ガス会社を乗り換えれば安くなる :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
ガス会社 変更・選び方

ガス会社を乗り換えれば安くなる

         
ガス会社を乗り換えるには、適正価格のガス会社を選ぶのがベスト。都市ガス自由化で料金プランに迷っている方は必見!プロパンガス会社に乗り換えれば、高額な都市ガスの配管工事費もかからず、コスト0円でガス代の節約ができます。
        

ガス自由化でガス会社の乗り換えが自由に!

えっ?ガス会社って乗り換えOK?

「え?ガス会社って乗り換えられるの?」と思ったあなた、もしかしたら、お宅のガス料金は高いかも知れません。

これまで一度もガス料金を見直したことがないと言う方は、要注意です。高いガス会社と長年契約していると、ガス代で大きな損をしてしまいます。

2017年に都市ガスが自由化されたことで、消費者はさまざまな料金プランから自由にガス会社を選べるようになりましたが、プロパンガスはもともと自由料金であり、プロパンガス会社は自由に乗り換えできます。

新ガス会社の乗り換え料金プランも豊富に

プロパンガスだけではなく、都市ガス業界にも価格競争の原理が持ち込まれたのです。

とくに最近は、異業種から参入してきた新ガス会社の人気も安定しています。ガスと電気のセットプランなど、複雑な料金プランの比較もしやすくなりました。

そのため、「高いプロパンガスはやめて、安い都市ガスに乗り換えたい!」と、都市ガスへの切り替えを決断する人は年々多くなっています。

誰しも自分のライフスタイルに合ったガス会社を選びたいと考えるのは当然のこと。そのためには都市ガスへの乗り換えもいとわないという家庭が増えたのです。

けれども、プロパンガスから都市ガスへの切り替えはそう簡単ではありません。

というのも、思い切って都市ガスへ乗り換えようとしたら、高額な工事費用がかかることを初めて知ってがっかり、という人が続出しているからです。

都市ガスへの乗り換えは高い工事費がネック

はっきり言って、都市ガスへの安易な乗り換えはおすすめしません。

自宅のプロパンガスを都市ガスに切り替えるには、ガス管の引き込み工事に自費で数十万円もの大金を払う覚悟を決めなければなりません。

それだけでなく、都市ガス専用の新しいガス器具に取り換えるための諸費用も別途かかります。

都市ガスの引き込み工事費は自己負担

都市ガスの引き込み工事費は、利用者の自己負担です。

ガス会社が負担してくれるものと勘違いしている方が少なくありませんが、引き込み工事費は実は利用者の自己負担なのです。

基本的にガス会社が請け負う工事は、大通りに敷設されたガスの本管から取出管までに限られています。宅地の境界から建物内までの配管については利用者負担となることは最低でも理解しておきましょう。

ちなみにガス管の引き込み費用の相場は、1メートル引き込むごとに1~2万円と言われています。ガス管自体が自宅の近くまで来ているなら少なく済みますが、引き込む距離が数十メートルにもなれば、工事費は50万円を超えるレベルの出費になります。

加えて、給湯器やコンロは、プロパンガス用と都市ガス用で互換性がありません。新しい都市ガス会社に依頼して優良で改造してもらうか、新しく買い直さなければなりません。

都市ガスに乗り換えてもガス代は安くならない

高額な初期投資は、元を取るのに何十年もかかります。

余計なお金を払って都市ガスに乗り換えるなんて、バカバカしいですよね。

このように、プロパンガスから都市ガスに切り替えるには、配管工事費や設備費に大金がかかるということを念頭に置いた上で検討しなければなりません。

電力系の新ガス会社が提示する料金プランは、電気とのセット割などがあって、一見光熱費の大幅な節約がすぐにでもできるように思えます。

けれども、高額な工事費用がかかると分かると、誰でも二の足を踏みます。

「わざわざ高い工事費用を払ってまで都市ガスに乗り換えるのは不安...」

「数十万円もの高額な工事費をペイするのに、何十年もかかりそう...」

ガス代を安くしたいだけなのに、高い工事費を払わされるようでは、安物買いの銭失い、はっきり言って本末転倒です。

ガス会社の乗り換えは、適正価格のガス会社へ

でも、プロパンガス会社の乗り換えなら、コストは0円です。

もし、本当にガス代の節約をしたいのなら、都市ガス会社への切り替えではなく、適正価格のプロパンガス会社に乗り換えるのがベストです。ガス管の敷設工事費というような余計なコストは一切かかりません。

実際、プロパンガス会社を乗り換えたことで、ガス代を20%~30%ほどもガス代を安くすることに成功した方はたくさんいます。

でも、適正価格って言われても何のことだかさっぱり...と思う方も多いはず。

そこでここからは、適正価格のプロパンガス会社に乗り換える方法を詳しく説明していきます。

 
 

ガス代が高いかなと思ったら今すぐ!

