「セミナー」アーカイブ

セミナー風景

 7月6日(木)にセミナーを行いました。

 千葉県で工務店の方々が行う勉強会があり、そこに招かれてセミナーを実施してきました。

 きっかけは、ある工務店様が当協会経由で所有物件のプロパンガス会社見直しを行い、結果にご満足いただいたその方が、工務店仲間にも紹介したいという意向から今回のセミナー実施に至った次第です。

 工務店の方々が当協会の活動内容をあまりご存じないこともあり、テーマは「一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会の紹介&優良ガス会社の条件」です。これまでは、アパートの大家さんを対象にしたセミナーが多かったのですが、アパートを建てる側の工務店さんを対象にした今回は、大変新鮮な気持ちでお話ができました。

 この勉強会は、当協会のためだけに開催されたものではなく、諸々の勉強会の中の一枠だったのですが、会が終わってからの懇談の場で得た情報は大変参考になりました。というのは、千葉県では「オール電化」の住宅が激減していると言うのです。

 私も5年前の東日本大震災以来、オール電化住宅が減る傾向にあるというのは随所で耳にしていましたが、ここまで顕著だとは思いませんでした。震災前は新築一戸建て住宅の90%ほどがオール電化住宅だったのに対し、今では50%程度にまで激減してしまったそうです。

 この話をしてくださった方のお知り合いの方は、被災したものの、プロパンガスを利用していたので風呂や煮炊きには困らなかったそうですが、近くに住んでいたその方の親族は2ヶ月近く都市ガスの復旧には時間がかかり、ガスを使うことができなくなってしまい、自宅のプロパンガスを使わせてあげて大変感謝されたとのことでした。

 震災前はオール電化一辺倒だった住宅業界も、プロパンガスを選択する方が増えてきていると知り嬉しくなりましたが、価格面では全国的にみるとまだまだ都市ガスの料金と比較するとプロパンガスは1.5〜2倍するのが実情です。

 当協会が紹介するプロパンガス会社なら、見劣りしない価格でプロパンガスを利用することが可能です。災害に強く、地球温暖化対策にも貢献するプロパンガスを多くの方に利用していただきたいものです。

> 電気とプロパンのコスト比較に関するページはこちら

セミナー風景

▲セミナー中の新実君(一番前でこちらを向いてネクタイしている男性)

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

当協会のスタッフが、昨年の暮れに大家さん向けにセミナーを実施しました。今回はそのご紹介です。

担当したのは新実君で、セミナーとして話すのは初めてのことだったようです。場所は、埼玉県越谷市の大家さんの勉強会です。当日の参加者は15名。全員が地元の大家さんで、その中に偶然ですが、新実君が以前プロパンガス会社をご紹介した大家さんが3名も参加していたそうです。いやぁ、世の中狭いものです。新実君の担当したアパート物件は多くても200件ほどだと思いますが、その中に埼玉県越谷市在住の大家さんが3名もいたとはビックリです。

セミナー時間は1時間だったのですが、初めてのセミナー経験だったため「喉が渇いてカラカラになった」そうです。新実君の良いところは、何事にも非常に積極的で、チャレンジ精神に富んでいるところです。私が30才の頃だったら、セミナーを依頼されてもビビってお断りしていたはずです(笑)。まだ30才そこそこですが、大家さん、プロパンガスの消費者である相談者やガス会社さんからも非常に信頼されています。

セミナー風景

▲講師の新実君(スマホの解像度が粗くてごめんなさい)

セミナーそのものも大変好評だったようで、その証拠に後日感謝状が参加者の大家さんから送られてきたので、それもご紹介しておきたいと思います。

感謝状

あと、このブログをご覧になっている方で、もし「大家さん向けの勉強会」などに協会からの講師派遣をご希望の方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。新実君か私が無料で出張セミナーをさせていただきます。

> 大家さんのお悩みに関するページはこちら

セミナー風景
セミナー風景

7月26日(土)にプロパンガスのセミナー講師をやってきました。

この夏一番の暑さではないかと思われるような酷暑の中、しかも午後一でしたが、40人もの大家さんが勉強会に参加してくださいました。

テーマ : 「満室経営のための賢いプロパンガス会社活用法」

テーマだけではわかりにくいと思いますので概略をご説明しますと、アパート経営を行う上で重要な、設備費・メンテナンス費の節減を図るとともに、アパートの入居者のプロパンガス代をいかに適正価格化するか、をベースとして1時間お話しました。

この問題はシーソーみたいに、どちらかにウェイトがかかれば一方が上がってしまいますので、バランス感覚が非常に難しいです。

当協会の考え方としては、大家さんにはなるべく多くのサービス(給湯器やエアコンなどの無償貸与)を行いつつ、入居者のプロパンガス代を適正価格の範ちゅうを超えない程度に押さえるという、一見矛盾するような提案を行うことをミッションにしています。

質疑応答の時間には、10人ほどの大家さんから色々な角度から熱心な質問をいただきました。大家さんからの質問というのは、大家さんとのコミュニケーション・ギャップを埋める上で大変勉強になります。

セミナーの講師を務めた鈴木代表
セミナーの講師を務めた鈴木代表

大家さんというと50代・60代の方をイメージする方が多いかも知れませんが、最近の大家さんは皆さん本当にお若いです。30代そこそこで何棟もアパートを持っている大家さんに関心させられるとともに、自分の若い頃と比較して情けない気持ちにもなります。

セミナーが終わったあとは休憩を挟んで情報交換会です。これが参加した大家さんにとってもそうですが、私たちにとっても非常に意義のある時間となりました。大家さんが何を考えているのか、何に悩んでいるのか手に取るようにわかるのですから。

そして最後はお楽しみの、懇親会!
暑い日の、しかもしゃべった後のビールは最高ですね(笑)

お酒が入ると、しらふの時にはなかなか出てこないような情報も簡単に出てくることがあるので、とても貴重な場になります。

この日は、協会のスタッフが2名私のサポートをしてくれた他、主催者側のWさんが当協会のスタッフに替わって写真撮影もしてくださいました。Wさんは写真展で何回も入賞している方で、プロ並みの腕前です。この場をお借りしてお礼申し上げます。

主催者のWさん、スタッフのHさん・Kさん、ありがとうございました。

> 大家さんのお悩みに関するページはこちら


写真提供「Go!Isesaki 伊勢崎」http://www.go-isesaki.com/


お約束します。あなたのプロパンガス料金を下げるために、わたしたちは無料でお手伝いしています。Message from 鈴木秀男

プロフィール

プロパンガス料金消費者協会
代表理事 鈴木 秀男

1950年群馬県伊勢崎市生まれ。
伊勢崎東高(現在の伊勢崎高校)で陸上競技に明け暮れ、ビリで卒業した後、東京デザイナー学院へ。グラフィック・デザイナーや広告代理店の営業を経験し、1990年にデール・カーネギーのニューヨーク本部公認トレーナーに認定される。
東芝パソコンシステム株式会社で営業推進部長として勤務したあと1997年4月に独立。趣味はマラソン、読書。
現在、一般社団法人プロパンガス料金消費者協会 代表理事。

「マネーの達人」連載記事はこちら>>