プロパンガスと都市ガスの違い :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
都市ガス

プロパンガスと都市ガスの違い


         
プロパンガスと都市ガスの違いをご存じですか?同じ「ガス」でも原料・性質、供給方法、料金システムなどさまざまな違いがあります。今回は押さえておきたいポイントをまとめました。ここで正しい知識を学びましょう。

プロパンガスと都市ガスの違いについて

一般家庭に供給されているガスは、大きく「都市ガス」と「プロパンガス(LPガス)」に分類することができます。それぞれの性質や料金もまったく異なります。その違いを比較してみましょう。


(1)ガスの原料・性質

都市ガスとプロパンガス(LPガス)は燃焼させることによりエネルギーを得るという点では同じですが、ガスとしての性質が異なります。都市ガスは「液化天然ガス(LNG)」と呼ばれ、天然ガスのメタンが主成分です。LPガスはブタンやプロパンが主成分です。

都市ガスプロパンガス(LPガス)
原料 (1)メタン(燃える気体)を主な成分に持つ天然ガス

(2)海外から輸入する液化天然ガス(LNG)が大半を占める。
(1)プロパン・ブタンを主成分に持つ液化石油ガス(LPガス)

(2)LPGは大半を海外から輸入している。
特徴・性質 (1)本来、無色・無臭だが、ガス漏れ時にすぐに気が付くよう臭いをつけている。

(2)天然ガスはマイナス162℃まで冷すと液体になり、体積が600分の1と小さくなる。
(1)本来、無色・無臭だが、ガス漏れ時にすぐに気が付くよう臭いをつけている。

(2)マイナス42℃まで冷すと液体になり、体積が250分の1と小さくなる。
重さ (3)空気より軽い (3)空気より重い

LPガスは常温・常圧では気体ですが、常温で10気圧程度に圧縮すると液体となり、体積も250分の1になるため貯蔵や運搬が容易にできます。

また、LPガスは石油や石炭・天然ガスのなかでも二酸化炭素の量が少ないといわれています。硫黄酸化物や窒素酸化物などをほとんど発生させない、地球にやさしいエネルギーとして家庭用、工業用、自動車用などの燃料、また化学原料として幅広く用いられています。

LPガスメリット1

LPガスの火力は強い

プロパンガス(LPガス)のメリットの一つとして挙げられるのが熱量(カロリー)の強さです。熱量の差がどれくらいあるかというと、LPガスの熱量は1m3あたり24,000kcalであるのに対し、都市ガスの熱量は1m3あたり10,750kcalです。

プロパンガスは都市ガスに比べて約2.23倍高い熱量を持っているといえます。

都市ガスとLPガスの熱量比較

都市ガスプロパンガス
(LPガス)
熱量 10,750kcal 24,000kcal

簡単にいうと、都市ガスよりもLPガスの火力の方が強いので、短時間で調理や給湯ができるということです。火力を必要とする中華料理店などでは、強火でササッと炒めることができるLPガスをあえて選ぶ店も多いようです。

ちなみに、単純計算では都市ガスで調理した場合、プロパンガス(LPガス)に比べて2倍以上の時間がかかることになりますが、 実際には都市ガスのコンロはガスの量が2倍近く出るように設計されているため、都市ガス、LPガスどちらでも時間的な差はそれほどないので心配することはありません。

(2)ガスの供給方法

都市ガスは、ガスホルダーという球形の大型タンクより道路の下の地中に埋まっている導管を通って各家庭まで運ばれます。

それに対してLPガスは、充填所でガス容器(ガスボンベ)に充填され、業者が各家庭まで配送し、それを使うという大きな違いがあります。

家庭へ配送されるまでのガスの流れ

都市ガス

LPガス


<参考記事> 出典:日本ガス協会「都市ガスとLPガスの違い」より

都市ガスの供給でネックなのは、導管を地中に埋める費用が膨大にかかることです。そのことから、主に都市部を中心とした日本国土面積の約6%にしかパイプのネットワークがありません。それ以外のエリアではガスの供給をLPガスが担っています。

また、都市ガスを利用するには、自宅の近くまでガスの導管が通っていることが前提条件になります。通っていたとしても自宅の敷地まで配管を伸ばす工事は実費で行う必要があります。

