プロパンガス料金を電話一本で月1万円も節約できる驚きの方法があるんです! :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
プロパンガス 節約

プロパンガス料金を電話一本で月1万円も節約できる驚きの方法があるんです!


         

お宅のプロパンガス料金が高いのは、契約中のガス会社に問題があるかも?適正価格のプロパンガス会社に変更したことで、ガス代が月に約1万円、年間にしておよそ11万円もの大幅な節約に成功したご家族をご紹介します。


電話一本で月1万円も安く

ガス会社を変更すれば、あなたのプロパンガス料金も安くなる! 私たち「一般社団法人 プロパンガス消費者協会」は、日頃からプロパンガス料金が高くて困っている方々のために、値下げのご相談やガス会社を変更するお手伝いを無償でおこなっております。

特にプロパンガス会社の変更については、年間およそ数千件レベルでコンスタントにガス会社の切り替えをお手伝いしています。そもそもなぜこのようなご相談が当協会にたくさん寄せられるのかと申しますと、

契約しているガス会社の料金設定が、もともと高い!

ということを知らずに長年ずっと悩んでいる方がとても多いからです。

ちなみに2016年3月の調査では、ガス会社を変更したことでプロパンガス代が安くなった方の平均は、年額約2万8千円でした。 プロパンガスの料金が年間にして約2万8千円も安くなるなんて夢のようだと思いませんか?でもこれはけっして夢ではありません。プロパンガス会社を変更すれば、これくらいの減額はいとも簡単に達成できるのです。

それどころか、年間なんと11万7,564円ものプロパンガス料金の大幅値下げに成功したご家庭もあります。今回はそんな大金の節約に成功したご家族を紹介したいと思います。

なんでうちのプロパンガス料金は、こんなに高いのかしら?

長野県伊那市にお住まいの百合子さんのご家庭は、3世代同居の大所帯です。育ち盛りの小学生男児2人に加えて、口やかましい義理の両親も合わせた6人家族の台所を預かる主婦としては、毎月届くプロパンガスの検針票は気になって仕方ありません。

なぜなら百合子さんのお宅には、筋金入りのドケチオカン代表ともいえる大阪生まれの義母がいるからです。「あぁ、もったいないわ~!」が口グセのオカンは日々、目を光らせては家計のムダを指摘し、百合子さんに嫌味たっぷりのグチをこぼします。

「あぁ、もったいないわ~!なんでうちのガス代は毎月毎月こんなアホみたいに高いねん!」今月もポストに投函されたガスの検針票を百合子さんの鼻先に突き付けるや、さっそく宣戦布告してきました。しかし百合子さんも負けてはいません。「あれぇ~?お義母さまがこないだ買ってきてくれた節水シャワーヘッド、がんばって子供たちと使ってるのにぜんっぜん効果ないみたいですねぇ~。やっぱりあんなオモチャじゃダメなんですよぉ~子供たちにも不評ですしぃ~。」

百合子さんのご自宅は、台所のガスコンロとお風呂の給湯にプロパンガスを使用しているので、使用量はもともと多めのご家庭です。けれども今月のプロパンガス料金はとうとう2万5,000円台を超えて、今にも3万円に手が届きそうなありさま。

義理のご両親に光熱費を援助してもらっているとはいえ、さすがに毎月のガス代が3万円にも上るような家計では、これから中学校へ上がる子供たちの食費や教育費まで十分にまかなえるかどうか心配になってきました。

そこでさっそく百合子さんはインターネットで「プロパンガス料金 高い」と検索してみました。このところなんでもネット検索するクセがついている百合子さんは、軽い気持ちで検索してみたつもりでしたが、その検索結果に思わず仰天してしまいました。

えっ!プロパンガスの料金は、各家庭によって値段が違うの?!

百合子さんが初めて知った驚きのプロパンガス事情とは、次のようなことです。

  • 同じガス会社でも料金は家庭によってバラバラ
  • どこのプロパンガス会社と契約するかは個人の自由
  • プロパンガス会社は自由に変更してもよい
  • ガス会社を変更するのに費用はかからない.....

  • 目からウロコとはよく言ったものですが、プロパンガスのことを調べれば調べるほど、都市ガスとは比べものにならないほどアンダーグラウンドな世界だということがわかってきました。

    百合子さんは自分と同じようにプロパンガス料金が高くて困っている人がたくさんいることをこのとき初めて知りました。またプロパンガス料金が高くて困っている人に、無料で相談にのってくれるプロパンガス料金消費者協会という団体まで存在することも知りました。しかもその協会のサイトには、自宅のプロパンガス料金が高いかどうか自動で診断してくれる「ガス料金自動診断」が載っています。

    今月のわが家のガス代2万6,132円(使用量35.8m3)は果たして高いのかどうか、客観的な判断が欲しくなり迷わず診断してみることにしました。

    ガス料金自動診断の入力画面

    「かなり高い!」診断結果にびっくり!

