オール電化とプロパンガス :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
 

オール電化とプロパンガス



オール電化とプロパンガス(LPガス)では、どちらを選ぶと経済的にメリットがあるのでしょうか。新築や引越し、リフォームの際、一度は悩むポイントです。メリット・デメリットを比較して、自分にあったエネルギーを選びましょう。
オール電化とプロパンガスの比較

誰もが悩む「オール電化とプロパンガス」の選択

エネルギー供給には大きく分けて電気とガスの2つがあります。特に、電気だけで料理やお風呂を賄う「オール電化」と「ガス」を使う場合では、どちらが経済的なのかと悩むケースが多いのではないでしょうか。

今回は、お得感をアピールする広告が多い反面、仕組みが複雑な「オール電化」と、ガスの中でも情報が少ないプロパンガス(LPガス)の2つを比較してみます。

オール電化は深夜電力が使えるし、省エネで経済的」
「そもそもLPガス料金は高いらしいから」

こんな声をよく聞きますが、本当にそうなのでしょうか?

オール電化とLPガスとでは特徴も費用も大きく異なりますから、答えは単純ではありません。新築引越し、リフォームでエネルギー供給方法を検討する際は、オール電化とLPガスのメリット・デメリットを確かめた上で、自宅の環境にマッチしたものを選びましょう。


優良ガス会社のご紹介は、こちらからお気軽にどうぞ

電話で相談する 0120-268-967

  • 月~金7:00~22:00
  • 土日祝7:00~20:00

オール電化とプロパンガスのメリット・デメリット

オール電化とプロパンガス(LPガス)の違いについて見ていきましょう。文字通りオール電化の場合は、IHクッキングヒーターエコキュートなどの給湯設備を使って家庭で使うエネルギーを電気だけで賄います。一方、LPガスの場合はガスと電気の両方を使って賄います。

プロパンガスとオール電化、それぞれメリットとデメリットがあるので比べてみます。

オール電化のメリット

オール電化の一番のメリットはやはり安全面です。IHクッキングヒーターで火傷することがなく、LPガスのように爆発する心配もないので、小さい子供やお年寄りがいる家庭には最適です。オール電化は、通常の電力プランと異なる「オール電化向けプラン」が適用できます。安い深夜の電気料金を利用できるので低額で電気を使うことができます。

オール電化のデメリット

オール電化の最大の心配は停電です。住まいのすべての熱源を電気のみで動かすので、停電時には電気製品が一切使えなくなってしまいます。また、貯湯タンクに貯められる水は、不純物が沈殿し不衛生なので飲用には推奨されていません。工事費、給湯機器、電気器具などの初期投資が高額になるのもオール電化導入のハードルの高さといえます。

LPガスのメリット

LPガスは災害時の復旧が早いので見直されているエネルギーです。各家庭に設置されているガス機器を個別に点検するだけで復旧させることができます。さらに、導入費用が少額で収まることもメリットといえます。また、LPガスは火力が強いので、白米を土鍋で炊きたい、本格的な料理に仕上げたいという方にも人気があります。

LPガスのデメリット

LPガス料金は、ガス会社がそれぞれ自由に価格設定できる自由料金です。原油価格の高騰や為替の影響などを理由に頻繁に価格変動があるため、それが一番のデメリットといえるでしょう。

また、いざLPガスを使いたいと思っても、敷地内にLPガスの容器(ボンベ)を置くスペースが確保できなければ利用できません。ボンベサイズはいくつかありますが物理的な問題をクリアする必要があります。

メリット デメリット
オール電化 ・基本使用料を一本化できる
・火災事故率が低い
・光熱費を抑える特別プランがある
・震災時にタンク内の水を利用できる
・コンロの手入れが楽
・初期費用が高額
・利用できる調理器具が限られる
・1日に使えるお湯の量が制限される
・停電すると使えない
・昼間の電気が高くなりがち
LPガス ・初期投資が少なくて済む
・熱量が高く給湯や調理が効率的
・災害時の復旧スピードが早い
・離島や山間部などでも使える
・環境にやさしいクリーンエネルギー
・ボンベを設置する場所が必要
・ボンベの外観がスマートでないこと
・月々の料金が高くなる傾向にある

オール電化とLPガスのメリット・デメリットについて主なポイントを紹介しました。どちらがご家庭のライフスタイルに合っているか見極めながら選びましょう。


優良ガス会社のご紹介は、こちらからお気軽にどうぞ

電話で相談する 0120-268-967

  • 月~金7:00~22:00
  • 土日祝7:00~20:00

オール電化とプロパンガスのコスト比較

オール電化とプロパンガス、どちらにしても導入するにあたって一番気になるのがコストです。初期投資はそれぞれいくらになるのでしょうか。毎月かかるランニングコストも重要です。

