プロパンガスコンロとIHコンロを比較、便利なのは? :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
プロパンガス 設備

プロパンガスコンロとIHコンロを比較、便利なのは?


         

プロパンガスが利用できるガスコンロとIHコンロを比較した場合、どちらが便利なのか迷ってしまいますよね。どちらもメリット・デメリットがありますが、コンロ本来の役目である料理においてはガスコンロのほうが便利といえます。ガスコンロはどんな材質・形のフライパンや鍋にも使用でき、絶妙な火力調整が自由にできるからです。この記事では主にプロパンガスコンロとIHコンロの特徴とともに、プロパンガスの料金を抑える方法も併せてご紹介していきます。


ガスコンロとIHコンロを比較、便利なのは?

IHコンロ(IHクッキングヒーター)とは

IHコンロ(IHクッキングヒーター)とは、火を使わず電気の熱によって加熱を行う調理器具です。天板の下に入っているコイルに電力が流れると、なべ底を通じて熱が発生する仕組みとなっています。IHコンロは電導率の高いIH専用の調理器具しか使用できません。しかし、お手入れがしやすく火事になる危険性も少ないことから、近年多くの家庭で使われています。

IHコンロのメリット・デメリット

IHコンロは火を使わないという特徴があり、ガスコンロとはさまざまな面で違いが見られます。ここでは、メリット・デメリットの両面からIHコンロの特徴を解説していきましょう。


メリット

メリット1:お手入れしやすい

IHコンロは日々のお手入れがしやすく、コンロ周りを常にきれいな状態に保つことができるのが大きなメリットです。IHコンロは天板に凹凸がなく平らなため、吹きこぼれた際もクロスなどでかんたんに汚れを拭きとれます。

また、火を使わないため空気の対流が抑えられ、油や汚れがまわりにこびり付きにくくなります。ただし、天板にはフライパンなどの焦げ付きが発生しやすいため、使用する調理器具の底は常にきれいにしておきましょう。

メリット2:安全度が高い

IHコンロは加熱時に火を使わないため、火事になる危険性が極めて低くなります。また、IHコンロは鍋を外すと自動で電源がオフになる設定となっていますので、万が一スイッチを消し忘れたとしても安心です。さらに、火力も手元のボタンひとつで調整できるため、火元を覗き込んで微妙な調節をする必要もありません。

メリット3:熱や有害物質がこもらない

IHコンロで熱を持つ部分は天板のヒーターのみです。そのため、加熱をしても手や調理器具の取っ手が熱くなりません。また、IHコンロは火を使わないため加熱時に二酸化炭素や水蒸気が発生しないことから、お部屋の空気をクリーンに保つことができます。


デメリット

デメリット1:使えない調理器具がある

IHコンロは、調理器具の金属部分を電磁誘導で発熱させる「誘導加熱」を行います。このため、調理の際にはIH対応のフライパンや鍋を使用しなければなりません。これまでガスコンロを使ってきた方は、新しくIH対応のフライパンなどに買い替えなくてはならない場合があります。通常、IHコンロは、ガラスやアルミ・銅といった電導体でない素材の調理器具、中華鍋のように底が平らでない鍋は使用できません。

IHで使用できる調理器具には「IH」または「CH・IH」と表記してあります。ご自宅にある鍋やフライパンに表記があるか確認してみましょう。

デメリット2:火力調整が限られる

IHコンロはスイッチ一つでかんたんに火力を調整することが可能です。一方で、火が目に見えませんので、とろ火やごく弱火といった絶妙な調整が難しい点がデメリットといえるでしょう。

デメリット3:電力状態に左右される

IHコンロは一度に使用できる電力が決められているため、同時調理をすると一つひとつの火力が弱くなってしまうことがあります。また、使用電力の上限を超えてしまうとブレーカーが落ちてしまうこともありますし、停電時には利用できないなど、IHコンロは電力状態に大きく左右される点がデメリットです。

デメリット4:炎が目に見えない

IHコンロは、天板の上で作業をしていたら不意にスイッチが入ってしまったというケースがあります。IHコンロはガスコンロのように、加熱中であることが一瞬で判断できませんから、子供やお年寄りの火傷には注意が必要です。使用しない時は主電源を切っておくと、より安心でしょう。


プロパンガスコンロのメリット・デメリット

プロパンガスコンロは加熱時に火を使用する点がIHコンロとの大きな違いといえます。ガスコンロもメリット・デメリットの両面からその特徴を見ていきましょう。


メリット

メリット1:強度がある

ガスコンロには天板の上に、鍋やフライパンをのせるためのゴトクが付いています。そのため、多少の衝撃があったとしても割れることはありません。鍋をふって料理をするには、ガスコンロを使うことをおすすめします。

なかでも強化ガラスで天板が作られたガラストップタイプのガスコンロは、見た目が美しいだけでなく、耐久性・耐衝撃性・耐熱性に優れています。

メリット2:微妙な火力調整ができる

IHコンロでも強火・中火・弱火の調整は可能ですが、火力が目で見えないため、慣れるまでは繊細な火力調整が難しくなります。その点、ガスコンロは直接火を見ることができるため、つまみやスライドを動かし微妙な火力調整を瞬時に行うことが可能です。