    なんと診断結果は「かなり高い!」今まで試してきた数々の涙ぐましい節約努力やお義母さんとの壮絶バトルはいったい何だったの?と百合子さんはとても悔しくなりました。

    ガス料金自動診断の驚きの診断結果

    百合子さんが調べたのは、プロパンガス料金消費者協会のサイトに載っている「ガス料金自動診断」というものです。ガス会社から届いた検針票をもとに今月の使用量と請求額を入力すれば、わずか1分で簡単にチェックできる優れものです。この診断のすごいところは、単にガス料金の診断だけでなく、適正価格のガス会社に変更すれば月額はどれくらい安くなるかという節約額まで詳しく試算してくれる点です。

    プロパンガスの従量単価、その額いくらか知っていますか?

    また百合子さんが特に注目したのは、診断結果に表示された「1m3あたり634円」という金額です。これはいわゆる「従量単価」と呼ばれるもので、各家庭のプロパンガス料金を決定するうえでとても重要な指針となっているものです。私たちが毎月ガス会社に支払っているプロパンガス料金というのは、実は下記のようなルールに従って算出されています。

    毎月のプロパンガス料金 = 基本料金 + 従量料金( 1m3あたりの従量単価 × 使用量 )

    なんでも自分の手で計算してみないと気が済まない節約オタクの百合子さんは、料金自動診断であぶり出されたわが家の従量単価634円をこの方程式にあてはめて電卓をはじいてみました。すると確かに検針票に記載されている今月のプロパンガス代とぴったり同額になるではありませんか。


    26,133円(税込) = 1,500円 + 22,697円( 634円 × 35.8m3

    料金自動診断をしたことではじめて明らかになったこの従量単価、そもそも百合子さんの検針票には、この「1m3あたりの従量単価」に相当する数字はどこにも書かれていません。しかもこの単価が634円というかなりの高額になっていることも、百合子さんにとっては寝耳に水の衝撃です。

    プロパンガス料金消費者協会がおすすめする適正価格のガス会社に変更すれば、単価は360円になるはずなのです。634円は確かに「かなり高い!」ということになります。

    試しに適正価格の360円で百合子さん宅の今月のガス代を試算してみると、診断結果の言うとおり月額15,539円となり、単価634円のときと比べて約1万円も安くガス代を節約できることがわかりました!

    15,539円(税込)= 1,500円 + 12,888円( 360円 × 35.8m3

    こうなったらもう黙ってはいられません。プロパンガス代が月1万円も安くなることを知ってしまった百合子さんは、さっそく診断結果の下にある「メールで無料相談」という緑色のボタンをクリックしてプロパンガス料金消費者協会へ無料相談の申し込みをすることにしました。

    ガス代を1万円安くするために相談開始!

    プロパンガス料金消費者協会の無料相談は、電話相談がメインです。ガスの基本情報と電話応対の希望日をメールフォームに入力したら、その後はすべて電話でのやりとりになります。

    せっかちな百合子さんにはありがたいことに、電話応対は朝9時~夜7時までの時間帯(平日)を1時間ステップで指定でき、加えて希望日は「今日」とか「明日」を選べるというなんともきめ細やかでスピーディーな対応。思い立ったが吉日の気持ちで相談ボタンを押した百合子さんは感激しました。

    さっそく「今日」の「午後3時~午後4時」の指定で電話相談をお願いすることにして送信ボタンを押しました。すると希望通り、午後の3時10分頃にプロパンガス料金消費者協会の担当者から電話が来ました。数分ほどの簡単なヒアリングをしたあと、いったん電話を切って再度、担当者からの連絡を待ちます。

    それからおよそ30分後、再びさきほどの担当者から電話をもらい、新しいガス会社の名前と契約情報を教えてもらうこととなりました。

    協会が百合子さんに提示したガス会社は、基本料金1,500円で1m3あたりの従量単価は360円、診断結果に掲載されていたのとほぼ同じ内容のガス会社でした。このような適正価格でプロパンガスを販売してくれる良心的なガス会社と契約できれば確かに月1万円のガス代節約は大成功です。百合子さんが希望すればこのままガス会社変更の手続きをこの協会に依頼することも可能です。でもホントにそんなにうまくいくのかしら?

    あまりにもトントン拍子に話しがまとまりそうなので、百合子さんは少し不安に思いました。そこで思い切って担当者にいくつかの質問をぶつけてみました。

    質問❶ なぜそんなにガスの単価が安くなるの?

    この問いに対する担当者の答えに、百合子さんは驚きを隠せませんでした。

    答え:「そもそも、現在の単価が高すぎるのです!」

    現在の百合子さんのガス料金は長野県の平均価格帯の範囲内なのですが、そもそもこの平均価格に問題があると協会は考えています。というのもこの価格帯は、私たちプロパンガス料金消費者協会が提唱する適正価格に比べてあまりにも差が大きいからです。そしてこの平均価格が高い一番の理由はひとえに「業者間に競争がない」からということに尽きます。

    質問❷ 「適正価格」ってなんですか?

