fb
オール電化とプロパンガス:ガス料金相談センター

オール電化とプロパンガス

オール電化よりプロパンガスを選ぶ
方が増えています

オール電化?プロパンガス?どちらを選択するか迷っている方は多いです。オール電化ブームが下火になった今、プロパンガス人気が復活していますが、ここではオール電化とプロパンガスを料金面や環境面などから比較しています。
オール電化とプロパンガス
spacer

オール電化のメリットが小さくなった

東日本大震災前は、一種のブームと言えるほどオール電化住宅が推進されてきました。しかし、最近では様相が変わってきました。原発停止に伴う電気代の値上げやプロパンガスが地震に強いことなどが見直された結果、オール電化でなくプロパンを採用される方が増えてきたのです。

● オール電化とプロパンガス 簡易比較表 ●
震災後電気代が約35%上がってしまった!
  オール電化 プロパンガス
料  金 > ・震災後に約35%値上げ ・原油安で値下げ傾向
騒  音 > ・低周波騒音問題が発覚 ・問題なし
水  質 > ・やや問題あり ・問題なし
設置費用 > ・約100万円 ・約30万円
維持費用 > ・かなり高額 ・ほぼ不要

spacer

上記の簡易比較表は、非常に大ざっぱなものです。しかし、あまり詳細な比較表を掲示してもかえってわかりにくくなってしまう心配があります。

では、各項目についてもう少し具体的に見てみましょう。


震災後に電気代が約35%値上がり

東日本大震災以降、電気代の値上がりが続いています。2014年9月22日付けの東洋経済ONLINEに、東京電力の料金は震災前と比較して35.6%も値上がりしたとの記事がありました。

震災が起きた2011年3月の東電の家庭用モデル料金は6,251円。それが3年半後の2014年の9月には8,477円まで上昇しています。率にして35.6%アップしたことになります。これではオール電化のメリットも低減してしまいます。

電気代の推移
※ 東京電力の電気代:最新の情報として、2014年9月のデータ(東洋経済調べ)を載せています。
spacer
spacer

エコキュートの低周波騒音が深刻な問題に

エコキュートの低周波騒音について調べてみると、販売側の意見としては「エアコンと同じ仕組みなので騒ぐような大きな騒音ではない」という論調が目立ちます。しかし、空気の温度を上げ下げするエアコンと、水の温度を上げるエコキュートではヒートポンプにかかる負荷が大きく異なります。

空気を1度上げ下げするのに必要なエネルギーを1とすると、水を1度上げるのに必要はエネルギーは約4倍必要です。またエアコンは10~15度前後上げ下げするだけですが、ヒートポンプは60度程度上げることになります。つまり、ヒートポンプのほうがエアコンよりも20倍程度負荷がかかります。それだけ長時間フル稼働することになるので、騒音もそれだけ長く続きます。

また、低周波騒音はエネファーム(都市ガスを利用して電気とお湯を作るシステム)でも問題になっていますが解決法がなく、また法規制も整備されていないので被害者が救済されていないのが実情のようです。

エコキュート低周波騒音による健康被害については、下記でも触れていますので興味のある方は読んでみてください。


集合住宅の方 一戸建ての方

spacer
spacer

エコキュートの水質に疑問を持つ方が増えています

プロパンの給湯器の場合は、毎日水が入れ替わるので問題ありませんが、エコキュートのお湯はそのままでは飲まないほうがいいです。エコキュートのタンク内の水は毎日出ていって新しい水が補充されていますが、すべての水が毎日入れ替わる訳ではありません。利用状況によっては3~4日前の水も残ってしまいます。

新鮮な水も時間の経過と共に酸化していきます。酸化したからといってすぐに身体に異変が出るということではありませんが、"酸化=老化"ですから、新鮮な水に勝るものはありません。

あと、エコキュートの場合は定期的(2~3ヶ月に1回程度)な水抜きが必要です。これをやらないと水中の不純物が沈殿し、放っておくとヘドロ状になります。また水抜きだけでは取れない汚れもあります。電気ポットの付着物は定期的に掃除をしていても、なかなかきれいにはならないのと同じです。

高額なエコキュートで割に合うのか?