プロパンガス会社は乗り換えられないと勘違い

プロパンガスの料金には、適正価格があります。

このページの冒頭でも申し上げましたが、ガス代がなかなか節約できない人、あるいは、高額なプロパンガス代に困っているという人は、適正価格のガス会社に乗り換えていないことに原因があります。

いまだに勘違いしている人が多いのですが、プロパンガスは自由料金です。2017年のガス自由化により、都市ガスも自由にガス会社を選べるようになりましたが、プロパンガスはそれ以前からずっと自由料金制です。

しかし、このことは長く知られていなかっため、いまだに高いプロパンガス料金に苦しめられている人がたくさんいます。

  • ・ガス会社は地域ごとに決められていると思っていた...
  • ・新築時に工務店のすすめで適当にガス会社を選んでしまった...

このような方は、ガス会社を一度も乗り換えたことがなく、高いガス料金を長年払い続けている傾向にあります。


えっ?ガス会社って乗り換えOK?

勘違いしてはいけません。プロパンガスは自由料金です。灯油やガソリンのように、自由な値付けが許されているエネルギー商品です。

当然、安い会社もあれば高い会社もあるので、消費者はプロパンガス会社の料金設定に不満があれば、自由にガス会社を乗り換えてもなんの問題もありません。

実際、当協会のサポートでガス会社を乗り換えた方は、およそ20~30%ほどガス代を安くすることに成功しています。

ガス会社を変更することはできないと勘違いしたまま、高いガス代を払い続けているなら、実にもったいない話です。


 
 

ガス代が高いかなと思ったら今すぐ!

乗り換えても安くならなければ失敗!

かといって、格安のガス会社に乗り換えても意味がありません。

格安料金は、適正価格ではありません。

ガス会社を何回か乗り換えたことはあるが、結局は乗り換える前より高くなってしまった、という本末転倒の結果になってしまった方も、実は大勢います。このような方は、ガス会社の乗り換え方法に問題があります。

ガス会社の乗り換えは、簡単に見えて実はとても難しい仕事であることを理解してください。というのも、ただ単に「高いガス会社から安いガス会社に乗り換えればOK!」というわけではないからです。

「安い!」と思って乗り換えたはずなのに、数年経ってみたら、乗り換え前よりガス代が上がってしまったなら、それは乗り換え失敗です。

安い会社が良心的なガス会社とは限らない

えっ?ガス会社って乗り換えOK?

安すぎるプロパンガス料金は、たいてい値上げされます。

適正価格には、不透明な値上げはありません。

誤解してはいけないのは、料金が安い会社が必ずしも良い会社というわけではないということです。

消費者は、安いガス会社=良心的なガス会社という構図を描きがちですが、プロパンガス業界に限ってはそうではありません。

プロパンガスの単価を巧妙に操作して、徐々にガス料金が上がっていくような料金設定をするガス会社も世の中にはたくさんあるので注意が必要です。

訪問販売のガス会社に乗り換えて大失敗

訪問販売の格安販売にだまされてはいけません。

適正価格のガス会社は訪問販売をしません。

相談者の中には、自宅に訪問してきた営業マンが、200円台の格安料金を提示してきたので思わずそのガス会社に乗り換えたという方も結構います。

しかし、そのような格安ガス会社の料金は、決して長続きしません。契約後、いろいろな理由を付けて値上げを繰り返すので、結局は高いガス料金に苦しめられることになります。

そもそも、大幅に安い料金は「売り込み価格」です。ガス会社の営業マンが、顧客を惹きつけるためだけに設定した一時的な見せかけの料金に過ぎません。


適正価格のガス会社を選ぶ

最初だけ安くても、その後、どんどん値上げされてしまえば、結局は、高いガス料金を払っているのと同じことです。

ガス会社を乗り換える上で重要なのは、プロパンガスの料金を適正価格の範囲内で長く維持してくれる優良なガス会社を選ばなければならないということです。


 
 

ガス代が高いかなと思ったら今すぐ!

