プロパンガスと都市ガスの料金比較〈新潟県〉:ガス料金相談センター

プロパンガスと都市ガスの料金比較〈新潟県〉

新潟県のプロパンガスは適正価格にすれば
都市ガス並みの料金が可能です

新潟県における都市ガスとプロパンガスを比較してみましょう。 新潟県の「都市ガス供給ランキング」は約67万世帯で全国13位ですが、普及率では全国第4位と優秀で、県内の約95%が都市ガスを利用できる環境となっているようです。その一つの理由として、県内の都市ガス会社は14社あり、山間部などを中心に細かくエリア別に対応しているようです。 中でも北陸ガスは県内の都市ガス全体の約半数世帯に供給しています。

新潟県の一戸建て場合

<月間34m3使った場合> 価格は税抜き表示です。
<都市ガスの料金>
基本料金=841円 従量単価=126 合計=5,125

※プロパンガスの火力は都市ガスの2.23倍のため、と都市ガスの使用量をプロパン算出しています。(15m3×2.23≒34m3

●プロパンガスからと都市ガスにした場合、初期費用が数万円~数十万円が別途必要になります。
※新潟県で最も供給世帯数の多い「北陸ガス」の料金を参照(2018年4月)
<月間15m3使った場合> 価格は税抜き表示です。
<協会価格(適正)>
基本料金=1,500円 従量単価=380円 合計=7,200
2018/2現在 

新潟県の都市ガスとの比較図 当協会の対応

協会の適正価格で都市ガスに近い金額を実現!

ガス料金を比較すると15m3使用した時、都市ガスは約2,000円安くなっています。しかし、都市ガスとプロパンガスの両者を比較するとき、単純に支払い金額だけで判断するのは危険です。 様々な視点で比較すると月々の支払金額だけでは見えてこないものがあるので注意が必要です。

都市ガス配管工事 ①プロパンガスから都市ガスに変更する場合/新築する場合

・変更/新築共に公道の本管から給湯器までの引込み工事費用が数万から数十万円必要。
・変更の場合→都市ガス用の給湯器に買い替えるか、部品交換必要。

②災害時の普及時間等

・都市ガスはエリア全体での稼働確認が必要なので、最短でも1か月はかかってしまうがプロパンガスなら各家のボンベと配管等設備の確認だけなので、2,3日から1週間程度で普及できる可能性が高い。


なぜプロパンガスの平均価格が高いのか?


当協会が提示する新潟県の適性価格であればプロパンガスであれば都市ガスに近い料金を実現することができます。

熱量の差を換算して料金比較をしましょう

都市ガスはプロパンガスの2.23倍の使用量に

集合住宅の方 一戸建ての方

都市ガスとの料金比較に関する
新潟県のご相談事例(一戸建ての場合)

変更前

ガス会社変更日:2017年2月

新築の場合、初期費用の対応次第でプロパンガスが明らかに有利になる!

【ご相談者】

新潟県新潟市に住むUWさん(主婦)

【当協会に相談した理由】

新築にあたりネットで参考になる各種サイトを探しているうちに協会の都市ガスページにたどり着きました。

【相談内容】

「新潟市内に家を新築予定で、当たり前のように都市ガスにする予定でしたが、見積をもらったら、工事代がとても高くて驚きました。それで色々と調べるとプロパンガスという選択肢もあることが分かり、友人に相談したらプロパンガスは高いから都市ガスの方がいいと言われました。

確かに単価で比べるとそうですが、協会のホームページには単純な比較できめてはいけないと書いてありましたので、詳しく聞きたくて連絡しました。今まで隣の三条市内のマンションに住んでいて、新潟市内の友人もほとんどが都市ガスなのでプロパンガスについて詳しくありません。宜しくお願い致します」

【従来のガス会社】

新築のためなし

【従来の使用量】

マンションで都市ガスを35m3使用

【変更前の料金】

新築のためなし

当協会の対応

変更後

【対応策】

現在三条市にお住いのUWさんは近々新潟市内に新築を建築予定です。都市ガスの工事見積がかなり高かったとのことでご相談いただきました。確かに都市ガスの単価はプロパンに比べると半分いかなので、相当安く思われがちですが、都市ガスとプロパンガスでは熱量が異なり、プロパンガスは都市ガスの2.23倍ものカロリーがあります。従って同じお湯を沸かすのに、都市ガスだとプロパンガスの2.23倍の使用量が必要になるということです。

