プロパンガス料金消費者協会:ガス料金相談センター

プロパンガス料金の引き下げを無料でお手伝い

01

優良ガス会社を無料で紹介

ご要望があれば、お住まいの地域や条件に合った優良ガス会社を無料でご紹介します。
spacer
02

エリア別適正価格を提示

当協会が独自に調査した、都道府県別の適正価格(基本料金と従量単価)を一覧表で提示します。
03

料金に関する無料相談

当協会の運営は、会員ガス会社からの賛助金で成り立っているため、相談・サポート料の請求はいたしません。
spacer
04

適正価格の提唱・推進

快適なプロパンガスライフの実現に向けて、当協会では適正価格を提唱・推進しています。
spacer
ガス料金見守り保証 保証内容を見る

目的別で選ぶ

対象別で選ぶ

  • 一戸建てにお住まいの方
  • 集合住宅にお住まいの方
  • 大家さんの方
  • 店舗・業務用でご利用の方
spacer

当協会の特長

不透明な値上げはありません

初だけすごく安くて、その後は徐々に値上がり!

プロパンガスについてこんな評判があることをご存じですか?これは残念ながら本当の話です。当協会は2009年からずっとプロパンガスの料金についてのご相談を受け続け、総相談者数は累計で7万件以上になっています。その相談の多くは下記のような内容です。

 ・3~4年前に訪問セールスが来て従量単価280円で契約したが、いつの間にか500円台に
  なってしまった

 ・新築の一戸建てを5年前に購入。先日セールスの方から単価が530円ですごく高いので
  変更しないかと言われた

50人、100人の方の話しなら、「そういう方もいるでしょう」程度のことかも知れません。ただ私たちの話は7万人以上の方の“真実の声”です。動かしようのない事実です。ごく一部のプロパンガス会社だけがやっていることではなく、業界に蔓延しているプロパンガス業界の体質なのです。

ごく一部のプロパンガス会社がやっていることなら防ぐこともできるでしょうが、一般的になっている以上なかなか難しいです。ましてや一般の方が業界の事情や種々の裏事情やカラクリなどを理解し、複雑怪奇なプロパンガス業界に対応するのは至難の技と言えるでしょう。

さて、ここからが重要なポイントです。

プロパンガス料金の不透明な値上げを防止するために当協会が考えたのは、『プロパンガスの料金を見守っていく』ことの重要性です。いくら料金が安いプロパンガス会社と契約したところで、半年や1年で値上がりしてしまったら意味がありません。そこで、当協会がご紹介したプロパンガスの料金が“適正価格からそれて値上がりした場合”には、当協会が元の価格に戻すよう交渉することを保証しています。

当協会が業界に先駆けて採用した《ガス料金見守り保証》は、1年間や2年間といった期間限定保証ではなく永久保証です。5年、7年、10年と当協会がご紹介したプロパンガス会社と契約を続ける限り、ずっと保証して参ります。

line
値上げする場合は事前告知します

ロパンガスそのものは90%以上が中東からの輸入です。

しかも輸入原価は産ガス国からの一方的な通告価格なので価格交渉の余地もなく、いくら高くても受け入れざるをえないのです。そして、冬の需要期を迎えると高騰するのは恒例のような状態です。さらに季節に関係なく、例えば中東のある国が内戦状態になればそれが原因で高騰するし、国と国が武力衝突しても高騰します。

そうなれば、当協会の賛助会員ガス会社も原料が上がった際は料金を値上げするかも知れません。しかし、利用者へは事前に告知することはもちろん、原料が下がった時は連動して適正な値下げを行うことを約束いただいています。一般的には値上げすることを事前通知しないガス会社がたくさんあります。何割のガス会社がそうかはわかりませんが、当協会に寄せられる相談の中で“知らないうちに値上がりしてしまった”という例は枚挙に暇がないほどです。

line
約50社の賛助会員ガス会社によって中立性を確保

協会なら中立的な立場でアドバイスができます。

なぜならば、当協会はどこか特定のガス会社の支援によって設立された団体ではないからです。よくあるパターンとしては、特定のプロパンガス会社の営業部隊のような形態で運営されている団体があります。このようなケースでは団体の独自性や主義主張を貫いていくには当然限界があります。

一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会は、まず自らが独自にエリア毎の適正価格などのルールを設定し、そのルールや趣旨に賛同していただけるプロパンガス会社だけを募りました。だから会員になっていただくには、プロパンガス会社ならどこでもよい、ということではありません。値上げをするにも当協会に相談いただくことが前提になっていますし、原料コストが下がれば適切な時期に値下げしていただくことも契約条件の中に入っています。

line
圧倒的な相談実績。年間約1万人!

協会のWebサイトには年間約70万人のプロパンガス利用者が訪れます。

月平均で約5万8千人です。5万8千人のサイト閲覧者中からおよそ800~1,200人くらいの方がご相談してこられます。内訳としては、一戸建て住宅の方が約6割で集合住宅にお住まいの方が4割です。大家さんも数パーセントいらっしゃいます。相談内容で一番多いのはやはり;

 ・「プロパンガスの料金が高いように感じるが適正なのか?」
 ・「料金自動診断したら『かなり高い!』と出た。適正料金の会社を紹介して欲しい」
 ・「訪問セールスマンが格安料金で売り込んできたが信用できるか?

などが多いです。

当協会が2009年に活動を開始した当初は、月間訪問者数が4千人程度でしたから15倍くらいに増えたことになります。それだけプロパンガスの料金が高くて困っている利用者の方が多いことの証明だと思います。あと、手前味噌ではありますが、2009年以来『信用第一』に誠意をもって対応してきたことの成果ではないかと思っています。

line
激安ではなく、「適正価格」を目指します

安価格に未来はありません。

当協会がご紹介するガス会社は、1立方メートル当たりの従量単価が250円や280円などの「激安価格」ではありません。激安価格は原価割れした価格ですので必ず値上げが待っています。プロパンガスの原価は仕入れ価格と船賃、社員の給料やオフィスの家賃など販売管理費から成り立っていますが、これらを計算すると1立方メートル当たりの原価が300円を超えているのが現状です。

だから250円で2年も3年も供給していたら、そのプロパンガス会社を待っているのは『倒産』だけです。その点、当協会がご紹介するガス会社の料金は、そのエリア平均価格の70%くらいで、都市ガス並が目標です。平均が500円のエリアなら350円。平均が600円のエリアなら420円。これくらいなら都市ガスとも大差ないレベルですし、消費者から見て十分メリットが出ます。またガス会社から見ても、長期間の安定供給が可能な水準です。これこそが当協会の目指す「三者鼎立」の精神です。

line
line
spacer


一戸建ての方集合住宅の方
エリア別に見るプロパンガス料金 一戸建てにお住まいの方 集合住宅にお住まいの方 大家さんの方 店舗・業務用でご利用の方 お役立ち情報 プロパンガス業界 用語集 パートナー会社募集 今月のCP速報 鈴木代表理事のブログ
お知らせ
電話相談受付時間
【月∼金】9:00∼19:00
【土日祝】9:00∼16:00
大家さん学びの会
経営ノウハウが学べる勉強会を定期開催。実証済の大家業成功ノウハウを一緒に共有し、あなたも”儲かる大家さん”に!
spacer

ページの先頭へ戻る