適正価格のガス会社に乗り換えるのがコツ

適正価格のガス会社を選ぶ

要は、適正価格のプロパンガス会社を選べばいいのです。

適正価格を知らずにガス会社を乗り換えると、高いガス代にずっとだまされ続けるはめになります。

あらためて説明しますと、適正価格とは、高いプロパンガス料金に困っている消費者のために、当協会が独自に定めた価格のことです。

当協会は、プロパンガスの利用者が都市ガスのように安心して利用できる価格環境を整えるため、適正価格という概念を業界に初めて持ち込みました。

協会の適正価格の趣旨に賛同してくれている会員ガス会社は、全国130社(2021年4月調べ)におよびます。

何度も言いますが、ガス会社を乗り換える上で一番重要なポイントは、適正価格を長く安定的に維持してくれる優良ガス会社を選ぶことです。

当協会は、適正価格の優良ガス会社だけを会員としているので、協会経由でガス会社を乗り換えれば、適正価格の維持が保証され、ガス代が高騰するようなことはありません。

平均価格を信じてはいけない

適正価格 平均価格

ちなみに、平均価格という怪しい指標にも注意してください。

昔からプロパンガス業界には、都道府県ごとに相場を示した「平均価格」という指標があります。「エネ研・石油情報センター」が発表しているものですが、これはまったくあてにならないので注意してください。

というのも、この価格はガス会社が任意で報告した「言い値」をもとに算出されているため、数字に信憑性がないからです。

高い料金を取りたいガス会社にしてみれば、平均価格を高く設定しておけば自社の高い料金も説明がしやすいので、意図的に高値を申告している可能性があるからです。

当協会の相談者の中には、「料金が高い!」とガス会社にクレームを入れたら、「これが平均価格ですよ」と、なだめられたという方もたくさんいます。

この平均価格は、当社が定める適正価格と比較して、だいたい20~30%ほど高いのが普通です。

ガス会社を適正価格の会社に乗り換えたところ、ガス代を20~30%安くできたという根拠はここにあるのです。


 
 

ガス代が高いかなと思ったら今すぐ!

適正価格のガス会社に乗り換えるのは難しい

さて、ここまで読んできた方なら、さっそくこう思ったのではないでしょうか。

「ガス代を下げるには、適正価格の優良ガス会社へ乗り換えれば、OK!」と。

確かにその通りですが、適正価格のガス会社を探すことは、実はとてつもなく難しいことです。ハッキリ言って、一般消費者が個人で適正価格のガス会社を探すことは無理です。

適正価格のガス会社探しは素人には、ムリ!

というのもプロパンガス会社は、全国に約2万社ほどありますが、その多くが自社の料金をガソリンスタンドのように公表しているわけではないからです。

最近は、ガス自由化の影響からか、経産省による「液化石油ガスの小売営業における取引適正化指針」が制定され、都市ガスに比べて不明瞭さが目立つプロパンガス事業者に対して是正を求める動きも出てきました。

その指針には、プロパンガス事業者は、単価や基本料金の他に、標準的な月額料金の水準なども店頭やホームページなどにきちんと公表するべきであると明記されています。

けれども、まだまだ徹底されているとは言いがたい状況なので、悪質なガス会社の口車にのせられて、まんまとだまされてしまう人がいなくなることはないでしょう。

ガス会社の乗り換えは、プロにお任せ!

ガス会社の乗り換えは、プロにお任せ!

では、どうやったら適正価格のガス会社に乗り換えられるのでしょうか。

結局のところ、ガス会社を乗り換えるのは、プロに任せるのがベストな方法です。自力でガス会社を乗り換えようと奮起しても、違約金や嫌がらせなどのトラブルに発展するようなこともあるので注意してください。

なかでも、ガス会社乗り換え時における違約金のトラブルは、専門的な知識を必要とします。

トラブルに巻き込まれて無駄な時間を浪費するくらいなら、最初から当協会へご相談いただくのが賢明です。時間もガス代も両方節約できて一石二鳥です。


 
 

ガス代が高いかなと思ったら今すぐ!

見守り保証付きで、あんしん乗り換え!

ガス料金見守り保証

また、当協会経由でガス会社を乗り換えた利用者には、「ガス料金見守り保証」が無料で付きます。契約後もずっと適正価格を維持することが保証されているので安心です。

万が一不透明な値上げが起こったときは、当協会へご連絡ください。利用者の代わりに担当スタッフが責任を持ってガス会社と交渉いたします。

電話かメールで、かんたん乗り換え!

