0120-268-967

  • 月〜金7:00〜21:00
  • 土日祝7:00〜20:00
ガスコンロとIHコンロを比較!プロパンガス代を安くするには?

ガスコンロとIHコンロを比較!プロパンガス代を安くするには?

プロパンガスや都市ガスを使用するガスコンロと、電気を使うIHコンロはどちらが便利なのでしょうか。火力の違いなどそれぞれのメリット・デメリットとあわせて、プロパンガス料金を安くする方法もご紹介していきます。

コンロの選び方

エネファームとは?

ご家庭の調理に欠かせないコンロは、ガスを使うか電気を使うかによって選び方が変わります。それぞれの選び方についてまとめました。

ガスコンロの選び方

ガスコンロは、プロパンガス対応のものと都市ガス対応のものに分かれています。万が一、間違ったガスをつないでしまうと、ガスコンロが故障をしたり異常点火や一酸化炭素中毒を起こしたりする可能性があり大変危険です。

ガスコンロを選ぶ際は、ご自宅のガスの種類がプロパンガスと都市ガスのどちらに対応しているのかをよく把握しておきましょう。

ちなみに、ガスコンロ本体には必ずプロパンガスか都市ガスどちらに対応しているかを示すラベルが貼られています。

都市ガス対応機器であれば、「12A・13A」や「天然ガス」、プロパンガス対応機器であれば、「プロパンガス」や「LPG」と表記してありますので、必ず確認を行いましょう。

IHコンロ(IHクッキングヒーター)の選び方

IHコンロ(IHクッキングヒーター)とは、火を使わず電気の熱によって加熱を行う調理器具です。天板の下に入っているコイルに電力が流れると、鍋底を通じて熱が発生する仕組みとなっています。

IHコンロは電導率の高いIH専用の鍋やフライパンしか使用できません。それでも、お手入れがしやすく火事になる危険性も少ないことから、近年多くの家庭で使われています。

IHコンロを選ぶとき、電気は種類が分かれていないので、どれでも利用できると思いがちですが、ビルトインタイプでは、電源に200Vが必要となります。

ガスコンロとIHコンロの比較

ガスコンロとIHコンロの比較

ガスコンロは加熱時に火を使用する点がIHコンロとの大きな違いといえます。それぞれのメリット・デメリットやコストの違いを見ていきます。

ガスコンロとIHコンロのメリット・デメリット

ガスコンロとIHコンロのメリット・デメリットを機能や特徴で比較すると、主に以下の表のようにまとめられます。

メリット デメリット
ガスコンロ ・比較的火力が高い
・炎が目で見えるため火力調整がしやすい
・災害などの停電時にも使用できる
・手入れがしにくい
・火の元に注意する必要がある
IHコンロ ・手入れがしやすい
・火を使わないため火事の危険性が低い
・停電時は使用できない
・天板が熱くなるので火傷に注意する必要がある


都市ガスかプロパンガスかという選択の場合、プロパンガスは熱量が高いため、火力を重視する飲食店などで多く使われています。

また、災害に強いのはプロパンガスです。ボンベで直接供給しているので、運搬経路に問題がなければボンベを運ぶことができ、停電時も使用可能です。

一方で、ガスコンロは五徳があるため、汚れがたまりやすいというデメリットもありますが、近年では手入れのしやすいガラストップを使用したものも発売されています。

また、IHコンロでは使えない鍋やフライパンがありますが、ガスコンロは鍋の素材を選ばず使用できます。

ガスコンロとIHコンロのコスト比較

それでは、ガスコンロとIHコンロを導入する場合に、価格面ではどう違うのでしょうか。

●導入費

ガスコンロ IHコンロ
本体価格 2~20万円 10~20万円
工事代 2~10万円 2~10万円
合計 4~30万円 12~30万円


導入費用は、新設するのか既存のコンロを交換するのかで、工事代がかなり変わってきますが、コンロ本体だけ見るとガスコンロは価格バリエーションが豊富で、予算に合わせて選択が可能です。

