fb
プロパンガス会社変更の3つの条件〈その3〉:ガス料金相談センター

プロパンガス会社変更の3つの条件〈その3〉

プロパンガス会社を変更するための3つ目の条件は、「借家の場合は大家さんの了解が取れていること」です。大家さんの了解なしに新たなガス会社と変更の話を進めてしまうとトラブルになることがあるので注意が必要です。

変更に関する相談手続きは、
一切無料です。

3.借家の場合は大家さんの了解が取れていること

ガス会社を変更する権利を持っているのは、その建物の大家さんです。入居者の判断だけでガス会社変更の決定はできません。したがって、賃貸住宅の場合、まずは大家さんの承諾をお取りください。戸建ての賃貸住宅(通称:借家)の場合は、アパートなどの集合住宅と比べ、大家さんの承諾が得られやすいので料金が高いと感じたら、まず大家さんにガス会社変更の希望を切り出すことをお勧めします。

優良ガス会社への変更は大家さんの賃貸経営の手助けに!

ガス料金の安さにこだわる入居者がいる期間だけ安く供給をしておいて、次の契約者が入居してくると一気にガス料金を値上げしてしまうガス会社も少なくありません。これでは、入居者は自然と減ってしまいます。

当協会経由でガス会社を変更すると、変更時期の入居者にとってメリットがあるだけでなく、以降の入居者にとってもメリットが継続するので、ガス料金が高いことで退去してしまう入居者の数も軽減できます。大家さんの賃貸経営の面からも、とても価値があると言えるでしょう。



spacer



spacer
spacer

ページの先頭へ戻る

spacer