エジプトの争乱がようやく下火になってきたと思っていたら、今度はシリア情勢の緊迫化です。この2つの問題が原因で原油がジリジリ上がってきています。

 例年だったら今は原油の非需要期なので上がる時期ではないです。やはり地政学な要因が大きいですね。8月の前半は、エジプト情勢の緊迫化によるスエズ運河操業への影響や、他の中東地域へ波及する懸念などから少しずつ上がっていました。また、米国と中国の経済指標が堅調だったことも上がる要素になっていました。

 しかし、8月21日にシリアで起きた化学兵器使用疑惑に対し、オバマ米大統領は軍事介入への承認を議会に求め、米国民の介入反対が世論調査で60%を超えているのに対し、議会は賛成派のほうが今のところ優勢のようです。9月9日の週から議論される議会で介入が承認されればシリア攻撃が現実のものとなり、原油はさらに高騰することが予想されます。

 プロパンガス業界では、すでにプロパンガスのCP(輸入価格)の高騰と円安の影響で経営が圧迫されているという理由で、数社がプロパンガスの値上げに踏み切っています。実際、プロパンガスの利用者からの値上げに対する相談も入ってきています。さらに大手の多くは9月に告知して10月検針分から1立方メートル当たり40円前後値上げするのではないかと思われます。

 シリアに米国が現実に軍事介入する前にすでに値上げの動きが出てきた訳ですが、今後の米国やフランスの動き次第ではイランやイスラエルも巻き込んで中東全体に波及することも考えられ、さらなる値上げもあり得そうです。当面シリア情勢からは目が離せません。


写真提供「Go!Isesaki 伊勢崎」http://www.go-isesaki.com/


お約束します。あなたのプロパンガス料金を下げるために、わたしたちは無料でお手伝いしています。Message from 鈴木秀男

プロフィール

プロパンガス料金消費者協会
代表理事 鈴木 秀男

1950年群馬県伊勢崎市生まれ。
伊勢崎東高(現在の伊勢崎高校)で陸上競技に明け暮れ、ビリで卒業した後、東京デザイナー学院へ。グラフィック・デザイナーや広告代理店の営業を経験し、1990年にデール・カーネギーのニューヨーク本部公認トレーナーに認定される。
東芝パソコンシステム株式会社で営業推進部長として勤務したあと1997年4月に独立。趣味はマラソン、読書。
現在、一般社団法人プロパンガス料金消費者協会 代表理事。

「マネーの達人」連載記事はこちら>>
「マネーの達人」連載記事はこちら>>
プロパンガス料金消費者協会「コラム記事」

プロパンガス料金消費者協会「コラム記事」