アパートのガス料金を下げる〈その2〉 :プロパンガス料金消費者協会
プロパンガス料金消費者協会

MENU

フリーダイヤル
 

アパートのガス料金を下げる〈その2〉



アパートのプロパンガス料金を下げる方法は、2つあります。1つは「ガス会社の変更」、もう1つは「ガス会社と料金交渉」です。ここでは、ガス会社変更が不可能な場合、「ガス会社への料金交渉」について、具体的にご説明します。

2.プロパンガス会社と料金交渉する

アパートのプロパンガス料金を下げる方法として最も効果があるのは、ガス会社を変更することですが、諸事情で不可能な場合、次善の策はご自分でプロパンガス会社に料金交渉することです(「プロパンガス料金は値下げ交渉可能?」参照)。

従量単価が200円も下がった例もあります

ガス会社に直接交渉して、自室のガス料金だけを下げてもらう方法です。この方法では、ガス会社変更ほど劇的に下がることは難しいと思いますが、実際には利用者の方から、「従量単価が600円から200円も下がった。ありがとうございます」と報告をいただくこともあります。

よく受ける質問に、「何割くらいの人が下がりますか?」というのがあります。これは当協会としても知りたいところですが、実際はわかりません。なぜなら、うまく交渉できても報告をいただけなければこちらからはわからないからです。

ガス会社によっても対応はバラバラですし、利用者の交渉力次第でも結果は違うでしょうが、交渉しなければ1円でも下がることはありません。ダメもとでトライしてみましょう。

なお、当協会では集合住宅に関するご相談や代理交渉は一切受け付けておりません。参考になる情報を豊富に掲載しておりますのでよくお読みいただき、ガス会社や大家さんに粘り強く相談・交渉されることをお勧めいたします。

前のページへ




一戸建ての方分譲マンション・社宅の方アパートの方
一般社団法人プロパンガス料金消費者協会 ガス料金見守り保証 LPガス料金都道府県別ランキング大公開 プロパンガス料金談実績No.1 激安サイトにご注意! プロパンガス料金の変遷 一戸建てにお住まいの方 分譲マンション・社宅等にお住まいの方 アパートにお住まいの方 アパートのガス料金が高い理由 アパートのガス料金を下げる 適正価格早見表(集合住宅用) 大家さんの方 店舗・業務用でご利用の方 お役立ち情報 プロパンガス業界 用語集 利用者の声 プロパンガス料金消費者協会「コラム記事」 2分でわかる!ガス料金節約セミナー 90秒でまるわかり!!プロパンガス会社変更の流れ 引越し達人

ページの先頭へ戻る

簡単1分無料相談・問合せフォーム
※「開・閉栓」「契約内容の確認」はできません。
※アパートの方からの電話相談は受付けておりません。
※アパートの方からのメール相談は こちら
| トップページへ戻る » |