オール電化とプロパンガス(LPガス)の初期費用とランニングコストを比較してみます。

オール電化とLPガスの初期費用比較

種類 主な設備と導入費用
オール電化 ・IHクッキングヒーターの取り付け(10万円~)
・エコキュート(50万円~)
・調理器具(3,000円~※)
LPガス ・配管工事費(5~10万円)
・ガスコンロ(2~20万円)
・給湯器(2~20万円)
※器具の購入数、種類による

オール電化を導入するには、IHクッキングヒーター、エコキュートなどを購入する必要があります。加えて、取付け工事費や専用調理器具などの費用を合わせると60万円以上かかります 。長期的にみると、定期的なメンテナンスや買い替え費用も考えておく必要があるので覚えおきましょう。

LPガスはどうかというと、初期工事費が安く抑えられます。配管工事費ガスコンロ給湯器などのガス器具を多く見積もっても50万円以下に収まりそうです。LPガス業界はサービス競争が激しいこともあり、ガス会社によってはガス器具を低額で販売しているので、上手にガス会社を選べばさらにコストダウンが期待できるでしょう。

「オール電化」と「LPガス」のランニングコスト比較

はじめに注意しておきたい点があります。オール電化は大手電力会社、新電力会社ともに特別プランを設けていますが、地域、家族構成、料金プラン、使用する時間帯、機器の効率が大きく関わってくるので、ひとくくりにできない部分があるということです。

そこで今回は、より現実的な料金比較になるよう、公式にオール電化の電気代平均額を公表している関西電力の電気代と、エネ研・石油情報センターが公表する近畿地方の一般小売平均価格でLPガス代を算出の上、ランニングコストを比較してみました。

種類 世帯人数 ひと月の平均 年間の平均合計
オール電化※1 2人 12,904円 154,848円
3人 14,454円 173,448円
4人 14,914円 178,967円
LPガス※2 2人 5,543円 66,516円
3人 6,892円 82,704円
4人 8,241円 98,892円
※すべて消費税込
※1「関西電力」オール電化の電気代平均額
※2「一般財団法人日本エネルギー経済研究所 石油情報センター」公表 近畿地方の一般小売価格(2020年6月)と全国世帯人数別LPガスの平均使用量をもとに算出

上表で比較してみると、圧倒的にオール電化よりLPガスのランニングコストの方が安いことがわかります。しかし、光熱費という観点から見ると、LPガスの場合には、ガス料金に加えて電気料金も考慮する必要があります。

下表は総務省統計局の家計調査による2人世帯~4人世帯のひと月の電気代平均額です。

電気料金の平均額

種類 世帯人数 ひと月の平均 年間の平均合計
電気料金※1 2人 9,654円 115,848円
3人 11,116円 133,392円
4人 11,761円 141,132円
※すべて消費税込
※1 総務省統計「家計調査2019年版」より

LPガス世帯に電気料金を加えて計算してみると結果はどうでしょう。

「オール電化」と「LPガス+電気料金」のランニングコスト比較

種類 世帯人数 ひと月の平均 年間の平均合計
オール電化※1 2人 12,904円 154,848円
3人 14,454円 173,448円
4人 14,914円 178,967円
LPガス※2+電気料金※3 2人 15,197円 182,364円
3人 18,008円 216,096円
4人 20,002円 240,024円
※すべて消費税込
※1「関西電力」オール電化の電気代平均額
※2「一般財団法人日本エネルギー経済研究所 石油情報センター」公表 近畿地方の一般小売価格(2020年6月)と全国世帯人数別LPガスの平均使用量をもとに算出
※3 総務省統計「家計調査2019年版」より

オール電化に比べてLPガス世帯の光熱費は平均すると2~3割程度高いようです。ランニングコスト比較の結果は「オール電化」が有利に見えます。

ただし、オール電化の電気料金メニューは夜間時間帯の電気料金単価が安く設定されている反面、日中の電気料金単価が割高になってしまうでしょう。日中にエコキュートを沸き増しするなどした場合に、電気料金が高くなる可能性がありますから、安くなる夜間時間帯に電気を使うような工夫が必要です。

LPガスはオール電化に勝ち目なしかというと、そうでもありません。LPガス料金は契約するガス会社次第で平均価格よりも安くすることができるからです。オール電化のように、電気を使う時間帯を気にすることなく光熱費の節約ができるとなれば、魅力的だと思いませんか。


優良ガス会社のご紹介は、こちらからお気軽にどうぞ

電話で相談する 0120-268-967

  • 月~金7:00~22:00
  • 土日祝7:00~20:00

プロパンガス導入のススメ

「毎月のLPガス代が家計の負担になっている」「安く使えるならLPガスを使いたい」と考えている方におすすめなのが、LPガス会社の変更です。スマホや保険プランの変更をして節約するように、プロパンガス(LPガス)もガス会社を切り替えるだけで大幅にガス料金の節約ができます。