メリット3:停電になっても使える

IHコンロは電力を使う調理器具なので、停電になると一切使用できません。しかし、プロパンガスコンロはシステムキッチンであってもほとんどが電池で点火しますので、停電になった場合でもガスボンベが空にならない限り、問題なく使用できます。災害やメンテナンスで停電が長引いたり、都市ガス供給が止まったとしても、プロパンガスコンロがあるご家庭は通常通り調理が可能です。ただし予備の電池は準備しておく必要があります。


デメリット

デメリット1:掃除の手間がかかる

ガスコンロは天板の上にゴトクがあるため凸凹していますので、吹きこぼれや油汚れなどの掃除に手間がかかる点がデメリットです。とはいえ、ゴトクはかんたんに取り外すことができますし、毎日の使用後にゴトクの洗浄・天板のふき取りをする習慣をつけるだけで、きれいな状態を保つことができるでしょう。

また、ゴトクはサラダ油を軽く塗っておくだけで焦げ付きや油汚れが付きにくくなりますので、ぜひお試しください。

デメリット2:換気が必要

ガスコンロを使用する際は必ず換気扇を回したり窓を開けたりして、部屋の空気の入れ替えをしておく必要があります。ガスが正常に燃えるためには新鮮な空気が必要ですし、換気が不十分な状態でガスコンロを使用した場合、不完全燃焼から一酸化炭素中毒になるケースもあります。必ず換気を行いましょう。

また、調理時の十分な換気は、油汚れや臭いを壁に付きにくくさせる効果もあります。


料理のしやすさで選ぶならガスコンロがおすすめ

料理のしやすさで選ぶならガスコンロがおすすめ

ガスコンロは調理器具を選びません。どのような形・素材の鍋やフライパンであっても使用できます。また、微妙な火力調整を目視で瞬時に行えるので、おいしく仕上がりやすい点が特徴です。

ガスコンロは鍋底だけでなく鍋肌も同時に温めることができるので、煮物を作る際は特にガスコンロ調理が最適です。加えて、ガスコンロは耐久性に優れており、中華料理のように火元から離したり鍋を振ったりするような料理もできます。

料理のしやすさという面では、より自由度の高いガスコンロのほうが便利といえるでしょう。


ガスコンロ選びは対応ガスの種類(プロパンガス・都市ガス)に注意

ガスコンロは、プロパンガス対応のものと都市ガス対応のものに分かれています。万が一、間違ったガスをつないでしまうと、ガスコンロが故障をしたり異常点火や一酸化炭素中毒を起こしたりする可能性があり大変危険です。ガスコンロを選ぶ際は、ご自宅のガスの種類がプロパンガスと都市ガスのどちらに対応しているのかをよく把握しておきましょう。

ちなみに、ガスコンロ本体には必ずプロパンガス対応機器か都市ガス対応機器かを示すラベルが貼られています。都市ガス対応機器であれば、「天然ガス」や「12A・13A」、プロパンガス対応機器であれば、「LPガス」や「LPG」と表記してありますので、必ず確認を行いましょう。

プロパンガスは業者選びで料金を抑えられる

プロパンガスは自由料金なので、契約をする業者によって料金が大きく異なります。もちろん、料金に差により供給されるガスの質や量は変わりませんので、ガス代を安く抑えたいのであれば、料金の安いガス会社を選ぶことが最も大切です。

ガス代は、使用量にかかわらず毎月一定額かかる「基本料金」と、使用した量に応じてかかる「従量料金」の合計金額が請求されます。基本料金は地域によって異なりますが、1,500~2,000円が相場であり、賃貸アパート・マンション、賃貸住宅、賃貸戸建、戸建住宅の順で高くなる傾向にあります。

ちなみに、基本料金は夏場のようにガスをあまり使用しない時期でも支払が発生しますので、ガス代を安く抑えたいのであれば、基本料金の安いガス会社を選択するようにしましょう。

また、従量料金は、従量単価×使用量で算出されます。従量単価はプロパンガス会社やお住いの地域によって従量単価が大きく異なります。

したがって、ガス代を抑えるためには基本料金・従量単価が適正でなおかつ安定供給できるガス会社を選ぶことが大切です。

お住いの地域の従量単価は、当サイトの「プロパンガスエリアの価格比較表」より確認していただくことが可能です。

また、当サイトでは戸建て住宅の方を対象に、「プロパンガス料金自動診断」も用意しています。

「プロパンガス料金自動診断」では現在の使用量が適正料金であるかを即座に判定することが可能です。

適正料金よりも「高い」と診断された場合、より安いプロパン会社への見直し相談を無料で受け付けています。


一戸建ての方の無料相談

プロパンガスをご利用中の方、または一戸建てにお住まいの方で新規にプロパンガスのご利用を検討中の方は、ぜひご活用ください。

まとめ

ガスコンロとIHコンロにはどちらもメリットとデメリットが存在します。手入れのしやすさや安全度の高さはIHコンロのほうが上ですが、停電時にも使用でき、絶妙な火力調整や強力な火力を使用できるといった点ではガスコンロのほうが上です。 コンロは主に調理をする場所なので、上記の点を踏まえると、料理のしやすさではガスコンロのほうがおすすめといえます。

ガスコンロは都市ガス・プロパンガスの両方で使用可能です。プロパンガスを利用する方は自由料金となっていますので、基本料金や従量単価の安い業者を選び、ガス代を抑えることをおすすめします。









一戸建ての方賃貸住宅の方
ガス料金見守り保証 エリア別に見るプロパンガス料金
0120-268-967

ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※賃貸住宅の方からのご相談は受付けておりません。
電話受付時間
平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
| トップページへ戻る » |