「消費者へのアドバイス」アーカイブ

先日、委任状を書いてから既に2週間経ってしまった消費者の方(ここではAさんとします)から、「まだクーリングオフできますか?」という相談がありました。

結論から先に言いますと、可能です。

この方は関東地方にお住まいの方ですが、2週間前にあるプロパンガス会社のセールスマンの訪問を受け、単価270円という「激安価格」に魅力を感じて委任状を書いてしまいました。その後インターネットでいろいろその会社のことを調べてみたところあまり評判が良くなく、委任状は書いてしまったもののその会社にするための変更工事に踏み切れず、日程を何回か先延ばしにしてきたようです。しかし、引き延ばししてきた最終的な工事日が間近に迫ったために相談をしてきました。

プロパンガスの訪問セールスの場合、クーリングオフの期限は8日間です。この基準からすると2週間も経った時点でクーリングオフは不可能なように思えますが、実は「委任状」自体は契約書ではなく「申込書」に過ぎません。申込みはしたものの契約の締結には至っていませんから契約は成立しておらず、8日間のルールには縛られないのです。

ですからこの場合は、「申込みの撤回」か、または「委任の取り消し」というクーリングオフをすることになります。「契約の解除」という意味のクーリングオフではありません。法律的には無条件でしかも一方的に「申込みの撤回」はできますが、Aさんとしてはズルズルと延期を繰り返してしまったことへの責任感から、ガス会社への丁重なお詫びと共にクーリングオフをお願いしたそうです。

クーリングオフが終わったら、次は当協会が優良なガス会社をご紹介するだけです。当協会として、Aさんの居住地にほど近いところに営業所を持つ会員のガス会社をご紹介しました。この会社の料金体系は、基本料金が1,500円。1立方メートル当たりの従量単価が330円ですので、従来の単価と比較してちょうど100円下がることになり、大変喜んでいただけました。

今回Aさんは当協会へ相談のお電話をいただく前、目前に迫った工事日のことが気がかりで、居ても立ってもいられなかったようです。新しいガス会社からは「いつ工事しますか?」と頻繁に催促されるし、一度不信感を持ってしまったからには契約はしたくないし、誰に相談して良いのかわからないし、落ち着かない気持ちだったのは良くわかります。

無事にクーリングオフが終わり、切替工事も終わった際には正直ホッとしたそうです。

多くの方は、訪問販売のクーリングオフが出来るのは8日間と覚えていると思いますが、あくまで契約を締結した日が起点になります。委任状は単なる申込書であり、契約書ではないことをご理解ください。

2011年3月の大震災を機に、「エネルギー分散」が消費者レベルでも取り入れられる様になりました。例えば今までは、家庭用エネルギーは電気と都市ガスやLPガスというパターンが多かったと思います。

これが地震によって、電気が止まる、都市ガスが止まる、という事態が起きました。都市ガスの場合、復旧までに1~2か月かかったという統計があります。それに対して、プロパンガスの場合は1~2週間で復旧しました。この差を実感された方も多いのではないかと思います。

これが契機となり、エネルギーの自給自足やリスク分散に目覚めた方はたくさんいらっしゃると思います。以前はオール電化だったが、都市ガス・プロパンガス・灯油・太陽光発電などを併用したり、風呂は都市ガスだけど台所用はプロパンガスを使うなど、様々なリスク分散を消費者自身が考える様になりました。

消費電力の少ない扇風機が見直されたり、スタンドアローンで使用可能な石油ストーブが引っ張り出されたり・・・。実は身の回りにはたくさんの選択可能なエネルギーが溢れています。キャンプなどアウトドアが趣味の方には結構おなじみかも知れませんが、カセットコンロを始めお手軽に使える道具は調べればたくさんあります。

キャンピングカーの展示会にたくさんの人が集まった様ですが、車の電気も家庭用の100Vに変換して使う事もできます。また器用な方達は、業者価 格の高い太陽光発電を自分でパーツを買って作ることによって、安い価格でのソーラー発電自作導入という選択をしていたりします。

人口が密集した都市部ではなかなか使いづらいのですが、家庭用の風力発電というのもあり、ソーラー発電と同様のコストで導入可能です。消費者レベルでも十分コストをかければ十分なリスク分散は可能ですが、やはり出来るだけコストをかける事無くリスクを分散するのが賢いやり方ではないかと思います。

本当の意味で省エネに目覚めさせてくれたのも今回の危機なのかもしれません。前述しましたが、一人暮らし程度であればカセットコンロでも足りますが、家庭の台所用としてプロパンガスを導入するという方法は、電気や都市ガスが止まっても使えるという意味で手軽なリスク分散になるのではないかと思います。

「現在プロパンガスを使っていて、都市ガスへの切り換えを考えています」

このような相談も結構多いので、今日はこのことについてアドバイスさせていただきます。基本的に自宅に面した公道まで都市ガスの本管が埋設されていれば、都市ガスを使用することは可能です。

気になるのは;

  1. 費用がどのくらいかかるのか?
  2. プロパンガスを使い続けるのと、初期費用を払ってでも都市ガスするのと、どちらがお得か?