エコキュートの設置には80~100万円ほどかかるようです。それに対してエコジョーズの市場価格は20万円前後です。エコジョーズも定価は40万円ほどですが、定価で購入する方はいないでしょう。さらに、エコキュートからプロパンへの変更時や、プロパンガス会社変更・切替時なら10~13万円ほどで可能なケースが多いです。

これだけ導入コストに差があり、しかもメンテナンス費用にも大きな差があれば、ますますオール電化にメリットを感じませんよね。

都市ガスに切り替えたら初期費用はいくらかかるか?

自宅近くまで都市ガスの本管が来ていたら、割安な都市ガスに切り替えたいとは誰でも検討すると思いますが、変更にかかる初期投資はいくらくらいなのでしょうか?ある方が東京ガスに見積りを依頼したところ、公道から自宅内への配管引き込み工事に20万円程度と言われたそうです。ちなみに公道から自宅までは4メートルくらいだそうです。

spacer

この20万円の中にはガス器具の設定変更代も含まれています。給湯器やコンロなどのガス器具は、プロパン用から都市ガス用に買い換えるか部品を変更する必要があります。20万円は最大値としても、10万円~20万円は見ておくことが必要なようです。

エコキュートの維持・修理代は高額

電気代の推移
spacer

オール電化住宅の給湯システムであるエコキュートの場合、修理代が非常に高額になることはあまり知られていません。主に故障するのはヒートポンプユニットです。このユニットは5年程度しかもたないようで、交換する都度10~30万円ほどかかります。

エコキュートの場合は運転時間がどうしても長時間になります。夏場で4時間程度、冬ですと8時間程度連続運転しお湯を沸かします。仕組みはエアコンと同じですが、稼働時間が長い分寿命も短いようです。その点プロパンガスの給湯器は寿命が長いです。経験から言うと15~18年くらい使っている方が多いです。イメージとしてはエコキュートと比較して1.5倍程度です。

先日電話相談を受けた東京都のAさんは、築10年の中古住宅を2年前に購入しました。このお宅がオール電化住宅なのですが、故障してお風呂に入れなくなってしまいました。修理の見積もりを依頼したところ、設置場所が狭くてクレーンで吊り上げる必要があり、諸々で50万円ほどかかると言われたそうです。しかし、50万円かけて修理したところでヒートポンプユニットは交換して新しくなりますが、設置して12年経つのでそろそろ寿命がくるかもしれません。

これではいくら電気代が安くても、メンテナンス代倒れになってしまいます。Aさんは、たまりかねて給湯をプロパンガスにすることにしました。当協会が即日ご紹介したプロパンガス会社は、エコジョーズの追い焚き機能付きで24号タイプが何と10万円。設置工事費が2万円。配管工事代が2万円で合計14万円です。当初の見込みとして35万円くらいかかるのでは思っていたAさんとしては嬉しい誤算になりました。

上の表は、Aさんの例をわかりやすくしたものです。

プロパンガスは適正価格で使えることが前提

当協会の結論としては、高いお金をかけてオール電化にして、メンテナンス費にも多額を投資するよりも、シンプルにプロパンガス利用のほうが良いのではないかということです。

ただし、それはプロパンガスを適正価格で利用している場合に言えることです。お住まいのエリアの平均価格か、それ以上高い価格で利用しているは別です。ご自分がお住まいのエリアの適正価格については、下記を参考にしてください。そして、高い場合は当協会にすぐに相談することをお奨めします。





spacer



spacer
一戸建ての方集合住宅の方
ガス料金見守り保証 プロパンガス料金談実績No.1 激安サイトにご注意! プロパンガス料金の変遷 一戸建てにお住まいの方 プロパンと電気セット割 プロパンガスと電気セット割 適正料金について知りたい プロパンガスの適正価格 適正料金早見表 プロパンガスの基本料金 料金の平均と相場 料金の計算方法 ガス会社を変更したい ガス会社変更の流れ ガス会社変更のメリット ガス会社変更の3つの条件 ガス会社選びの3つのポイント 格安セールスが不安 格安セールスの実態 格安料金が生まれた背景 プロパンガスを初めて利用 新築住宅を建てる方 中古住宅を購入する方 集合住宅にお住まいの方 大家さんの方 店舗・業務用でご利用の方 お役立ち情報 プロパンガス業界 用語集
利用者の声
spacer

ページの先頭へ戻る

spacer