    答え:「プロパンガス料金消費者協会が独自に設定した料金体系です。」

    私たちが独自に定める適正価格とは、都市ガスの料金と比較しても遜色ないようにとの配慮から実現させた「都市ガスの1.1~1.2倍の範囲内におさめた価格」です。


    断っておきますが、プロパンガスは都市ガスと料金を同額にすることはできません。というのもプロパンガスは都市ガスに比べると、原料や火力だけでなくその供給方法にいたるまでさまざまな違いがあるので、どちらが高いとかどちらが得かとは一概には言えないからです。


    けれども一般的なプロパンガスの平均料金は、都市ガスのおよそ2倍も高いのがあたりまえという現状には改善すべき点がたくさんあります。 このような現状を打破すべく立ち上がったフロパンガス料金消費者協会としては、この画期的ともいえる適正価格を普及するために、多くのプロパンガス事業者を開拓し説得するという企業努力を続けてまいりました。おかげさまでこれまで多くの方々からたいへんなご好評をいただいております。


    質問❸ じゃあ「平均価格」とはいったいなんですか?

    答え:「平均価格」は各ガス会社が独自に定めた「自己申告価格」です。

    そもそもプロパンガス業界には「適正価格」という概念はありません。なぜならプロパンガス料金は自由料金制をとっているので、販売価格をいくらに設定するかは各プロパンガス会社の裁量にまかされているからです。

    従来言われているプロパンガスの「平均価格」というものは、石油情報センターが定期的に発表している「平均価格」のことを指しますが、この価格はこういった事情のもと、各ガス会社が石油情報センターへ自己申告したものに過ぎません。

    そんなわけでこの平均価格というものは、業者間の自由競争によって熟成された健全な適正価格とはいえず、むしろガス会社に都合のよい、むやみに高い販売価格になっている場合がほとんどなのです。あまりあてにならないと考えるのが得策でしょう。


    質問❹ なぜ協力してくれるガス会社がいるの?

    答え:プロパンガス料金消費者協会の方針に賛同してくれたからです。

    プロパンガス業界は長い間、上記のような「名目自由、実質独占」という不透明な料金制度の中であぐらをかいてきました。そのため、近年になって盛り上がりを見せるオール電化や電力・都市ガスの自由化などのエネルギー革命の波にのみこまれるのではないかという焦燥感がプロパンガス業界の中で噴出してきたのです。

    事実、こうした状況を打破しないとプロパンガス事業に未来はないと考えるガス会社はどんどん増えており、プロパンガス料金消費者協会からの要請に応えるかたちで会員ガス会社として提携を申し出てくれるようになってきたのです。

    百合子さんは、この一連の回答を大いなる興味をもって聞きました。担当者のわかりやすい説明ですべての疑問が解消した百合子さんは、紹介料も手数料も一切かからないことを確認したうえで、この協会にガス会社変更の依頼を正式にしました。

    義母の嫌味はピタリと止み、ガス代も超安くなって万々歳!

    プロパンガス会社の変更工事は、申し込み後約1週間程度で簡単に終わってしまいました。

    数か月後、アフターフォローのために協会担当者が連絡を入れると、百合子さんは明るい口調でこんなおもしろい話しをしてくれました。


    「協会のおかげでガス代が月額にして約1万円も下がったと思うと、うれしくてうれしくて。だから今月の検針票が届いた日には思わず「よーし!今日は家族で焼肉行くぞ~!」と豪語してしまいました。そしたらお義母さんが「あんた、かえって無駄遣いになってもうてるやん。でも、まあ、今回のガス代節約はなんといってもネットで調べた百合子さんの大手柄や!ここはこのオカンがどーんと家族におごらしてもらうでぇ~、今日は家族で焼肉大会や~!」とドケチなはずのオカンの財布があれ以来ずっとゆるみっぱなしなのだそうです。

    今回のように月1万円も減額できるご家庭はそう多くはありませんが、それでも月4,000~5,000円ほど安くなるケースはたくさんあります。ガス会社変更にあたっては、紹介料や手数料は一切かかりません。家計の節約、とくにプロパンガス料金の適正化にご興味のある方はぜひ私たちプロパンガス料金消費者協会へご相談ください。あなたのおうちのガス代も百合子さん家のようにどーんと安くなるかもしれませんよ!








    一戸建ての方賃貸住宅の方
    ガス料金見守り保証 エリア別に見るプロパンガス料金
    0120-268-967

    ページの先頭へ戻る

    今すぐ無料でガス料金の電話相談
    ※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
    ※賃貸住宅の方からのご相談は受付けておりません。
    電話受付時間
    平日 9:00-19:00|土日祝 10:00-17:00
    | トップページへ戻る » |