まずは、下記の「料金自動診断」バナーで自宅のガス料金を診断してみましょう。この料金診断バナーは、ご自宅のプロパンガスの単価と適正価格を瞬時で診断します。

加えて、当協会が推奨する適正価格のガス会社に乗り換えれば、月間と年間でどれくらいガス代が安くなるか、シミュレーションもバッチリやってくれるので、大変便利です。

では、直近のプロパンガスの検針票をお手元にご用意したら、早速プルダウンメニューからあなたがお住まいの都道府県を選び、緑色の「無料料金自動診断をする」ボタンをクリックしてください。

 
 

すると、下図のような料金自動診断ページが表示されます。


555

お手元の検針票を見ながら使用量と合計請求金額を入力したら、さらに「診断する」ボタンをクリック。すぐに診断結果が表示されます。

「かなり高い!」と診断された方は、プロパンガスの単価が適正価格ではない可能性があります。ガス会社を乗り換えることで、ガス代が今より安くなる可能性は十分にあります。


555

逆に「かなり安い!」と診断された方も、実は要注意です。その安い料金は、値上がりする恐れがあります。定期的にチェックをする必要があります。

いずれにしても、上記のような結果が出た方は、診断結果画面内にある、フリーダイヤルかメールで今すぐご相談ください。

ヒアリングを通して、ベストなガス会社の選定、切替工事終了まで、当協会の担当スタッフが最後まで懇切丁寧にサポートいたします。

ガス代が高くて困っている人の中には、ずっと同じガス会社を使っていたために料金が高止まりしていたり、格安ガス会社に乗り換えてしまったことが原因だったりと、理由はさまざまです。

まずは協会へご相談ください。一緒に解決していきましょう。

ガス代が高いかなと思ったら今すぐ!

ガス会社を乗り換えれば安くなる -まとめ-

都市ガスとプロパンガスは乗り換えできるの?

どちらからでも自由に乗り換えできます。都市ガスが自由化されてからは、電気とガスのセットプランなど多くの料金プランから自分のライフスタイルに合ったガス会社を比較して選べるようになりました。

特に電気とのセット割は人気があり、光熱費の節約のために見直しを検討する家庭が増えてきています。詳細はこちら

なぜ、都市ガスに乗り換えるのは難しいの?

プロパンガス住宅で都市ガスを利用するには、自費でガス管の引き込み工事をしなければなりません。都市ガス自由化で、プロパンガスから都市ガスに乗り換えたいとへ安易に考える人は多いです。

しかし、ガス管の引き込み工事という思わぬ出費がネックとなって、都市ガスへの乗り込えをあきらめるケースもあることは知っておく必要があります。詳細はこちら

都市ガスよりプロパンガス会社を変更した方がお得ってほんと?

本当です。プロパンガス住宅で都市ガスを利用するには、1メートル引き込むごとに1~2万円相当の配管工事を自費で支払わなければなりません。

その点、現在のプロパンガス会社を適正価格のプロパンガス会社に乗り換えるだけなら、コスト0円でガス代の節約ができるので、こっちのほうがおすすめです。詳細はこちら

適正価格のプロパンガス会社に変えるにはどうしたらいいの?

ぜひ、当協会にご相談ください。自分でガス会社を探したり、訪問販売のガス会社に乗り換えたりすると、プロパンガス料金はたいてい値上げされます。

当協会が紹介するプロパンガス会社は、継続的な適正価格でガスを販売することを約束した「ガス料金見守り保証」が無料で付くのでさらにお得です。詳細はこちら

(K)


プロパンガス料金消費者協会からのお知らせ

ガス料金削減コンサルタント、Webデザイナー・コーダー募集中!

一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会では、当協会の活動に必要なスタッフを募集しています。

詳細はこちらのURLをご覧ください。
https://www.propane-npo.com/recruit/





 
 

ガス代が高いかなと思ったら今すぐ!



優良ガス会社のご紹介はこちらからお気軽にどうぞ

0120-268-967

  • 月~金 7:00~21:00
  • 土日祝 7:00~20:00
一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
賢い大家さん ガス料金見守り保証LPガス料金都道府県別ランキング大公開クチコミを見るエリア別に見るプロパンガス料金

ページの先頭へ戻る

戸建相談無料