fb
地震に強いプロパンガス:ガス料金相談センター

地震に強いプロパンガス

プロパンガスの特長として、地震などの災害時に二次災害を起こさない工夫がなされていることや復旧スピードの速さを挙げられます。ここでは「災害に強いプロパンガスのメリットについてご説明します。

震度5以上の揺れでガスを自動遮断

プロパンガス利用の家庭に設置されているガスメーター(マイコンメーター)は、ガスの異常が発生した場合に自動的にガスを遮断したり、警告を表示したりする機能を持った保安機器です。異常時にはガスメーターに記号で表示されます。

ガスの使用中に震度5以上の大きな地震を感知すると、自動的にガスを遮断します。また、ガス管の亀裂、腐食などによる漏えいの異常を感知した場合にも自動遮断します。

これらの機能が大地震後のガスの漏えいやそれに伴う火災などの二次災害を防いでいます。阪神淡路大震災、新潟中越地震ではいずれもプロパンガスが原因となる火災事故は発生しませんでした。

ガスメーター

都市ガスと比べて地震後の復旧が早い

地震に限らず災害後におけるライフラインの復旧時間は、生死にかかわるような重大な問題ですが、プロパンガスはボンベが各家庭に個別に設置されているので、配管が短く災害後の点検が容易に行えます。このため復旧が早く点検が済み次第すぐにガスの使用を再開することができます。

多くの被害を出した東日本大震災は記憶に新しいことでしょう。被災地では、都市ガスはライフラインが寸断され復旧までに2~3カ月の期間を要しました。

これに対して、プロパンガスは約1~2週間程度で復旧を実現したそうです。また被災者のための避難所や仮設住宅への供給もスピーディーに行えるため 大いに活躍します。これも、「地下に導管を埋設する手間もなく、配送ルートさえ確保できれば供給が可能になる」という、災害に強いエネルギーであることを 実証しました。

今、プロパンガスの導入が見直されています

当協会に寄せられる相談の中でも、「非常時のライフラインのことを真剣に考えると、やっぱり電気や都市ガスよりもプロパンが安全で安心ですね」、「購入した中古住宅はオール電化だったのですが家族と考えた結果、プロパンガスを導入することに決めました」といったようなご意見・ご要望が最近増えています。

「プロパンガスに比べて都市ガスや電気のほうがエコでスマートだ」という良い印象を持っている方が多いようですが、地震大国日本に住んでいる以上、ライフラインの復旧スピードは死活問題です。
この機会に、ご家庭のエネルギー源を今一度考えてみてください。


地震が起きた時の心構え

地震が発生した際は、まず第一に家族の安全を確保することが大切です。
日ごろからご家族と万一に備えて取るべき行動をご家族と確認しておきましょう。

1. 自分の身を守りましょう

まずは、安全の確保をしてください。玄関や勝手口の窓など逃げ道を確保しましょう。

2. 火の不始末をしてください

室内の火を素早く消し、揺れがおさまったら器具栓、ガス栓を閉めてください。

3. 地震後にガスを使用するとき

  • プロパンボンベが倒れていないことを確認してください。
  • 震度5以上の地震が発生した場合は、ガスメーターが自動的にガスを遮断していることがありますが、ご自分でガスメーターの復帰ボタンを押せば、ガスをご使用になれます。使用できないときに備え、ガス販売店の緊急時の連 絡先を確認しておきましょう。



spacer



spacer
一戸建ての方集合住宅の方
ガス料金見守り保証 プロパンガス料金談実績No.1 激安サイトにご注意! プロパンガス料金の変遷 一戸建てにお住まいの方 プロパンと電気セット割 プロパンガスと電気セット割 適正料金について知りたい プロパンガスの適正価格 適正料金早見表 プロパンガスの基本料金 料金の平均と相場 料金の計算方法 ガス会社を変更したい ガス会社変更の流れ ガス会社変更のメリット ガス会社変更の3つの条件 ガス会社選びの3つのポイント 格安セールスが不安 格安セールスの実態 格安料金が生まれた背景 プロパンガスを初めて利用 新築住宅を建てる方 中古住宅を購入する方 集合住宅にお住まいの方 大家さんの方 店舗・業務用でご利用の方 お役立ち情報 プロパンガス業界 用語集
利用者の声
spacer

ページの先頭へ戻る

spacer