プロパンガス料金の平均と相場:ガス料金相談センター

プロパンガス料金の平均と相場

プロパンガスの"平均"と"相場"は、
業界の都合に合わせた割高価格です

プロパンガスの"平均価格"と"相場価格"は、都市ガスと比較するとかなり高いです。当協会は、プロパンガスの価格を都市ガス並みに近づけるために"適正価格"という概念を生み出し、平均や相場に対して30~40%の低価格化を実現しました。
※2015年1月現在
●各地の平均価格(相場)と適正価格●
平均価格(相場)と適正価格とでは30~40%の差がでます
エリア 平均価格(相場) 当協会の適正価格
基本料金 LPG
平均単価
20m3
使用時
合計
基本料金 適正価格 20m3
使用時
合計
北海道 矢印 北海道 1,974円 744円 16,854円 1,600円 500円~ 11,600円
東 北 矢印 青 森 1,742円 696円 15,662円 1,700円 480円~ 11,300円
矢印 秋 田 1,739円 643円 14,599円 1,700円 480円~ 11,300円
矢印 岩 手 1,806円 652円 14,846円 1,700円 480円~ 11,300円
矢印 山 形 1,758円 660円 14,958円 1,700円 480円~ 11,300円
矢印 宮 城 1,673円 594円 13,553円 1,500円 400円~ 9,500円
矢印 福 島 1,706円 611円 13,926円 1,500円 380円~ 9,100円
関 東 矢印 栃 木 1,553円 526円 12,073円 1,500円 300円~ 7,500円
矢印 群 馬 1,650円 529円 12,230円 1,500円 300円~ 7,500円
矢印 茨 城 1,584円 536円 12,304円 1,500円 300円~ 7,500円
矢印 埼 玉 1,595円 513円 11,855円 1,500円 300円~ 7,500円
矢印 東 京 1,574円 504円 11,654円 1,500円 300円~ 7,500円
矢印 千 葉 1,587円 511円 11,807円 1,500円 300円~ 7,500円
矢印 神奈川 1,597円 518円 11,957円 1,500円 300円~ 7,500円
甲信越 矢印 山 梨 1,680円 544円 12,560円 1,500円 360円~ 8,700円
矢印 長 野 1,703円 572円 13,143円 1,500円 380円~ 9,100円
矢印 新 潟 1,782円 610円 13,982円 1,500円 380円~ 9,100円
東 海 矢印 静 岡 1,702円 569円 13,082円 1,700円 330円~ 8,300円
矢印 愛 知 1,679円 562円 12,919円 1,700円 330円~ 8,300円
矢印 岐 阜 1,692円 562円 12,932円 1,600円 380円~ 9,200円
矢印 三 重 1,723円 566円 13,043円 1,700円 360円~ 8,900円
北 陸 矢印 福 井 1,670円 605円 13,770円 1,900円 460円~ 11,100円
近 畿 矢印 滋 賀 1,700円 570円 13,100円 1,500円 380円~ 9,100円
矢印 奈 良 1,689円 515円 11,989円 1,500円 380円~ 9,100円
矢印 京 都 1,727円 574円 13,207円 1,500円 380円~ 9,100円
注1.平均価格(相場):石油情報センターより(2014年10月現在)
 2. 同一エリア内でも若干のバラツキがあります。
 3. 価格には別途消費税が必要です。

平均価格と相場価格とは

平均価格は、全国各地のプロパンガス会社からの情報を石油情報センターが収集して算出します。それに対して相場価格とは、慣習や社会通念によって行われる取引の中心価格です。

両社の違いは、「平均」が統計データによってデジタル的に算出されるものに対して、「相場」はハッキリとしたデータを基に計算するものというよりは、専門家の知識と経験に基づくアナログ的な価格と言えます。

ただ、言い方や算出方法は違っても結果的に価格は似たようなものになると思います。つまり平均価格が相場として通用しているということです。

集合住宅の方 一戸建ての方

石油情報センターの平均価格とは

石油情報センターは経済産業省の管轄組織で、いわゆる「公的機関」です。この石油情報センターが発表している価格は、プロパンガス小売店 の自己申告によるものです(消費者から聴取したデータではありません)。また、プロパンガスの会社は全国で約2万社以上といわれていますが、当然、その全社を対象に調査を行っているわけではなく、「偶数月調査」では約3,000社、「毎月調査」では約850社に調査依頼をしてデータを取っているとのことです。

平均価格が"隠れ蓑"に悪用されている現実

石油情報センターの発表している平均価格は、当協会の感覚からすると"かなり高い"と言わざるを得ません。これは当然石油情報センターの責任ではありませんが、お墨付きを与えてしまっている側面は否めないです。現に、多くのプロパンガス会社が「当社の価格はこのエリアでは平均値です。一度石油情報センターのホームページで確認してください」というような対応をしています。

一見プロパンガス会社の言い分が正しいように受け取ってしまう方がいるかもしれませんが、実はそうではありません。

過去40年もの間プロパンガス業界というのは、事業者間競争のない環境で商売をしてきました。通常のビジネスを考えてみましょう。ある街にラーメン屋さんが2つあったとします。片方はラーメンが500円。もう片方は1,000円です。両店の味に大きな違いがなければ誰でも安いほうへ行くでしょう。しかし、両方1,000円なら高いと思ってもどちらかを選ぶしか方法はありません。

プロパンガスはこのような環境だったのです。そして2009年に当協会の活動が開始されました。

当協会の適正価格は業界の"価格破壊"

当協会は、プロパンガスの価格を都市ガス並みにすることを大きな目標に掲げました。現状では都市ガスとの価格差が1.5~2倍ありますので、振り返れば大きなチャレンジだったと思います。

現状、当協会の会員ガス会社であれば現在都市ガス並みか1割高程度でご紹介できるところまできましたので、ほぼ目標達成のレベルかと実感しています。世の中すべてのプロパンガス会社の価格を改善し、平均価格を都市ガス並みにして相場自体を下げることはできなくても、活動開始以来6年間で1万人以上の方に適正価格でのプロパンガス会社をご紹介し、平均30~40%のガス代を削減できたことは業界の価格破壊につながっていると確信しています。

各都道府県の適正価格と平均価格についての詳細は下記から確認できます。


適正価格かどうかを調べましょう!

現在のご自宅のプロパンガス価格が適正かどうか調べるには、基準のはっきりしない相場を手探りでチェックするよりも、当協会の根拠のある適正価格と比較することのほうがはるかに簡単です。

下の料金自動診断で簡単に調べることができます。まずは現状を確認してみましょう。


spacer


spacer
spacer

ページの先頭へ戻る

spacer