夏より2倍高い冬のガス代を徹底対策 :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
プロパンガス 料金

夏より2倍高い冬のガス代を徹底対策


         
夏よりも2倍高くなる冬のガス代。毎年冬になると夏に比べて極端にプロパンガス代が高くなり、驚かれる方も多いでしょう。それには理由があります。冬のガス代が高くなる原因と対策方法をここで紹介。しっかり節約して、お財布も暖かい冬を過ごしましょう。


なぜ高くなる?冬のプロパンガス代


まずは現状をしっかりチェック

ガス会社の請求書や検針票にはいろんな節約ヒントが隠されています。料金だけでなく、使用量もしっかり確認しましょう。

また、プロパンガス容器の交換頻度も要チェック。一般家庭で利用されているのは50Kg容器で、およそ25m3のプロパンガスが入っています。その取り替え頻度を確認しておけばだいたいどのくらい使用しているかわかるという計算です。それらを年間通して記録しておくことで、使用量の推移がわかり意識が高まるので節約につながります。


関東地方の世帯別、季節別平均使用量と請求額

●2人暮らしの場合
平均使用量請求額
夏期 5.9m3 4,517円
冬期 12.4m3 7,718円
●3人暮らしの場合
平均使用量請求額
夏期 8.8m3 5,967円
冬期 18.7m3 10,858円
●4人暮らしの場合
平均使用量請求額
夏期 11.6m3 7,345円
冬期 23.2m3 13,071円

※いずれも税抜き料金


平均使用量は2倍以上。平均請求金額も、夏場に比べて冬場は約2倍になります。物入りな年末年始も控えています。ここは徹底的に対策して、1円でも安く賢く冬を乗り切りたいものです。

この目安をあなたの検針票と比較して使用量が多い場合は、しっかりと対策を講じることでお財布が暖かくなる、かもしれません。

また、使用量が平均と変わらないのにもかかわらず請求額が多い場合は、ガス会社の見直しなど抜本的な対策を視野に入れる必要があります。

関東を含む全国のエリアに関しては、下記ページで確認できます。地方それぞれの特徴などもわかるのでぜひご覧ください。




冬場にガス使用量が増える理由

プロパンガスの主な用途は給湯です。つまり、お湯を沸かすエネルギー消費量が増えると、そのぶん、料金も上がるということです。

冬は気温も水温も下がり、地域によりますが水道水は夏と冬では20度近くも差がある場合があります(東京都水道局 平成30年度データより)。そこでプロパンガス使用量も料金も上がることになります。



豆知識

冬場に一番プロパンガスを使うのは関東地方!?

プロパンガスは主に給湯や暖房、調理に使われています。しかし、地方によってその使われ方が異なります。北海道や東北地方など寒さの厳しい地域では、暖房は灯油で賄い、プロパンガスの用途は主に給湯と調理です。

逆に関東以南は暖房も主にプロパンガスで賄います。そのため、冬場のプロパンガス使用量は関東地方が多めになります。




徹底的に対策して冬を乗り切る


まずは日々の工夫を積み重ねて

冬場はお風呂で徹底対策。ちょっとした工夫で、効率よく節約できます。また、手っ取り早い節約は、キッチンからはじめてみましょう。

    お風呂対策

  • ・風呂のフタをこまめにしめる
  • ・家族が多い場合は間を空けずに入る
  • ・追い焚き回数を減らす(沸かし直すよりも注水の方が効率的)
  • ・お湯を出す時間を短くする(シャワーは15分の使用でバスタブ1杯分!)
  • ・ペットボトルを数本沈めてお湯の量をかさ増しする
  • ・保温シートを使用する(銀色のアルミ材側を下にしてお湯に浮かべる)

    キッチン対策

  • ・鍋底の大きな鍋を使う
  • ・食材などは常温にしてから使用
  • ・圧力鍋や保温調理器を使う(ガスコンロの使用時間を減らすのがポイント)
  • ・下処理など電子レンジを有効活用する
  • ・ガスバーナーを掃除する(安全面でも有効)



思い切って対策する

1.給湯器を買い換える

ご使用の給湯器はかなり古くなっていませんか? 新しい機種になればなるほど、コストパフォーマンスがいいのはエアコンや冷蔵庫だけに限りません。

エネファーム、エコウィル、エコジョーズ、エコキュート、エコワンなどの製品がしのぎを削ってエネルギー効率を競っています。

例えば、エコジョーズは少ないガス使用量でたくさん沸かせて、従来型給湯器と比較すると約11%経費をカット。さらに、CO2排出量も大幅に削減できます。価格帯は20~30万円前後と高く感じますが、ガス代が安くなるので元を取ることができます。



2.プロパンガス会社を見直す

プロパンガスは自由料金です。契約しているガス会社によって基本料金や重量単価が異なり、同じ地域でも他より高いケースが多々あります。



また、最初の料金設定は安かったはずなのに、様々な理由で値上げが繰り返され、高止まりしている場合もあります。そのため、契約を見直してガス会社を変更することで料金を安くできる可能性があります。



3.ガス会社変更は専門家に任せる

節約の第一歩は現状を知ること。手元の検針票からあなたの料金が高いかどうか、下記料金自動診断で調べてみましょう。

 
 



ここで「かなり高い」と診断されたら、プロパンガス会社の変更をお勧めします。しかし、ガソリンスタンドなどとは違って、料金やサービスをどの会社が安くて、しかも良心的に提供してくれるかを判断するのは一般消費者にとっては至難の技です。

当協会ではプロパンガスに関する相談をお受けするほか、適正価格で安定供給できる優良ガス会社の紹介なども全て無料で行っています。




当協会は一般社団法人です。手数料は一切無料、安心して任せていただける便利なサービスです。勧誘なども一切ありせん。お気軽にご利用ください。

また、紹介したガス会社が万一不透明な値上げをした場合、当協会が事実関係を確認し、不適切と判断した際には元の料金に戻すよう責任を持って交渉することを約束した「ガス料金見守り保証」という保証制度も策定しました。

これは、契約後も安心してプロパンガスを使い続けられるように画したもので、当協会が業界で初めて実現しました。


ガス料金見守り保証


<参考記事> ガス料金見守り保証




まとめ

夏より2倍高い冬のガス代を徹底対策と銘打ってご紹介しましたが、いかがでしたか。四季の豊かな日本では、どうしても冬と夏の気温差、水温差があり、ダイレクトにガス料金にも反映されます。

そこを知った上で楽しく節約すれば、安心して冬を迎えることができるのではないでしょうか。この機会にご家族でアイデアを出し合うのもいいかもしれませんね。

料金に関して、不信感や不安のある方は、お気軽に当協会までご相談ください。











一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
賢い大家さん ガス料金見守り保証 エリア別に見るプロパンガス料金
0120-268-967

ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパートの方からのご相談は受付けておりません。
電話受付時間
平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
| トップページへ戻る » |