プロパンガスコンロの選び方 :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
プロパンガス 設備

プロパンガスコンロの選び方


         
プロパンガスコンロの選び方について、コンロには大きく分けて「据置きコンロ」「ビルトインコンロ」という2種類に大別されます。また、ガスコンロにもプロパンガス用と都市ガス用があり、それぞれの違いを理解した上でコンロを選びましょう。

ガスコンロ購入の際はプロパンガス用か都市ガス用か確認を!


コンロは大きく分けて2種類

ガスコンロは、「据置きコンロ」「ビルトインコンロ」という2種類に大別されます。


<参考記事>ガスコンロ

据置きコンロ

「据置きコンロ」とは、キッチンにコンロ台を設置するタイプのガスコンロであり、ガステーブルとも呼ばれます。ご自宅のガス管にゴムホースを接続し、据置きコンロとつなぐことで使用可能となります。

家電量販店でよく見かけるのがこのタイプのコンロです。2口だとより安価な価格帯となりますが、メーカーによっては3口の据置きコンロでも低価格なものが増えてきています。新築や引っ越しで設備費を節約したい方は、据置きタイプのガスコンロにするのも1つの選択肢といえるでしょう。

据置きコンロのメリットは価格以外にもあります。それは「故障などの際に交換がしやすい」ということです。ガスコンロの熱効率は年々進化していますから、購入から寿命の目安とされる5~7年経過したら買い替えを検討する必要があります。据置きコンロであれば簡単に新しいものと交換・設置をすることができるでしょう。

ビルトインコンロ

ガスコンロのもう一つの種類「ビルトインコンロ」はその名の通り、ガスコンロをキッチンに造り付けて、一体化したタイプのコンロです。作業をするキッチン天板と同じ高さになるように組み込まれますので、見た目がすっきりとするだけでなく、掃除がしやすいのもメリットです。

新築の場合には、見た目や掃除の面でキッチンにビルトインコンロ設置を選ぶ人の方が多いようです。また、ビルトインコンロでは下部にガスオーブンがセットで備え付けられているものもあります。日常的に自宅で料理をする人はビルトインコンロを選ぶと良いでしょう。

据置きタイプのコンロと比較すると、ビルトインコンロの価格帯は少々上がります。しかし、利便性などのメリットを考えれば、その分価格が上がるのも頷けます。故障の際の交換も、ビルトインコンロ同士であれば容易に行うことが可能です。


<参考記事>ビルトインコンロ

ガスコンロの種類にはプロパンガス用と都市ガス用がある

ガスコンロは設備の違いだけでなく、使用できるガスの種類にも違いがあります。2種類のガスの種類「プロパンガス用」と「都市ガス用」の違いについて解説していきます。


<参考記事>ガスコンロ

なぜプロパンガス用と都市ガス用があるのか?

一般住宅で使用されるガスには「プロパンガス」と「都市ガス」の2種類があります。地中を通り住宅の敷地内までガス管が引かれている場合には「都市ガス」となり、家の近くまで都市ガスの管が引かれていない場合には「プロパンガス」を選ぶことになります。

プロパンガスでは業者にガスボンベの配送・屋外設置を依頼することになりますので、配送費と人件費の分で都市ガスよりもガス代が少々高くなる傾向にあります。しかし、火力は都市ガスよりも強いのがメリットです。

ガスを使用する際には、それぞれ決められたガスの種類に対応したガス機器を選ぶ必要があります。ガスコンロにも「プロパンガス用」と「都市ガス用」と両方のタイプが用意されているのです。では、コンロのガスの種類はどうやって見分けたらよいのでしょうか?

コンロのガスの種類の見分け方

自宅で契約しているガスの種類が都市ガスなのか、プロパンガスなのか分からないという人もいるかもしれません。現在使用しているコンロのガスの種類がどちらなのか見分けるには、ガスコンロ・ガス給湯器などの横に貼ってあるラベルを確認します。このラベルには、型番や対応しているガスの種類などの情報が記載されています。

ネット通販などでガス機器を購入する際には、ラベルを確認することができない場合がほとんどです。その場合は、製品情報欄をチェックし、以下のような「ガスの種類の別名」を見つけることで把握することが可能です。

・LPガス、LPG → プロパンガス
・天然ガス、12A・13A → 都市ガス

誤ったガスを使うと火災や一酸化炭素中毒の原因に!

プロパンガス、都市ガスという2種類の家庭用ガスについて、それぞれに対応する専用のガスコンロが存在するのには理由があります。それは、異なる種類のガスコンロを使用すると、火事や一酸化炭素中毒の原因となってしまうためです。

ガスの種類とガス器具が合っていないと、スイッチを入れてガスが出ていてもうまく点火されずやけどを負ったり、ガスが充満することで一酸化炭素中毒を引き起こしたりする可能性があります。このような「異常点火」は使用する人へ危険を及ぼすだけでなく、コンロなどガス機器の故障となることもありますので、ガス器具はガスの種類に合ったものを必ず選ぶようにしましょう。


ガスコンロの改造工事により、対応できるガスの種類は変更できる

「より火力の強いプロパンガスを使いたい」「自宅のガスの種類と異なるけれども、このコンロを設置したい」などという場合には、実はガスコンロを改造することでガスの種類の変更が可能となります。

ガスコンロの交換より費用が安く済む可能性あり

ガスコンロの改造は、ガス機器メーカーや各ガス会社で対応してくれるところが多くなっています。正規の改造であれば、安全にガスの種類変換をしてもらえます。ガスコンロの改造費用は、出張費・作業費・部品代を合わせた合計となることを覚えておきましょう。

安価なガスコンロで満足できる製品があれば、ガスの種類に合ったコンロを改めて購入するのがベターです。一方で、今あるガスコンロを改造してもらったほうが安くつくことも少なくありません。どちらの手段が適当なのかよく考えて決めることをおすすめします。


プロパンガスの料金を抑えるには業者選びが大切!

ガスの種類に合ったガスコンロ選びは、事故を引き起こさないためにも必ず守りたいルールです。また、「強い火力で料理をしたい」といった理由やご自身の用途に合わせて、ガスの種類をプロパンガスへと変更することも可能ということを解説してきました。

そこで次に気になるのは、プロパンガスの料金ではないでしょうか?もしプロパンガスをご利用になりたい場合、ガス料金を抑えるにはガス会社選びがとても大切です。これは、プロパンガスの料金は各ガス会社による自由価格となっていることによるものです。

どのガス会社を選ぶかによって年間のガス料金は大きく変わります。現状のプロパンガス料金が高いと感じる場合には、プロパンガス会社を変更することで、ガスの消費量を変えずともガス料金は節約することもできるのです。



まとめ

ガスには「プロパンガス」と「都市ガス」という2種類があり、事故を防ぐためにも、それぞれのガスの種類に対応したコンロを選んで使うことが大切です。

また、ガス会社を変えることでガス料金を節約することが可能だということを知っておきましょう。各ガス会社によって価格が自由に設定できるプロパンガスの場合には、特にガス会社選びは慎重に行いたいものです。

安くて優良なガス会社を探す際には、「ガス料金見守り保証」付きの当協会までお問い合わせください。


<参考記事>ガス料金見守り保証









一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
賢い大家さん ガス料金見守り保証 エリア別に見るプロパンガス料金

ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパートの方からのご相談は受付けておりません。
電話受付時間
平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
| トップページへ戻る » |