エネ研・石油情報センターが公表するLPガスの平均価格と比較して、最大3~4割も安くなる方法です。これならオール電化のランニングコストと同様かそれ以下で光熱費を賄うことが実現できます。

しかし、LPガス会社といっても全国に約2万社近くあり、大手、中小、零細と規模、質とも千差万別です。過去には大手であっても値上げを繰り返す悪質なガス会社があったほどの業界です。インターネットを検索しても、各ガス会社の料金プランは不明瞭で正しい判断ができないでしょう。

契約当初は安かったのに、知らず知らずのうちに高いプロパンガス料金を支払っているなんてことにもなりかねません。その中から自分にぴったりのガス会社を見つけるのは至難の業です。

しかし、安くて安心できるガス会社と契約ができたならば、エネ研・石油情報センターが公表している各地域の平均価格よりも確実に安くLPガスを使えるということです。

そこでおすすめできるのが「プロパンガス料金消費者協会」の無料相談を活用することです。

プロパンガス料金消費者協会が優良ガス会社を無料紹介

安くて安心できるガス会社と契約したいのなら「プロパンガス料金消費者協会」のガス会社切り替えサービスを活用しましょう。

協会は設立10年、都市ガス料金並みの低額料金を目指し、LPガス業界にはじめて「適正価格」という概念を導入した団体です。現在、全国(沖縄県を除く)115社のLPガス会社と提携し、適正価格で供給する優良会員ガス会社を無料で紹介しています。ガス会社変更前と変更後の価格差はなんと3~4割安というデータが出ています。

LPガス会社選びで最も重要なことは不透明な値上げをしない会社を選ぶことです。協会が紹介するガス会社は、適正価格で継続供給することを約束しています。つまり勝手な値上げがないということです。

契約時に安くてもその後、原油価格の高騰を理由に頻繁に値上げを敢行する習慣がいまだに残っている業界ですが、協会が紹介する企業は決してそのようなことをしないので将来的にも安心できます。





加えて、プロパンガス料金消費者協会には「ガス料金見守り保証」というサポート体制があります。

協会の会員ガス会社は適正価格の継続を約束していますが、それでも万一、不透明な値上げが発生してしまった場合には、協会が責任をもって元の料金に戻すという保証です。ここまで適正価格の維持にこだわっているのはプロパンガス料金消費者協会の責任感の表れでもあります。

フリーダイヤルもしくは問い合わせメールで簡単に相談が可能です。相談料、手数料は一切かかりません。LPガスに詳しい専門スタッフが一貫してサポートしてくれるので安心です。

優良ガス会社のご紹介は、こちらからお気軽にどうぞ

電話で相談する 0120-268-967

  • 月~金7:00~22:00
  • 土日祝7:00~20:00

まとめ

「オール電化」と「ガス」、どちらを選択してもメリット・デメリットはあるものです。世帯人数、昼間の在宅頻度など、ご家族のライフスタイルに合わせて比較検討した上で、よりマッチするものを選びましょう。

初期費用では圧倒的にLPガスが経済的のようです。逆にランニングコストでは深夜電力の割引を利用できるオール電化が有利というデータが出ました。ただし「プロパンガス料金消費者協会」を活用しLPガス会社を見直すことで、地域の平均価格と比べ3、4割も安くプロパンガスを利用できる方法があることがわかりました。

経済的で安心・快適なLPガスを使いたいとお考えの方は、「プロパンガス料金消費者協会」に相談してみてください。快適なLPガスライフが実現できます。


優良ガス会社のご紹介は、こちらからお気軽にどうぞ

電話で相談する 0120-268-967

  • 月~金7:00~22:00
  • 土日祝7:00~20:00




一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
一般社団法人プロパンガス料金消費者協会 ガス料金見守り保証 LPガス料金都道府県別ランキング大公開 プロパンガス料金談実績No.1 激安サイトにご注意! プロパンガス料金の変遷 一戸建てにお住まいの方 プロパンと電気セット割 プロパンガスと電気セット割 適正料金について知りたい プロパンガスの適正価格 適正料金早見表 プロパンガスの基本料金 料金の平均と相場 料金の計算方法 ガス会社を変更したい ガス会社変更の流れ ガス会社変更のメリット ガス会社変更の3つの条件 ガス会社選びの3つのポイント 格安セールスが不安 格安のプロパンガス料金は必ず上がる プロパンガスを初めて利用 新築住宅を建てる方 中古住宅を購入する方 分譲マンション・社宅等にお住まいの方 アパートにお住まいの方 大家さんの方 店舗・業務用でご利用の方 お役立ち情報 プロパンガス業界 用語集
利用者の声 プロパンガス料金消費者協会「コラム記事」 2分でわかる!ガス料金節約セミナー 90秒でまるわかり!!プロパンガス会社変更の流れ 引越し達人

ページの先頭へ戻る