納得できる上乗せ額をきちんと提示した上で無償貸与契約を結ぶことのできる優良な会員ガス会社を紹介いたします。

<参考記事> 無償貸与契約


理由2.不当に高いプロパンガス料金を払っている人がいるから

残念なことに、世の中には、不当に高いプロパンガス料金を無自覚なまま、延々と支払っている人が数多く存在しています。

これは、プロパンガスが自由料金であることを知らないばかりに、大損をしているよくあるケースです。

プロパンガスが自由料金制であることを知らない人たち

3大光熱費と呼ばれる「電気・ガス・水道」のうち、電気とガスは、ここ数年で立て続けに自由化されました。



しかし、この時のガス自由化は、都市ガスのことを指すのであって、プロパンガスはそれ以前から自由料金制であったことはあまり知られていません。

「え?プロパンガスって、自由料金だったの?」

「プロパンガスは、公共料金じゃなかったの?」

と思った方は、ガス会社とガス料金の関係について、認識を改める必要があります。

自由料金制は自己責任制

ひと昔前まで、光熱費と言えば「公共料金」というのが常識でしたが、もうそんな時代は終わりました。私たちは、さまざまな料金プランの中から自分のライフスタイルに合った電力会社やガス会社を自由に選べるようになったのです。

つまり、どの会社を選ぶかによって、各家庭で電気代やガス代に差が出るということです。



自由料金制は、私たちに会社を選ぶ自由を与えてくれましたが、同時に悪い会社を選んでしまっても責任は自分が負わなければならないという、負のリスクも与えました。

これからは、光熱費においても、会社選びを一歩でも間違えれば、家計に大きな格差が生じてしまうということを肝に銘じなければなりません。

悪質なガス会社の単価はどんどん上がる

そもそも、プロパンガスは輸入に依存したエネルギーなので、販売価格はCPや為替に大きく影響を受けます。

<参考記事> CP速報


そのため、プロパンガスの単価には多少の変動があるのが普通です。けれども、これを逆手にとって、原油価格の高騰や為替の変動といったもっともらしい理由を付けてどんどん値上げを繰り返すような悪質な業者もいるので注意しなければなりません。

このようなガス会社は、たとえ原油価格が下がっても、決してもとの単価に戻すようなことはしてくれません。それどころか、その後もどんどん料金を上げてくるので、契約時の料金から2倍以上の単価になってしまっている人も多く見受けられます。

格安料金は売込価格、必ず値上げされる

また、訪問販売をしてくるガス会社の格安料金にも注意が必要です。このようなガス会社は、200円台前半の格安料金を提示してくるので、消費者としてはとても魅力的ですが、だまされてはいけません。

格安料金は売り込み価格のようなものです。顧客を釣るためだけの見せかけの価格にすぎないので、契約後、やはり値段はどんどん上がっていきます。

長年、同じプロパンガス会社を利用している方の中には、契約当初の単価から大幅に料金がハネ上がっているケースが散見されます。このような場合は、良心的な価格設定のガス会社へ変更することで、不当に高いプロパンガス代を大幅に節約できることは明らかです。

高いガス代を払っている方は、ぜひ当協会へご相談ください。経験豊富なスタッフが適正価格のガス会社へ変更するサポートを無料で承ります。



理由3.適正価格のガス会社に変更すれば長期的に節約できるから

以上見てきたように、光熱費の中でもプロパンガスだけが突出して高い理由は、自由料金制を逆手にとった悪質な販売価格の操作に起因していることが理解できたと思います。

そして、ここにこそ、プロパンガスが光熱費の中でいちばん料金を削減できる3つ目の理由となる根拠があるのです。

不当な理由で値上げされ、高止まりしてしまったプロパンガスの単価が適正価格に戻れば、ガス代は劇的に削減できます。 そして、適正価格に戻す方法は、ズバリ「ガス会社の変更」、これしかありません。

現ガス会社へ価格交渉しても、悪質な値上げ体質は改善されません。 ムダな交渉をするよりも、適正価格でプロパンガスを販売してくれる優良なガス会社に変更したほうが、確実に長期的な節約メリットがあります。

プロパンガスも都市ガスも、今やガスはすべて自由料金制です。高いガス会社を自ら選んで契約しているのは、他ならぬあなた自身です。ムダな光熱費を削減するためにも、ガス会社選びにはもっと賢明になるべきです。

「ガス料金見守り保証」付きの当協会の紹介なら安心

ただ注意すべきは、ガス会社の変更は決して自分一人でやらないことです。適正価格のガス会社を見極めることは一般消費者にはとても難しいからです。

たとえ自力でガス会社を変更できたとしても、一時的にガス代が安くなるだけで、その後、また値上げされないとはいう保証はありません。

その点、当協会の紹介なら「ガス料金見守り保証」が付いているので、長く安心して適正価格でのプロパンガスの利用が保証されています。

エネルギー自由化のこの時代、光熱費の節約を目指すなら、ぜひとも当協会経由で適正価格のプロパンガス会社に変更することをおすすめします。

ガス料金見守り保証


<参考記事> ガス料金見守り保証











一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
賢い大家さん ガス料金見守り保証 エリア別に見るプロパンガス料金
0120-268-967

ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパートの方からのご相談は受付けておりません。
電話受付時間
平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
| トップページへ戻る » |