1.費用がどのくらいかかるのか?

2.プロパンガスを使い続けるのと、初期費用を払ってでも都市ガスするのと、どちらがお得か?

ということではないでしょうか?

これを検討する際に重要なのは、都市ガスに変更する際に必要になる出費を、何年で回収できるか?ではないでしょうか?5~6年で回収できればその後はずっと利益になるし、逆に10年も15年もかかるということなら現実的ではないですよね。では、具体的に見て行きましょう。




【Aさんの現在のプロパンガス料金との比較】

<現在のプロパンガス>
 基本料金=1,800円
 従量単価=520円/立方メートル
 月使用量=20立方メートル
 年間合計 14万4,600円

<都市ガスの料金>
 基本料金=1,000円
 従量単価=135円/立方メートル
 月使用量=44立方メートル
 年間合計 8万3,280円
 ※プロパンの熱量が都市ガスの2.2倍大きいため

<都市ガスの工事代>
 基本料金=17万円(概算)

<都市ガス用コンロ代>
 購入代金=2万円(概算)

<給湯器改修費用>
 工事代金=1万円(概算)

 合計 約20万円

現在のプロパンガス料金と、都市ガスに変更した場合の差益は61,320円です。工事代と器具代の合計金額20万円をこの差額でまかなうとしたら、約3年で回収できることになります。

 [年間差益] 144,600円 - 83,280円=61,320円
 [回収には] 200,000円 ÷ 61,320円≒3年

[年間差益]
 144,600円 - 83,280円=61,320円
[回収には]
 200,000円 ÷ 61,320円≒3年




【適正プロパンガス料金との比較】

しかし、現在のプロパンガス料金はかなり割高ですので、適正料金のガス会社に変更した場合で計算してみましょう。

<適正料金のプロパン>
 基本料金=1,500円
 従量単価=330円/立方メートル
 月使用量=20立方メートル
 年間合計 9万7,200円

<都市ガスの料金>
 基本料金=1,000円
 従量単価=135円/立方メートル
 月使用量=44立方メートル
 年間合計 8万3,280円
 ※プロパンの熱量が都市ガスの2.2倍大きいため

<都市ガスの工事代>
 基本料金=17万円(概算)

<都市ガス用コンロ代>
 購入代金=2万円(概算)

<給湯器改修費用>
 工事代金=1万円(概算)

 合計 約20万円

今度は、97,200-83,280=13,920ですので、14年以上かかる計算です。




このように、割高なプロパンガス料金を使っている場合には、都市ガスに変更することによって工事代金等が簡単に回収できる計算ですが、適正料金で使っている場合では20万円の工事代金は大きな負担になってしまいます。

要は、今の割高な料金が問題なのであって、それを速やかに改善することが今すぐにやるべきことだと思います。プロパンガスに問題があるのではなく、その単価が問題なのです。

最後に、プロパンガスの最大の魅力をお教えします。それは、火力が強いので中華料理を作るのに最適だということです。炒め物などは強火でチャチャっとやらないと美味しいものはできません。だから中華屋さんの殆どはプロパンです。都市ガスやオール電化が真似できない点ですね。

私たちはプロパンガス料金を引き下げるためのノウハウを持っています。どうぞお気軽にご相談ください。

> プロパンガスと都市ガスに関するページはこちら


写真提供「Go!Isesaki 伊勢崎」http://www.go-isesaki.com/


お約束します。あなたのプロパンガス料金を下げるために、わたしたちは無料でお手伝いしています。Message from 鈴木秀男

プロフィール

プロパンガス料金消費者協会
代表理事 鈴木 秀男

1950年群馬県伊勢崎市生まれ。
伊勢崎東高(現在の伊勢崎高校)で陸上競技に明け暮れ、ビリで卒業した後、東京デザイナー学院へ。グラフィック・デザイナーや広告代理店の営業を経験し、1990年にデール・カーネギーのニューヨーク本部公認トレーナーに認定される。
東芝パソコンシステム株式会社で営業推進部長として勤務したあと1997年4月に独立。趣味はマラソン、読書。
現在、一般社団法人プロパンガス料金消費者協会 代表理事。

「マネーの達人」連載記事はこちら>>
プロパンガス料金消費者協会「コラム記事」