今まで三条市のマンションで都市ガスを月35m3ほど使用していたUWさんが同じ内容でプロパンガスにすると、使用量は15.6m3で済むということです。これを基準にして比較すると、


・都市ガスだと約5,250円になります。
・プロパンガス業界の平均価格だと約10,490円となります。
・当協会の適正価格だと約7,400円になります。


こうして比べると明らかに都市ガスが安く、プロパンガスの業界平均価格だと倍ほど違うのがはっきりわかります。 ただ、協会の適正価格と比較するとその差は約2,000円程度。月額だけでみるとそれでもプロパンガスがかなり高いように見えます。

しかし新築であれば、本管からの配管工事代を施主が支払うことになります。しかも本管からの距離に応じて料金は高くなります。一方、プロパンガスの場合は新築時の配管工事費は特別のことがない限り数万円程度。しかもガス会社の多くは15年契約を結ぶことでその工事代を負担してくれます。これなら、初期費用の経費がかなり抑えられるわけです。

もちろん、この「無償貸与契約」はどんなガス会社とでも交わしていいというものではありません。契約期間内に不条理な値上げをされてガス会社を変更しいと思っても、違約金支払いが必要になりますから、例えば当協会の会員ガス会社のように、将来的にも不適切な値上げの可能性のないガス会社と契約することが最も重要になります。

このことを踏まえ、UWさんには協会の会員ガス会社をご紹介して、プロパンガスにした場合の見積を早急に出していただきました。その上で最終的にプロパンガスで進めることを決心されました。


【成 果】

都市ガスに比べ、月々の支払いが2,000円程度高いというのは少々気になると思いますが、都市ガスに必要な初期費用の工事代320,000円を負担しなくていいとなると話は変わってきます。初期費用を負担すると差額から換算して10年たってもペイできず、都市ガスを選ぶメリットがなかなか見えてきません。

さらに協会の会員ガス会社だからこそ、このような費用対効果が実現するのであって、他のガス会社では5年もしないうちに都市ガスのメリットを享受できるようになりますから、プロパンガスを選ぶことはお勧めできません。

また、何より金額だけでなく、UWさんは災害時の復旧対応をとても気にされていました。プロパンガスの復旧時間の速さは都市ガスに比べ圧倒的に早いことは、ここ数年の相次ぐ災害時の報道を見ても明らかです。 かつて新潟県にも大きな地震が発生したこともあり、UWさんはその点をとても重視されました。

【新規のガス会社】

新潟県でも有数の大手ガス会社

<月間15.6m3使った場合>

<変更後の料金>
基本料金=1,500円 従量単価=380円 合計=7,400


【変更後の節約額】他のプロパンガス会社と契約した場合

月間=約3,290
(平均価格のガス会社 請求額10,490円⇒適正価格のプロパンガスの請求額7,200円)
年間=約40,000

【都市ガスにした場合の初期費用】

・配管工事代 約320,000円(税抜)建築時に支払い必要

【プロパンガスにした場合の初期費用】

・配管工事代 約65,000円(税抜)→無償貸与につき支払い不要

協会からのワンポイントアドバイス
●プロパンガス業界の平均価格では都市ガスには勝てません。協会の適正価格が永続的に維持されてこそ、都市ガスに負けないメリットが生まれるのです。


コラム記事

人気記事ランキング人気記事ランキング




一戸建ての方賃貸住宅の方
2分でわかる!ガス料金節約セミナー 90秒でまるわかり!!プロパンガス会社変更の流れ 業界初!ダブル保証 プロパンガス料金談実績No.1 激安サイトにご注意! プロパンガス料金の変遷 一戸建てにお住まいの方 プロパンと電気セット割 プロパンガスと電気セット割 適正料金について知りたい プロパンガスの適正価格 適正料金早見表 プロパンガスの基本料金 料金の平均と相場 料金の計算方法 ガス会社を変更したい ガス会社変更の流れ ガス会社変更のメリット ガス会社変更の3つの条件 ガス会社選びの3つのポイント 格安セールスが不安 格安セールスの実態 格安料金が生まれた背景 プロパンガスを初めて利用 新築住宅を建てる方 中古住宅を購入する方 賃貸住宅にお住まいの方 大家さんの方 店舗・業務用でご利用の方 お役立ち情報 プロパンガス業界 用語集
利用者の声 プロパンガス料金消費者協会「コラム記事」 一般社団法人プロパンガス料金消費者協会

ページの先頭へ戻る