それに対して、LPガスの場合は利用者がガス販売店を自由に選ぶことができ、なおかつ設置工事費も少額なので導入しやすいというメリットがあります。

LPガスメリット2

LPガスは災害時の復旧が早い

プロパンガス(LPガス)は、各家庭にガスボンベが設置されているので、災害時にガス供給が遮断されても個別に調査・点検を行えるのでスピーディーな復旧が可能です。また、避難所や仮設住宅へ早急に供給ができるのも大きな利点です。

一般的に、各家庭には50Kgのガスボンベが2本セットで設置されていますので、常に在庫がある状態です。災害時に1本目が切れても予備の2本目で約1ヶ月ガスを使うことができます。いざという時の備えとしても安心です。


<参考記事> 50kgボンベ

一方、都市ガスは数百、数千単位で地中のガス管の安全確認が必要となるため復旧にはかなりの時間を要します。

実際、東日本大震災の際には、都市ガスの完全復旧までに約2~3ヶ月の時間がかかりました。一方、LPガスは1~2週間で復旧を実現していることから「LPガスが災害に強いエネルギー」であることを実証しました。

(3)料金システム

都市ガスもプロパンガス(LPガス)も今や自由料金で、算出方法も【基本料金+従量料金×ガスの使用量(単位m3)】と同じです。しかし前述したように、供給方法の違いからLPガスの料金が高いのは事実です。

都市ガスはガス導管を通して各家庭に供給しますが、LPガスは各家庭にガスボンベを配送し空のボンベと入れ替えるため人件費がかかります。その分ガス料金が高くなってしまうのです。

料金システムの違いはというと、

都市ガス

都市ガス(一般ガス事業)は、料金、その他の供給条件を決める場合、経済産業大臣の許可を受けることが義務付けられています。料金は供給原価に基づき決められる「総括原価方式」が採用されています。

すべてのコストを料金に反映させ、その上に一定の報酬を上乗せした金額になるよう決められた方式です。

「総括原価方式」は、安定した供給が求められる公共性の高いサービスに適用されており、電気料金(自由化前)や水道料金にも適応されています。このことから、都市ガス料金が大きく変動することがありません。

ちなみに、2017年4月、これまで公共料金だった都市ガスも自由化しましたが、参入企業が少なかったこともあり、料金は従来とあまり変わっていないのが現状です。

LPガス

プロパンガス(LPガス)は自由料金のため、ガス料金に基準(適正価格)がありません。各販売店が自由に価格を決めることができるのです。



さらに、LPガスは主にサウジアラビアなどの産油国から輸入される商品のため、原油価格や為替レートに影響を受けます。販売店は原油高騰を理由にガス料金の値上げや値下げも自由に行うことができます。

その結果、同じエリアでも販売店によって料金に大きな差があるのが実状です。

そもそも、長きにわたりプロパンガス業界では、価格競争を起こさないために、販売店同士がガス料金を下げないよう協定を結び、高値安定を維持してきました。



その上、原油価格の高騰の際には即座に値上げを実施するものの、原油価格が下がった時期が来ても元の料金に戻さないことが習慣化されています。

悪質な販売店の場合「原油高騰のため」といいながら、実際には悪化した経営を補うために値上げを行うケースもあるほどです。法律に縛られない自由料金をいいことに、消費者の立場を考えるどころか自社の利益を最優先する販売店がはびこっているのです。



参考として、東京都のLPガス料金と都市ガスを比較してみましょう。

プロパンンガスは都市ガスよりも2.23倍カロリーが高いので料金の単純比較ができません。比較するには、下表のように都市ガスの従量単価を2.23倍する必要があります。

東京都のLPガス料金と都市ガスを比較

LPガス平均価格 都市ガス
(東京ガス)
差額
① 基本料金 1,575円 690円 885円
従量単価 488円 303.57円
LP換算(136.13×2.23)
184.43円
② 10m3利用時 4,880円 3,036円 1,844円
① ②合計
(税込)
6,971円 4,024円 2,947円

東京都のLPガス平均価格:エネ研・石油情報センター調べ(2019年6月)
東京都の都市ガス価格:東京ガス調べ(2019年6月検針分)