●調理にかかる光熱費

コンロに使うエネルギー 1kWhあたりの単価(税込み)
電気※1 25.8円
プロパンガス※2 約18.7円
都市ガス※3 約10.6円
※1 東京電力「オール電化住宅向けプラン」参照
※2 エネ研・石油情報センター「東京都LPガス平均価格(2021年10月現在)」参照
※3 東京ガス「一般料金表B(2021年12月検針分)」参照


電気の場合、オール電化のプランでは深夜電力を安く利用できるのですが、日常の食事を調理する時間帯は深夜であることがまれなので、価格が高い時間帯で比較しています。電気1kWhは860kcal(キロカロリー)です。

ガスの場合、一般的には都市ガスと比較してプロパンガスの方が高いのですが、プロパンガス1m3は24,000kcal、都市ガス1m3は10,750kcalに相当します。

1m3あたりのカロリーはプロパンガスの方が2.23倍あり換算して比較する必要があります。

これらの条件で算出した上記の比較表から、調理にかかる光熱費は電気よりもガスコンロの方がお得ということがわかります。

詳しい内容については、下記の記事でも説明していますので、気になる方はお読みください。

プロパンガスなら業者選びで料金を安くできる!

調理にかかる光熱費の比較では、都市ガスよりプロパンガスの方が高いという結果になりました。

プロパンガスなら業者選びで料金を安くできる!

ところが、プロパンガスを利用しているご家庭なら、高いプロパンガス代を都市ガス並みに安くすることが可能です!

それは、プロパンガス料金消費者協会が紹介するガス会社へ乗り換えることで実現します。

プロパンガスの東京都の平均価格は1m3あたり523円ですが、協会の適正価格は1m3あたり308円です。※エリアと使用量によって適正価格のバラつきがあります。

これを先ほどの調理にかかる光熱費に換算してみると、

  • プロパンガス 平均価格 約18.7円
  • プロパンガス 適正価格 約11.0円
  • 都市ガス        約10.6円

となり、プロパンガスを適正価格で利用することができれば、都市ガス並みの料金になるのです。

プロパンガスは自由料金なので、契約をするガス会社によって料金が大きく異なります。プロパンガス料金消費者協会では、売り手主導で値上げを繰り返されてきたプロパンガス代を適正価格に下げる活動を行っています。

ご自宅のプロパンガス代がどれくらい安くなるか気になる方は、こちらの料金診断でさっそくチェックしてみてください。



一戸建ての方専用

ガス代を節約したい方は、まずはガス料金自動診断を!

 
 

ガス代が高いかな?と思ったら今すぐ!

ガスコンロとIHコンロを比較!プロパンガス代を安くするには?
まとめ

コンロの選び方は?

ガスコンロの場合は、プロパンか都市ガスによって対応するコンロが違うので、確認が必要です。ビルトインコンロの場合、200Vを必要とするので、電圧を確認しましょう。詳細はこちら

ガスコンロのメリットは?

IHコンロと比較して、火力が高めなことと、停電時にも使用できるのが特徴です。詳細はこちら

プロパンガス料金を安くするには?

プロパンガス代は高いといわれていますが、実は今より平均して30%節約できる可能性があります。詳細はこちら


この記事の執筆者

パソコン教室講師/WEBライター

Tanaka

3人の子を持ち、日頃から節約意識も高いことから、ガス代がお得になる仕組みにどっぷりとはまっています。多くの人に役立つ記事を心がけています。

 


一戸建ての方専用

ガス代を節約したい方は、まずはガス料金自動診断を!

 
 

ガス代が高いかな?と思ったら今すぐ!

プロパンガス料金消費者協会からのお知らせ

ガス料金削減コンサルタント、Webデザイナー・コーダー募集中!

一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会では、当協会の活動に必要なスタッフを募集しています。

詳細はこちらのURLをご覧ください。
https://www.propane-npo.com/recruit/

戸建相談無料