LPガスメリット3

LPガスは新築時の導入コストがお得

住宅を新しく建てる際、ガスを利用するために配管工事と給湯器、コンロなどの器具が必要となりますが、プロパンガス(LPガス)を利用すると、これらの初期投資費が無償にできる場合が多いので、都市ガスよりも大幅に導入コストを抑えることができます。

都市ガスの場合は、地中に埋め込まれているガス導管から自宅までの引き込み工事がかかります。この初期費用は一戸建ての場合、30万円前後かかるケースが多いようです。


<参考記事> 新築住宅を建てる方

プロパンガス(LPガス)はどの販売店から買っても、商品の質を差別化することができないため、販売店同士のサービス競争の一環で、配管工事代やガス器具の無償化が常識になっています。ガス販売店が負担してくれる配管工事代は平均すると7~15万円程度となるでしょう。

ただし、気を付かなければいけない点は、LPガスの配管工事費や設備費の無償化(無償貸与)は、本当の意味での無料ではないことです。10年~15年の貸付貸与契約を結び、実際にはそれを分割で支払っていく形です。

一括精算の必要がない代わりに、従量単価に分割分を上乗せして請求されます。中には、過剰な上乗せをして利益を得るような悪質な販売店もあるので、契約を結ぶ前に見積書でしっかりと確認することをお勧めします。


<参考記事> 無償貸与契約



LPガス販売店を乗り換えれば料金は安くなる

プロパンガス(LPガス)は、利用者が自由にガス販売店を選択できます。ほとんどのプロパンガス利用者が、適正価格よりもはるかに高いガス料金を支払っているので、適正価格で提供してくれる良心的な販売店に乗り換ればガス料金は各段に安くなります。


<参考記事> 適正料金早見表

埼玉県の例ですが、ガス販売店の平均価格は、基本料金1,588円、従量単価487円になっています(エネ研・石油情報センター参照)。

それに対して、当協会がご紹介する埼玉県のガス販売店であれば、基本料金1,500円、従量単価280円です。従量単価はなんと207円も安くなります。

当協会の会員ガス会社は、町の小さな販売店ではなく、ほとんどが問屋規模の大手ガス会社です。仕入価格が安く済むこともあり良心的な料金体系が成り立つわけです。

当協会サイトでは、各都道府県別に当協会が独自に設定した「適正価格」と、あくまでプロパン業界における談合価格とも言える「平均価格」にどれだけの価格差があるのか表にしてまとめています。



プロパンガス業界は長きにわたり閉鎖的に商売を続けてきているので、LPガス業界独自のルールや、ガス料金の仕組みについて正しい情報をお持ちでない消費者の方が、ガス販売店をご自身で乗り換えるのは至難の業です。

地元の優良なLPガス販売店をお探しの方は、LPガス料金の専門員がいる当協会までお問い合わせください。一切無料でお手伝いしております。




まとめ

ガスの原料・性質、供給方法、料金システムの違いは一般的にあまり知られていませんので、今回は改めて「プロパンガスと都市ガスの違い」について細かくまとめてみました。

ご自宅で利用するガスについての知識があれば、災害時などいざという時や、新築・引っ越しの際にも慌てずに済みます。

プロパンガス(LPガス)は「火力が強い」「災害時の復旧が早い」「新築時の導入コストがお得」など、意外にメリットがあると驚いた方もいらっしゃるでしょう。

問題は、LPガス料金の不透明さです。ここ数年で経済産業省による業界への指導が入るようになりましたが、本当の意味で料金体系が整備されるまでには相当な年数がかかるでしょう。

現時点では消費者がまずご自身のガス料金について知り、適正価格での安定供給を約束するガス販売店に乗り換えるのが一番の方法です。



プロパンガス料金消費者協会では、消費者お一人おひとりの条件に一番合った優良ガス販売店を無料でお探しします。安心してご相談ください。








一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
賢い大家さん ガス料金見守り保証 エリア別に見るプロパンガス料金
0120-268-967

ページの先頭へ戻る

今すぐ無料でガス料金の電話相談
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパートの方からのご相談は受付けておりません。
電話受付時間
平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
| トップページへ戻る » |